作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 コデロは、バイクを快調に飛ばす。 「案外、早く着けそうですね」 『そうだな……むっ』  ハンドルを握るコデロの手が、汗ばんでいる。 『コデロの魔力を使うと言っていたな。平気か』 「心配ありません」  まだ、コデロは元気そうだ。 「俺の馬車は、そんなに燃費は悪くないぜ。イスリーブまでは持つはずだ」  試しに、スピードを上げてみる。 『どうだ? 辛いなら言ってくれ』 「今は平気ですが、途中でペアーチの実をいただけたら」  やはり、速度を上げると疲れるらしい。 「普通にその辺で自生しているわよ。休憩がてら、もいでいくわ」 「すいません」  今回は、魔力の底上げをするプランに変更した。  フーゴでは魔法の使い方を習った程度なので、魔力などの限界値までは分からない。  魔力の最大値さえ上げておけば、不測の事態が来ても対処できる。  数時間バイクで走っては実を食べて休憩し、また走った。  こうして、旅の一日目は終了する。  一夜にして、コデロはヘトヘトになっていた。  魔力は底を突き、食事を終えるとすぐに眠ってしまう。  炊事係のミレーヌも、早々と眠った。  火を見つめながら、ダニーは酒瓶をラッパのように傾ける。 「へばってるな、コデロ」  代わり映えのしない風景を、コデロはずっと何日間も走らなければならない。コレも修行の一環である。しかし、今後を考えると、辛いかも知れない。 『任せろオレに考えがある』         ◇ * ◇ * ◇ * ◇ 「ねえ、ベルト様」  コデロはムッとした顔で、リュートに尋ねてきた。 『どうした?』 「なんですか、この曲は?」  コデロが不満を漏らす。ベルトから流れている歌に、コデロは難色を示しているようだ。 『特撮ソングだ。退屈しのぎに丁度いいだろう』  コウガのベルトには、リュートがこれまで聴いてきた特撮の主題歌・挿入歌が、実に五〇年分曲ダウンロードされている。ほぼ、一生聴いていられる数だ。 『気を紛らわせる手段はないか探っていたら、見つけたんだ』  両親と遠出するときは、スマホに曲を詰め込んだモノである。 『どうだ、気分が高揚してくるだろ?』  リュートはご満悦だ。 「しかし、何時間も聞かされると」  コデロはうんざりした様子である。  女性だから歌詞の内容が刺さらないのか、異文化故に印象が薄いのか。 「ベルトちゃん! わたし、お昼に聴いた曲が好き。女の子が歌ってるの『デートでもカレーが食べたい』って歌ってるの」 『ああ、この曲か?』  リュートは、ミレーヌの求めている曲をチョイスした。深夜にやっていた実写魔法少女の歌だ。 「確かに、この曲ならガマンできますね」  特撮というか、深夜特撮ドラマのEDで、ただのタイアップなのだが。スタッフロールと本編が同時に行われない上に、サビしか流れない。 『オレの趣旨には反するが、楽しめているならいいか』 「あなただけ盛り上がっても、仕方ないんですよ」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません