作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「ベルト様」  事情を察したコデロが、リュートに意見を求めた。自身の意識すら譲ってまで。  リュートはコデロと意識を交代して、語り出す。 『悪いが、政敵を叩いてくれというなら断る。それは、あなた方自身が解決すべき問題だ』 「おい、コウガ。相手は領主だぜ」  ダニーが、リュートの発言を止めようとした。  しかし、ドレイクは「続けてくれ」と促す。 「声が変わったな。口調も」 『気にせず聞いてくれ。オレは……コウガの意志だとでも思って欲しい』  ドレイクは黙り、リュートの意見に耳を傾けている。  コウガの力は、あくまでも武器を持たない人々のために使われるべき。貴族の個人的な私兵になるつもりはなかった。 『オレは力なき人々のために、剣を振るう戦士だ。それにあなたを含められるか、今はまだ』 「いや、あんたの言うとおりだ。あんたを見くびっていたよ」  政治利用のために、コウガを呼んだわけではないと、ドレイクは語る。 『分かってもらえたらありがたい。とはいえ、ロデントスが、民を貪る悪であるなら話は別だ』 「ならば、情報がある。参考になるか分からないが。あの男は、美女をさらってどこかへ売り飛ばしているってのは知っているな? 受け渡しの日が、今日らしいんだ」  近く、奴隷の密売が行われるらしい。  そこにロデントス伯爵が顔を出すというのだ。 「人権派の国王によって、今のイスリーブで人身売買は禁止されている。もし突き止めることができたなら。そればかりか、人さらいの罪まで糾弾できる」 『分かった。引き受けよう』  コデロは依頼を受諾した。 「場所は分かっているが、問題はどうやって忍び込むか」 「潜入捜査をします。敵をかく乱するので、後から乗り込んでください」  冒険者とバレないように、コデロは腕輪を外す。 「おやっさん、装備を預かっていてください」  ダニーにスマート・タグを預かってもらう。 「無茶だぜ! 武器も携帯できないのに!」  アテムが、気遣ってくれる。  確かに、スマート・タグも手放すことになる。 「まだ、私は面が割れていません。変身時もコウガですし、バレないかと」 「腹の紋章は、隠せないぞ」 「サラシでなんとかしますよ。では、行ってきます」  さっそく作戦を開始しようとした。 「お待ちになって」  が、ラキアスに止められる。 「奥方様、まさか、あなたも囮になろうとでも?」  強めの口調で、コデロは拒絶した。  もし、領主の奥方に万が一のことがあったら。  コデロだってギリギリだ。  その上、領主夫人までは守り切れない。 「いいえ、こちらの品を」  メイドに持たせてラキアスが用意したのは、灰色の石である。    宝玉かと思ったが、どう見てもキレイに磨かれた普通の石だ。 「これは、【月の石】と呼ばれる宝玉です。かつて、ドランスフォード王国にも、同様の宝玉があったと聞きますが」  エルフ族に代々伝わる、伝説の秘宝なのだとか。  しかし、杖に取り付けても武器にはめ込んでも、何の反応も示さない。  どうやら、強い魔力を内包している物でなければ、この石の力を引き出せないのでは、という結論に達した。 「この石が、何の効果があるのか分かりません。ですが、ロデントス伯爵は、どうもこの石に興味があるようでして」 「馬車が襲われただろ? あれも、ラキアス様を狙ったようなんだ!」  先日の襲撃も、この宝玉が関連しているのでは、とラキアスは考えたらしい。 「伯爵は、宝玉を求めているようなのです。しかし、この石にどのようなパワーがあるのか。そう考えている間に、あなたが現れた。もしかすると、この石はコウガのパワーアップアイテムなのでは?」  問いかけられても、コデロに心当たりはなかった。 「では、こちらで、預からせていただけませんか?」  ラキアスは、逡巡している様子だ。 「よろしいのですか? もしあなたが持っていると気づかれたら、あなたに危害が及ぶのではないかと」 「構いません。好都合です」  本当に伯爵の狙いが宝玉なら、ラキアスが持っているのは危険である。  コデロは手を差し伸べた。 「ラキアス、渡して差し上げなさい。我々には過ぎた代物だ。この石がコウガの手に渡るのは、ドランスフォードのお導きなのだろう」 「あなたがそう仰るなら」  決心したのか、ラキアスは【月の石】と呼ばれる宝玉を、コデロの手に。 「ありがとうございます。分析はこちらで致しますので」  コデロは、ベルトに宝玉を収納する。  リュートはいきなり、無理難題を押しつけられた形に。 『どういった性能なんだ?』  事細かに調べようにも、ただの石という鑑定結果しか出ない。  だが、エルフ族にまつわる伝承があるなら、何か意味があるはず。 『ドランスフォード家に、伝承はないのか?』 「確か、月と太陽が合わさるとき、何かが起きるとだけ。私は、コウガ伝承については何も知らないままでしたので」  周りに聞かれないように、念じるだけで話し合う。  コーデリアが知らない。  ではダニーなら、と思ったが。  肝心のダニーも、首を振るだけ。  自身で、情報を見つけるしかないようだ。 「大切にお預かり致します」 「その石がお役に立つことを、お祈り致します。勇者様に助力することが、わたくしの夢でしたの!」  ラキアスの熱が再燃しそうになったので、引き上げることにした。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません