作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 街じゅうに、悲鳴が上がっていた。  小鬼のような兵隊が、村人を襲っている。  冒険者たちも応戦しているが、数が多すぎて対処できない。矢を放っても、次の矢を装填する前に他の兵隊に攻撃される。 「あれは、戦闘員!」  コデロは、怪物たちの外見に見覚えがあった。ドランスフォードにもいた戦闘員である。 「【ゴブリン】の野郎共、こんな街まで襲うようになったか!」  腰のホルスターに手を当て、ダニーは銃を握った。 「ゴブリン?」 「ああ、周辺の街を荒らす厄介者さ」  ゴブリンという小鬼戦闘員に向けて、ダニーは引き金を引く。  銃口から、緑色の光線が放出された。  光線は戦闘員の胸を貫く。 「弾丸は、魔法ですか?」 「そうだとも。俺の科学力は完璧だ」  次々と襲い来る戦闘員を、ダニーは撃ち倒していった。  射撃の腕はプロレベルだ。民間人に当たる気配すらない。  とはいえ、数が多すぎる。ここは出番か。 「ではベルト様、ここは私にお任せを」 『体調は万全か?』 「それを確かめるためです」と、コデロはカレー皿を持ったまま飛び出す。  女子どもをかばいながら、コデロは戦闘員を追い払う。カレーを持ちながら。  変身前でも、戦闘員程度なら軽くやっつけられるらしい。  ここまで人が密集していると、武器を扱えば人に当たってしまう。  徒手空拳で戦うのを余儀なくされている。 「とっ、はっ、やあっ」  にもかかわらず、戦闘員に蹴りや拳を浴びせながら、コデロはカレーを食べるという器用な行動を見せた。  右に家族連れを追い回す戦闘員がいたら、顔面をヒジで砕く。  左に子どもを襲う戦闘員がいたら、尻を思い切り蹴り上げた。 『食べるか戦うかどちらか選んだらどうだ?』 「それは無理な相談ですね。お腹が空いているのです。それにこのカレーという食べ物は、一生食べながら生きていたいくらいの美味です」 『……そうか。よかったな』   復讐に思いを募らせる以前のコデロは、愛嬌のある子だったのだろう。 「ええい、役立たず共が!」  二メートルを超える大型の怪人が、頭突きで家々を壊している。 「うわあああ!」  あまりの勢いに、冒険者たちでさえ逃げていく。  その正体は、棍棒を持った大男だった。  頭部は、二本角のバッファローである。全身を黒い体毛で覆い、胸当てらしき鉄板は、鉄の杭と鎖で身体に直接繋いでいた。  改造人間だから痛くはないのか? あそこまで大きいと、そもそも人間なのかどうかすら疑問だ。 「ミレーヌ、あなたは隠れていてください」  店の窓から様子を伺っていたミレーヌに、カレー皿を返す。  「悪い状況になりそうですね、ベルト様」 『いざとなったら勝手に変身するぞ、コデロ』 「ご自由に。ですが、戦闘力は私の方が高いようです」  コデロの指摘は正解だ。  リュートは知識だけで、実力は伴っていない。実戦経験の多いコデロの方が、強そうだ。 「吾輩は、秘密結社デヴィランの【ミノタウロス】なり! この辺りにコウガという鎧の女が逃げたはず。そいつを差し出せば、見逃してやろう!」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません