作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 すっかり日も落ちてきた。  宿を探せればと思ったが、まだまだ見えてこない。  だが、歩くにつれてペアーチの実が大量に実っている場所へ出た。もうすぐだろう。 『む?』  凄まじい物音で、草がざわついている。  敵か? 違う。人だ。女の子が、何かに追われていた。 「はあ、はあ!」  セミロングの少女が、上空から来るモンスターに追い回されている。  それも複数だ。  助けよう、と思った矢先、少女が腰に手を当てた。 『あれは、銃じゃないか!』  少女は腰から大型の拳銃を取り出し、引き金を引く。見た目はオートマチックの銃に似ているが。  目に何かが直撃し、コウモリ型の怪人が落下する。  怪人が落ちてくる度に、むせかえるような粉末が飛び散った。この香りは……。  その後も、少女は次々と目に一撃を食らわせ、コウモリ怪人を撃ち落としていく。 「ぎゃああ!」  怪人は死んではいないが、目を押さえてもがいている。  とはいえ多勢に無勢だ。    少女の拳銃はあっけなくコウモリ怪人にたたき落とされる。 「ぐえええ!」  コウモリの牙が、少女のノドに迫った。 「変身!」  コウガに変わったコーデリアが、少女を襲うコウモリ人間を殴り飛ばす。  それだけで、怪人は爆死した。 『これでは強力すぎる。パワーを調節するぞ』  また、エネルギー切れを起こしては元も子もない。  両手足と胸しか装甲を覆っていない、簡易型に変える。イノシシ怪人との戦いで疲弊したときのモードだ。フルフェイスの仮面はそのままである。  コウガはコウモリ怪人の群れを、次々と攻撃していった。省エネモードとて、相手に反撃すら許さない。  倒されたモンスターは、次々と爆発を起こす。  やけに弱い。簡素な改造しかされていないからだろう。 『後一匹、待て!』  ただ、一匹だけ飛び去ってしまった。 「大丈夫ですか」  変身を解いて、少女を安心させる。 「ありがとうございます」 「あなたは、ノーム族の方で?」  コーデリアが、少女に問いかけた。  リュートの脳内に、所属の概要欄が表示される。  この世界での『ノーム族』というのは、小柄で手先が器用な種族らしい。キノコや薬草の知識にも詳しいという。 「わたし、ミレーヌ・バンナと言います。冒険者職では、ハーバリストを担当しています」  ステータスを見ると、ハーバリストとは【薬草の専門家】と説明があった。ヒーラーとして、パーティを支える後衛職だという。  セミロングの髪は、ブロンドだ。 「私はコ……」  コーデリア、と言いかけて、言葉をなくした。自分がドランスフォード家の人間だと知られては、ミレーヌに危害が及ぶと考えたのだ。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません