作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「コウガだと⁉ ミーってば運がいいんだか悪いんだか。ま、コウガを倒せばスピード出世ってわけでよろしく!」  大げさにポーズを取って、怪人は小刻みに踊る。 「あなたの思い通りには、させません!」  コウガは、ピアノ怪人に殴りかかった。  敵はすばしっこく、コウガの攻撃をことごとくかわす。 「どっひゃ!」  ようやく、コウガのパンチが怪人を捉えた。鍵盤を殴り、床へ叩きつける。  今のコウガは、いつもと一味違う。すぐに怪人の素早さに順応していった。メンテナンスが効果を発揮したように思える。 「やっぱ、荒っぽい戦闘はミーにはムリっしょ」  追撃の踏みつけを、ピアノ怪人はあっさり回避した。逆再生映像のように転げては立ち上がる。 「ユーなんて一曲あれば十分っしょ! ミュージック、スターツ!」  胸の鍵盤に指を当て、再びピアノ怪人が演奏を始めた。 「どうよ、戦闘が強い相手に、精神攻撃は基本っしょ!」  流れるようなピアノさばきを、怪人は披露する。 「ぬううう!」  コウガは耳を抑えた。光線銃を構えようとしても、音が耳を貫いて手が痺れてしまう。 「ムダムダっての! この音は、脳へチョク響くから。耳を塞いだぐらいじゃ鳴り止まない。ミーのハーモニーを子守唄に、死んじまいな!」  ピアノ怪人の演奏が、激しさを増す。 「くっ! どうすれば!」 『音には音だ! ペガサスロード!』 「なんですかそれは?」  痛む頭を抑えながら、コデロはバイクを召喚した。 『エンジンをふかせ! この音をかき消してしまうんだ!』 「なるほど!」  コデロが、ハンドルを握る。  轟音が音楽堂に反響し、ピアノの悪質な旋律をかき消した。 「頭痛が収まりました!」  やはり、タダの音波である。 「くっそ、ミーのパーフェクツなハーモニーを爆音で消し去るとは!」 『昻牙コウガ・ライジングフォーム!』  モードをチェンジし、銀色のコウガへと変身した。 『トゥア!』  竜巻となって、ピアノの屋根部分にローリング・ソバットを浴びせる。 「あぐう!」  地面に打ち付けられ、怪人がもんどりうつ。 『トドメだ!』  跳躍したコウガが、ライジングキックの体勢になった。 「寝ながらでも、演奏は可能!」  仰向け状態のまま、怪人はピアノをかき鳴らす。  しかし、コウガの耳がノイズで汚染されることはなかった。 「ぐう、なんだと⁉ 音が響かない!」 『ピアノの屋根をへし折ったからな!』  グランドピアノの屋根は、音を反響させる役割を持つ。  そこを破壊されたら、音は広がらないのだ。  コデロの演奏風景を、退屈せずに見ていたのがよかった。そのおかげで、ピアノの構造を知ることができたから。 『ライジングキック!』  押しつぶす形で、コウガはピアノ怪人にキックを浴びせた。 「ちくしょお、あとは頼んだぜ、レネゲイド様ぁ!」  音楽堂に、怪人の悲鳴がこだまする。しかし、すぐに爆発音にかき消された。  コデロが変身を解く。 「やったな。コウガ」  クリスが、コデロに歩み寄る。 「兵士や市民の皆さんは?」 「無事だ。兵隊は、レプレスタ城内や祭りの会場に散らばっている。なーに、大丈夫さ。あいつらなら」  ノアが作成した武具もあるのだ。抵抗はできるだろう。 「来たね、コデロ!」  祭りの広場にはアテムもいる。幻装【ランドグリーズ】を着用していた。再生怪人たちを蹴散らしている。  他の戦士たちも、ノア特性の魔道具マギアで武装していた。民衆の避難を優先し、退路を確保する。  それでも、怪人たちに押され気味だ。総力で攻め込まれては。   コデロも、レプレスタ攻防戦に参戦した。クリスと背中を合わせ、戦闘員を撃退していく。 「きりがないな!」 「ならばこちらも。変身!」  コデロは構えをとる。再びコデロはコウガへ変身し、戦闘員を相手にした。 『それより、あなたの正体が、オンディールの騎士とは』  両手持ちの短剣を、コウガは振り回す。 「ああ。盗人とだけしか、情報を与えていなかったからな。具体的に何を盗んだのかまで聞かれていたら、返答に困ったところさ」  言いながら、クリスはおどけてみせる。 『しまった。そう聞けばよかったのか』  クリスが盗もうとしていたのは、レネゲイドについての情報だった。正体を知るまで、あと一歩というところまで追い詰めたらしい。 「しかし、有力な情報を掴む前に自分の正体がバレてしまったんだ」  殺害されそうになったところを、イクスことエスパーダに助け出された。 「それ以来、オレはエスパーダを隠れ蓑にして、レネゲイドを追っていたの、さ!」  遠くで狙撃しようとしていた戦闘員を、クリスが弓で処理する。  頭を撃ち抜かれ、戦闘員が墜落した。 「イクスはあなたの正体を?」 「知らんさ。ただのレンジャーだと思いこんでいる」  自信満々に、クリスは首を振る。 「あなたは、レンゲがレネゲイドだと分かっていたのですね?」 「いや、なかなかシッポを掴ませてくれなくてな」  クリスの側面にいた敵を、コウガは撃ち抜く。 「身分を隠して、あなたは何を目的に動いていたのです?」 「レネゲイドの発見と抹殺。それが、オレの役目だ」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません