作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 友だちとどこかへ行くどころか、学校へも通えなかった。 『キミたちの世界でも分かるように説明すると、【一生一人で立ちションできない】と告げられたよ。それくらい、重い病気だった。日常生活にすら支障をきたすほどの』  リュートはバカ笑いをして見せたが、コーデリアは笑っていない。  いつも病室と自室を行ったり来たり。  たまに来る友だちも、リュートに遠慮して疎遠になっていった。  学校は通信教育で博士号まで取ったが、友人らしい人物は誰もいない。 『想像してみろ。三〇年間、一人では何もできない生活を』 「壮絶な人生を、歩まれたのですね」 『そんなオレを救ってくれたのが、発明と、ヒーロー特撮だ』 「ト・ク・サ・ツ?」 『ヒーロー、つまり架空の英雄譚だ。弱い人たちを助け、泣き言を言わず、悪者をやっつける』  彼らが素晴らしかったのは、志だ。  孤独である自らの境遇に対して、少しも愚痴をこぼさない。  もちろん心の弱さで挫けることもある。  けれども、すぐに克服し、戦線に復帰した。 『オレだって、病気のことを何度も恨んだ。しかし、どれだけ巨大な悪でも立ちむかうヒーローたちの活躍を見て、オレにも何かやれるんじゃないかという気持ちが芽生えた』  その一端が、発明品である。 『このベルトだって、発明記述によって再生してみたんだ。かつての骨董品からは似ても似つかなくなったけど、カッコイイだろ?』  問いかけてみたが、反応がない。  やはり、女の子にヒーローの素晴らしさを説くのは、ハードルが高すぎたか。 『スマン、一人でしゃべりすぎた』 「私は、デヴィランを殲滅できれば、他に何も要りません。あなたの理想とするヒーロー像にだって、興味がありません」  コーデリアは、心を固く閉ざしてしまっている。  これ以上の説得は無意味だろう。 『今はそれでいいさ。だが覚えておくんだ。キミの力は、誰かのためにあるのだと。そのために、オレはキミを助けたのだと』  だが、今の状況に最も戸惑っていたのは、他ならぬリュートだった。  自分が変身したときと、造形が違ったから。  リュートが変身したときは、もっと姿形がヒーロー然としていた。  色も銀色で、コーデリアが変わったような赤黒い色ではない。  それにひきかえ、あの姿のなんておぞましいことか。  まるで鬼だ。羅刹じゃないか。    仮面の顔は険しく、まるで怒りに打ち震えているようにも、泣いているようにも見えた。  コーデリアの精神が反映してしまったのか。  あるいは、これが本来の姿だとでも?  ヒーローらしくない。  あまりにも、リュートの理想とはかけ離れていた。  また、本来の力も取り戻せていない気がする。  もっとコウガは強かったはず。あんなオーク如き、一撃で粉砕できるほどに。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません