作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

『何が起こったんだ?』  空を見上げ、コウガはマルチアイを望遠モードに。  ブレスを浴びたらしき大きな隕石が、粉々になっていた。  まだ、宇宙空間内でくすぶっている。 「星が、一つ散りました!」 『なんてパワーだ!』  エスパーダは『心配ない』と告げる。ノーマンの声で。 『この要塞内部を走りながら、弱点らしきものはラーニング済みだ』  どうやら、ノーマンには相手の弱点を探る能力が備わったらしい。 『イクス、【レーザー・スラッシュ】だ」 「承知しましたわ!」  王家の紋章が刻まれたバックルを、外す。  エスパーダは軍刀から刃を取り、柄だけの状態にした。  バックルと柄を合体させて、刃のない剣を作り出す。 「照射!」  剣を胸の前で構えると、エスパーダの剣から青白いレーザーの刃が射出された。 「エスパーダの新しい剣?」 「これは、バックルではありませんでした」  柄と融合させることにより、このような形状になるらしい。 『圧縮!』  空へ伸びっぱなしだった剣先が、ノーマンの合図によって縮んでいく。最終的に、一メートルほどのサイズへと変わった。 「ワタクシがやつを体内から切り裂きます。コウガ、あなたが中心部を!」 『了解だ!』 「では、アロガントの女王。反撃させていただきますわ!」  ワイバーンを突撃させたエスパーダが、レーザー剣を振り回す。 『死にぞこないがぁ!』  クイラス要塞が、各砲門を展開した。魔法の矢が、無数に発射される。  マジックミサイルの雨が、エスパーダとコウガを襲う。 『ギャハハハ! 近づくことさえできまい!』  確かに攻めづらい。  いくらシャイニングフォームといえど、敵が大きすぎる。  全力でキックを見舞ったとして、動力の部分へは届かない。 『コウガ、お届けものだ!』  下にいるアテムから、通信が入った。  はるか下方向から放たれたのは、先程倒したカメ怪人の甲羅だ。  倒してしまっても、外側だけ残ったらしい。 『これなら、マジックミサイルを防げる!』  甲羅を盾代わりに、コウガは突撃した。 『エスパーダ、オレが囮になる。お前は取り付け!』  甲羅を側面に構え、コウガはマジックミサイルの前に立つ。エスパーダをかばいつつ、コウガは攻撃をすべて引き受けた。 『わあああああ!』  猛攻に耐えながら、バイクで進み続ける。  要塞まで、後少し。 「今ですわ!」 『行ってくれ!』  あとは、エスパーダに任せる。 『甲羅がひび割れ始めた!』  「砲身を銃で破壊しましょう!」 『よし。フィーンド・バスターッ!』  最ももろい部分だけを狙って、銃で砲身を壊す。 『こっちも上陸してしまえ! トゥア!』  要塞の上部に、コウガはバイクを着陸させた。移動しながら、マジックミサイルの砲身に弾丸を撃ち込む。  あろうことか、マジックミサイル自体が反転し、砲身を貫いていた。 『モニターを焼かれた! どこへ行ったんだい⁉』  エスパーダがカメラ部分を焼き切ったせいで、コウガの位置を掴めないらしい。 『同士討ちを始めたぞ!』  「こちらが見えてないようですね」 『チャンスだ! メガ・フィーンドバスターッ!』  銃をロングライフルへと変形させ、一気に砲門を蹴散らす。 『なめるなよ小娘がぁ!』  砲門が触手状になって、コウガに照準を合わせてくる。  ライフルで撃ち落としていくが、キリがない。 「反対側にも!」  コウガの背面にも、無数の触手砲台が。  銃撃が間に合わない。甲羅で受ける。 『ぐおおお!』    甲羅が破壊された。    バイクごと、コウガが転倒する。    無防備になったところに、触手砲台が群れをなしてコウガを取り囲む。 「甘いですわ! 【レーザー・スラッシュ】!」  バクン! と、傷口が大きく開いた。  開いた傷口から、エスパーダがワイバーンと共に現れる。 『ああ、助かった!』  サムズアップで、コウガが答えた。 「敵の中心部がわかりましたわ!」  コウガを先導しながら、エスパーダがバイクで要塞の背を駆け抜ける。 「ここですわ!」  要塞の中心地へ。  そこは、一際頑丈そうな障壁に守られていた。  レーザーの衝撃波を無数に作り出し、エスパーダは要塞の装甲へと浴びせ続けた。 『メガ・フィーンドバスター!』  コウガも、エスパーダが作った傷口に、光線銃を叩き込む。  『バカな⁉』  ようやく、強固な装甲が剥がれた。  中には、無数の管が突き刺さったコブラ大怪人が。  同時に、クイラス要塞が輪切りにされた。内臓がむき出しになる。 「今ですわ、コウガ!」  エスパーダが、ワイバーンのシート上に立ち上がった。 『よし。憤激・改リ・ボルケーノ!』  コウガも、バイクのシートに立つ。足の装甲に、すべての魔力を込めた。 『トゥア!』 「ハッ!」  コウガとエスパーダが、同時に跳躍する。 『トドメだ。コウガ・シャイニングキーック!』 「ローデス・スマッシュ!」  エスパーダもコウガと同様に、足刀蹴りの体勢をとった。 「コウガ!」 「エスパーダ!」  コデロと、イクスの声が揃う。 「ダブルキック!」  二発の蹴りを、コブラ大怪人がまともに浴びる。  破壊エネルギーが、大怪人を通してクイラス要塞にまで行き渡った。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません