作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 大量の魔王石を持って、レプレスタ城下町に戻った。 「おお、待っていたぞ。吾輩の目に狂いはなかったな!」  ノアが早速、マシンをフル稼働させて、魔除けづくりに精を出す。魔導窯から、次々と魔物除けが製造されていく。  できあがった魔除けが、レプレスタの兵隊や冒険者の手によって運び出された。これから、レプレスタの街道へ設置していくのだ。 「最近、ダニーを見かけませんが」 「ダニーなら、エスパーダに頼まれていたよ。天才科学者ダニー・バンナの名前は、この辺りじゃ有名だからね。エスパーダから空き家を提供されて、何かを作っているみたいだ」  エスパーダが、ダニーに依頼をしているとは。 『だいたいの予想はつくがな』 「ええ。行ってみましょう」  コウガ側も、ダニーに頼みたいことがある。  教わった小屋の場所へ行く。レプレスタ城下町の北門を抜けた先に、件の小屋はあった。鍛冶に使われていたらしい。鉄の匂いが充満していた。 「よお。何日も会ってない感じだな」 「やはり、これを作っていましたか。ダニー」  ダニーがエスパーダのために作っていたのは、やはりバイクだ。 「予備のバイクパーツを作っておいてよかったぜ。こういうときがくると思っていたんだ」 『やけに禍々しいな』  コウガが乗っているものより、生物に近い。怪人に用いられた部品を使っているからだろう。 「なぜコウガにあって、エスパーダに乗り物がない、ってよ。報酬はたんまりもらっている。レプレスタ領地の鉱山から、魔法石も受け取った」  アイテム袋に手を入れてダニーが見せてきたのは、宝石の山である。使われているのは、すべて魔法石や、魔力のこもった装備品だった。 「俺からすれば、機械いじりさせてもらう方がありがたいんだけどな」  宝石類を、ダニーはアイテム袋にしまう。 「よし、あとは魔法石を動力部にセットして、と」  エスパーダのマシンが完成した。  構造は、コウガのマシンを思わせる。だが、脆いパーツを覆い隠すように、ウロコが付いていた。特徴的なのは、翼竜怪人の翼である。 『羽が生えているが、飛べるのか?』 「理論上はな。あいつの魔力次第だが、大丈夫だろう」  マシンを撫でながら、ダニーは嬉しそうな顔になった。 「楽しげですね」 「ああ。俺にもまだ、こんなマシンが組めるんだってな。自信がついた」  後は動かすだけ。  そこへ、イクスが現れた。いつものパンツルックで。クリスとレンゲも連れている。 「完成しましたの?」 「おうさ。試運転するかい?」 「もちろん」  イクスは、マシンにまたがった。 『魔力の注ぎ込み作業、終わったよ』  エンジンを掛けると、ノーマンが告げる。 「お茶会はよろしいので?」 「ええ。抜け出しました」  随分と勝手である。  イクスはいつも荒れているが、今日はそれ以上だ。 「どうかなさったので?」 「虫の居所が悪いのですわ。これは、魔物を蹴散らして発散するのがよろしいですわ。お付き合いくださる?」  マシンのエンジンを、イクスは苛立ち気味に吹かす。 「参ります!」  鉱山跡地をイクスはバイクで走り回った。  まるで自分の手足かのように、マシンを乗りこなす。 『次は、飛翔実験だ!』 「心得ていますわ!」  崖のような坂道を登りきり、イクスは一気にジャンプした。  ワイバーンの翼を広げる。 「飛んでいますわ!」  飛翔が見事に成功した。方向転換も完璧である。 「すさまじいです。初めて乗った道具を、いともたやすく」  イクスのバイクが持つ性能に、レンゲは圧倒されていた。 『ベルトの機能だ』  どこをどうすれば動くか、瞬時に把握できる。たとえ知識がなくても。 「こいつで、お祭りに参加すりゃいいのに」 『祭りってのは、なんだ?』 「王様がよぉ、王子の来訪を記念した式典を開くんだと」  王子が滞在中の間に、準備をしていたらしい。 「魔物に命を狙われているのに、ですか?」 「そうさ。王様からすりゃ、犯人のあぶり出しもできるって魂胆だろう。そううまくいくかね?」  相手に警戒されるのがオチだ。それどころか、みすみす王子を危険に晒しかねない。 「レプレスタ王は、国力の向上に必死です。今しか見ておりません」 『なぜ、そこまで国の力をつけようと躍起なんだ?』 「他国から、比較されるからです」  イクスの運転を見ながら、レンゲが話してくれた。  レプレスタは、多くの国をまたいで設立されている。  エルフの持つ豊富な魔力石を目当てに、各国は忖度してきた。同時に様々な嫌がらせも。  そんな状態に対して、レプレスタはパイプ役として間を取り持っている。  当のエルフ国家は、いざとなれば外界との交流を断絶すればよいと考えていた。レプレスタのようなシティエルフ国なんぞ、下に見ている。 『田舎者の考えだな』 「おうよ。本家様はレプレスタのありがたみなんて、なんもわかってねえ。もしレプレスタがなくなれば、エルフなんてあっという間に衰退するぜ」  イスリーブのような強い国家と契約を結べれば、今の状態も緩和できるのでは、と国王は考えているのだ。エルフ側も納得してくれるだろうと。 『おべっかを使うことに、我慢の限界が来ているのだな?』 「そういうことです」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません