作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 戻ってきて早々、ダニーがギルドの受付に呼びかける。 「マスターを呼んでくれ。見せたいモノがある」  数分後、ギルドマスターが姿を現し、ダニーと握手を交わす。 「よう! ダニー博士」  現れたのは、あごひげの特徴的なオーガ族の戦士である。 「マスター。久しぶりだな。ヒドラ退治以来か」  ダニーの口ぶりからして、このオーガがギルドマスターのようだ。  白髪が目立つが、筋肉まで衰えている印象はない。ダニーとは古い付き合いのようだ。まだ現役でも戦えそうである。 「コデロとか言ったな。魔物を倒してくれて、礼をいう。ヤツらには手を焼いていた。あいつらのせいで、どれだけのミッションが失敗に終わったか」  ギルドマスターから、感謝を述べられた。 『そんなに危ないヤツらだったのか』  リュートの存在を、ギルドマスターに知られるわけにはいかない。コデロにだけ伝わるように耳打ちする。 「いまいち、自分の強さが分かりませんでした」  一撃で倒していたから、強いのかどうか実感が湧かない。  ダニーが呆れたような顔になる。 「あのな、コデロ。普通あんな化物は、五人以上のパーティを組んで撃退するもんだ。それをお前さんは一人で、ほぼ素手でブチのめしたんだぜ」  冒険者と自分には、そこまで開きがあるらしい。 「なるほど、オーガやドワーフでも敵わなそうだ」  ガハハ、とギルドマスターは笑う。 「コイツを見てくれ」  ダニーがギルドのマスターに、手に入れた資料を見せた。 「ここはヤツらの魔物製造工場のようだ。人間ベースに魔物を作って、テストしているのだろう」  ギルドマスターは、ダニーの報告を険しい顔で聞いている。 「この一帯で、魔物の存在は確認されていなかったのですね?」 「現れだしたのは、本当にこの間だ。つい最近だな」  今までは、悪党が現れても盗賊程度だったらしい。  それも騎士団に撃退され、静かになったばかりだった。  フーゴは、油断していたところを狙われたのである。  リュートは、頭の中だけでコデロに話をした。 「ギルドマスター、【デヴィラン】という組織を知りませんか?」  代わりに、コデロが質問する。 「人間を超えることが目的の、秘密結社らしいぜ。魔物になることで神に近づくんだとか、なんとか言っていたぜ」  他にも、彼らの資金が一部貴族から出ていること、【魔物】という怪人を作っていることなどが明らかになった。  マスターも、詳しくは知らないらしい。 「ですが、工場を指揮していたのは、騎士団のリーダー格でした」 「なんだと?」  ギルマスの目の色が変わった。 「やけに妙な動きをしやがると思ったら。あいつら、ロデントス伯爵の配下だったのか」  ギルドマスターが、自慢のあごひげを撫でる。 「こちらも警戒しておく。ありがとよ」  報酬を受け取り、コデロたちはギルド長と別れた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません