作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

『コーデリアの名は、周辺諸国にも知れ渡っているのか?』 「それなりには」  この大陸周辺は、一通り回ったという。コーデリアのことを知っている人がいても、おかしくない。 『人格を変わってくれ、考えがある』  コーデリアに、身体の主導権を借りる。  ちょうどいい。偽名を使う。 『オ……私は、コデロだ』  思わず「オレ」と言いかけて、慌てて言い換えた。 『コデロ・シャインサウザンド』  大好きな特撮のキャラから雰囲気だけ拝借した名だが、案外しっくりくる。 「あのうベルト様、【南の光シャインサウザンド】とは、どういう意味ですの?」  頭の中で、コーデリアが尋ねてきた。 『気にしたら負けだ。とにかく、キミは今後、コデロ・シャインサウザンドを名乗るがいい』  リュートはそう答えて、肉体の主導権をコーデリア、改めコデロに返す。 「ミレーヌ、この近くに街はありませんか? 旅をしているのだが、数日ロクに食べていないのです」 「だったらウチにいらっしゃいな。この先にあるフーゴの街で、小さな純喫茶をしているのよ。お礼になるか分からないけど、食べていってちょうだい」  今日も、喫茶店で扱うスパイスを求めて、この森に入ったそうだ。 「あの化物、どこから来たのかしら? この前まで、この地は平和だったのに」 「あなたは、フーゴの街から来たのですか?」 「ええ、そうよ」  脳内会話にて、リュートはコーデリアから街の概要を聞く。  ドランスフォードの外れにある、のどかな街らしい。強く凶暴なモンスターもろくにいない、実に平和な街だという。 『すまない、銃を、ミレーヌの持っている武装を見させてもらえないか、頼んでくれ』  リュートは、コデロに要求した。 「その武器を、見せてもらえますか?」 「ええ、どうぞ。といっても武器じゃないけど」  ミレーヌが、妙なことを言う。  言葉の意味は、銃の弾丸を見て分かった。  やはりである。弾の正体は、袋詰めのコショウだ。 「動物を追い払える程度しかできないの。この辺は、あまり強い魔物なんて出ないし」  歩きながら、ミレーヌがこの一帯を指で差す。   「あまり、魔物が来ない土地なのですか?」 「そうなの。ほとんど冒険者が倒してくれるから」  魔物を倒せるなら、相当腕が立つのだろう。  村の娘が遠出できるほどに。 「けれど、あんな危ないバケモノは初めて見たわ」 「以前から棲息していたわけではないと?」 「ええ。もっと弱いわよ」  となると、デヴィランの仕業か。  この付近にアジトがあるに違いない。 「あそこよ」  森を抜けると、小さな街が見えてきた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません