作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 織部オリベ 琉斗リュートが異世界に流れ着き、コーデリアと契約してから、一ヶ月近く経っていた。  壊された街は落ち着き、いつもの日常が戻っている。  イスリーブの街で、コデロはいそいそとカレーを食べていた。朝から慌ただしい。 「急げよ。イスリーブの王様が、お前に会いたがっているそうだ」  食事を終えたコデロが、ダニーに言われて正装する。  ドレスを着るなど、いつぶりだろう。コーデリアだった頃は、ドレスアーマーを着て戦場を駆け回ったものだ。  このドレスは、ラキアスが用意してくれた。なるべくコーデリアに近い衣装を、とのことらしい。  鮮やかな赤いドレスは、たしかにコーデリア当時の面影があった。 「よく似合ってるわ、コデロ。素敵よ」  ダニーの娘であるミレーヌが、服の細かいところを調節する。 「ありがとうございます。おかしな点はありませんか?」 「ううん。いつでもお嫁に行けるくらいキレイよ」  最上級の褒め言葉を、ミレーヌは言ってくれた。 「まったく。こんな服、学会のパーティ以来だぜ」  タキシードで決めたダニーが、地下から上がってきた。 「よくお似合いですよ、ダニー」 「ノームにも衣装ってやつだ。いつまでも地下にいるわけじゃないさ」  ダニーが、蝶ネクタイを娘のミレーヌに直してもらう。  「なぜ、王が私なんかを」  「コデロ様は、街を救った英雄ですから」  ラキアスが入店してきた。 「いらっしゃい。コーヒーいかが?」  店主のミレーヌが尋ねると、ラキアスがうなずく。 「いただきますわ。アテムはあんみつでいいのですわね」  護衛のアテムが、「がってんだ」とあんみつにがっついた。  コーヒーを飲みながら、ラキアスがミレーヌと談笑する。 「相変わらずの甘党ですね。カレーの良さがわからないなんて」 「あんたこそ! 朝から甘いものは脳が活性化するんだぜ!」  朝からコデロとアテムは「ぐぬぬ」と、お互いに牽制し合う。 「まあまあ、二人とも落ち着きなさいませ。王の前に立つのですから」 「おはようございます。ラキアス様」  コデロが、カーテシーをこなす。 「ラキアス様。服まで用意していただいて、ありがとございます」 「よいのです。ドランスフォードの一件、大変でしたわね」  同情の眼差しを、ラキアスが向けてくる。  コデロは故郷のドランスフォードを、秘密結社デヴィランから奪還した。復興には、ラキアスの持つ資金と、人手を借りている。  とはいえ、いつまでも頼ってばかりはいられない。自力で再建する必要はある。近いうちに、新しい領主を招かねば。 「そのお洋服は、感謝の証ですわ。差し上げます」 「重ね重ね、ありがとうございます」  野蛮な場面しか見ていなかったので、リュートはコデロがお姫様だとすっかり忘れていた。 「ベルト様、なにか失礼な想像をしていませんでしたか?」 『してない。してないぞ!』  慌てて、リュートは弁解する。  しかし、コデロのジト目は収まらない。 「とってもよくお似合いですわ、コデロ様」 「ラキアス様、王様ってどのような方なのです?」  ドランスフォードは、あまりイスリーブとは交流がなかった。  兄のノーマンは、よくイスリーブへ赴いては、ドランスフォードの頭の硬さを指摘していたが。 「まるまる太った、若い男性ですわ」  王には息子が二人いて、次男がまだ未婚らしい。 「近々、第二王子には縁談があるそうです」 「素敵ですね」  言葉では言うが、コデロにとってはまるで他人事である。 『まだ一五歳くらいだろ? 結婚なんて早すぎるんじゃないか?』  リュートの発言に、ラキアスが首を傾げた。 「この世界で一五は、もう元服の歳ですわ。第二次性徴が始まれば、成人とみなされますから」 『江戸時代みたいな結婚観だな』 「エドとは、ベルト様?」 『いや、こちらの話だ。ラキアス様』  リュートは口ごもる。  現代日本人の感覚を持つリュートは、この世界における結婚制度を理解しかねていた。 「いい人だぞ。冒険者に課す税金だってキツくないからな」  街の治安を守ることも仕事に含まれるため、免税されているらしい。ただ、冒険者自体が暴れたらその制度も崩壊する制限付きで。 『だが、コウガを軍事利用するのなら、断るぞ』  コウガの力は、怪人を倒すことだけに使われるべきだと、リュートは考えている。 「ご心配には及びませんわ、ベルト様。冒険者様方との連携は、取れていますわ」  懸念するリュートに、ラキアスが告げた。  今の所、イスリーブの冒険者はおとなしい。コデロも、冒険者たちが街で横暴な行いをしたり、夜に暴れだすといったトラブルを聞いたことがなかった。あったとしても、同業者間で処理するという。  互いが互いを監視しあっているらしい。  冒険者たちの性質を見越しての作戦ならば、王は相当のキレものである。自分の軍事力を使わずに、安い警備隊を指揮しているのだから。王は国政に専念できるというものだ。 「それに、『魔道具マギア研究所』も正式に稼働いたしました。冒険者の方々も、少しは魔物退治が楽になるのではないでしょうか」  魔力石を付与して強化したアイテムを【魔道具マジック・ギア】、縮めて【マギア】と呼ぶらしい。 「動物型の魔物なら、あたしでもやれるようになったぜ」  アテムが、三角形の斧を見せつける。これも魔道具と呼称すると、リュートは最近知った。 「肝心の所長様は、ソファでノビてるがな」  魔道具研究所の所長であるノア・ハイデンは、長いソファに身体を横たえている。本をアイマスク代わりにして、イビキをかいている。キャミソールにドロワーズという格好で。 「どうして、こんなところに?」 「飲み過ぎだと。あたしに飲み比べなんて挑むから」  コデロの問いかけに、アテムが肩をすくめた。 「せっかく、魔王を倒した立役者だってのに」 「はい。ノアがいなければ、私は魔王ヴァージルを倒せませんでした」  魔王を倒した武器を製造した研究者こそ、この酔っぱらいである。二日酔いになって、ゾンビと化しているが。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません