作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「よよ、余がジョージ・イスリーブ、だだ第二王子である」  まるまると太った少年が、その場の貴族たちにオドオドした様子で挨拶をした。  見た様子では、誰も彼のことを嫌っていない。王子が勝手に周囲を警戒しすぎているだけだ。 「きょ、今日は、余を招き入れてくれて、礼を言う。ああ、ありがとう」  あまり慣れていないのか、もっと尊大に振る舞ってもいいのだが。 「怪物に襲われたときは、皆が余を守ってくれた。感謝しておる」  そこだけは、ハッキリとした口調で告げる。実に好感の持てる男性だ。  挨拶もそこそこに、アフタヌーンティーをいただく。  知り合いもいないコデロは、隅で料理をバクバク食べていた。  下品だろうが、コデロ遠慮はしない。イエローの眩しい、太陽のようなドレスを着ているのに。 『それ以上食うと、ドレスが破けてしまうぞ』 「誰に口を利いているのです? ベルト様」  辛辣な意見が、コデロから返ってきた。 「久々にこういうお上品な料理を食べました。ですが、以前ほどおいしく感じません。舌が庶民に変わったのでしょうね」  コデロと呼ばれる前のコーデリアが、どんな生活を送っていたか、リュートは知らない。きっと、何不自由なく暮らしていたのだろうとは思う。  リュートが知っているコデロは、食いしん坊のコデロで十分だ。 「コデロさま、こちらです」  不意に、コデロは誰かに背中をツンツンされた。振り返ると、ラキアスがいるではないか。  いつもとは違う、パーティドレス姿のラキアスが。 「これは、ラキアス様」 「ウフフ。ご一緒してもよろしくて?」 「ぜひ。少々なじめませんので」  ラキアスに混じって、コデロはお菓子を楽しんだ。  知っている人物がいるだけで、食欲も湧いてくる。 「肩が凝っているのでしょう、コデロさま」  さすがラキアス、コデロの現状を簡単に見透かす。 「はい。どうもこういう席は苦手でして」  ミレーヌの作るカレーの方が、よっぽど美味しい。 「まさか、ラキアスお姉さまとコデロが、お知り合いだったなんて」 「ええ。彼女は命の恩人なのですよ」 「そうと分かっていましたら、エスパーダとなって張り合ったりしませんでしたわ」 「まあ! もうやり合いましたのね! おほほ!」  愉快そうに、ラキアスは笑う。 『相当強かったよな、コデロ』 「はい。腕はまったく衰えていませんでした。それどころか、戦乙女に変身する能力まで獲得し、手がつけられなくなっています」  コデロとリュートは、事情をかいつまんで説明した。 「そんな。ノーマン王子も」 「ええ。すでに敵の手に落ちていました。二人が手を取り合っていることは、まさに奇跡かと」  話を聞き終えたラキアスが、国王と並んで王子と語らうイクスを眺めた。 「それにしても、とうとうイクスもお嫁さんになるのですね」  イクスは仏頂面になっている。退屈な様子を隠そうともしない。 「どうして、あそこまで国王を遠ざけるのです?」 「父が、母を守ってくれなかったからですわ」  国王は、母親より、まだ幼かったイクスを優先して守った。  そのせいで、母親は死んだとイクスは考えているらしい。  自分の身は自分で守れるのに! と。今でも。 「それ以来、イクスは父の命令なんか全然聞かなくなりました。父も、イクスの説得を半ば諦めていまして」  話を終えたイクスが、こちらへ歩いてきた。 「どうでした、王子の印象は?」 「まだ一三歳位でしょうか。歳はやけに離れている気がしましたわ」  全体的に幼く、ぽっちゃりした印象だったらしい。 「拍子抜けでしたわね」  イクスが、お茶会の様子を教えてくれた。  どうも王子は、イクスと結婚する気はないらしい。    それよりも、魔道具マギアの原料となる魔法石の採掘が滞っていることを懸念していた。  イスリーブもレプレスタの魔法石をアテにしている。 「こちらから兵を出す」と、王子は言ってくれたらしい。  レプレスタ王は見栄を張らず、全権をお任せすることにした。 「こちらからも兵を出しますが、イスリーブの私兵の足を引っ張るのがオチでしょう。わたくしも参戦したいのですが。立場上、この場を離れるわけにはいかず」 「お任せください。そのために、私がいるのでしょう?」  コデロは、今にも飛び出しそうな様子である。 「仲間をドランスフォード跡地の観察任務から、呼び戻しています。彼らと情報を交換なさって。彼らと通じて依頼を受けるのもいいでしょう」 「分かりました」 「エスパーダは休業しますが、わたくしには信頼できる仲間がいます。どうかご無事で」 「私は死にませんよ。イクス」  話をしながら、イクスは度々王子の方を見ていた。正しくは、王子が見ている先を。  王子が見ている先には、十歳前後の小さな女の子がいた。  彼女の方も、王子に手を振っている。  どうやら王子は、女の子と話したそうにしていた。  が、レプレスタ王がピッタリくっついていて話せない様子である。 「どうしました? イクス」 「なんでもありませんわ」 「あの子は?」 「ああ、妹のディアナですわ」  彼女が、イクスの妹か。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません