作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「最高級の素材を、三流のドワーフが製造をしたらしい。しかも、短時間でと来た。こんなにも雑な仕事、ドワーフ界隈でも見たことがないよ」  おおかた、名を売ろうとしたドワーフが調子に乗って、安請け合いしたんだろう。だが、あまりに手に負えなくなったのではないか、とノアは語る。 「で、形だけ小綺麗にしましたとさ、ってトコロだな。上等な素材が泣いているよ」  素材の力だけで、怪人と渡り合える力があった。  なのに、ドワーフの技術が追いついていなかったらしい。 「製造元は、鍛冶ギルド:スマート・イレブンですよ? 当時最高の技術を持っていました」 「三流中の三流ギルドじゃないか」  即座に、ノアから反論が返ってきた。 「ドワーフ族ならみんな知っているよ。過去の栄光にしがみついている、老害鍛冶ギルドだって。よくあんな素人集団に、貴重で大事な素材を任せたよね?」 「そんなにひどいのですか?」 「ミスリルでノコギリを作った様なもんさ。まったくもって非効率。宝の持ち腐れにも程がある。豚に真珠とは、彼らのために作られた言葉だよ」 「わかりやすいたとえですね」  あまり、評判の良いギルドではないらしい。 「あいつも俺と同じでな、同名のギルドを追い出されたんだ」 「逆恨みも上乗せされているようですね」 「だが、ノアの言葉は真実だと思っていい」と、ダニーは言う。 「用途をまるで理解していない。こんなの、昔のやり方をそのままマネただけだ。体裁を取り繕っただけで、この金属が持つポテンシャルを、自分の理解できるレベルまで引き下げてある。これじゃ、そこの包丁のほうがよっぽどよく切れるよ」  ミレーヌの厨房にある包丁を、ノアは指差した。  実に、辛辣な言葉だ。 「信頼できるギルドなんて、他にいませんでした」 「だろうね。一流のドワーフをかき集めても、この素材は扱いきれないさ。なんせ、古代の部品を使っているから」  話を聞いているだけでも、貴重なアイテムだと分かった。 「でも、吾輩に任せてくれたら、この素材が持つポテンシャルをフルに活用できる。保証するよ」 「お願いします」  ノアは、金槌や金属バサミなどをカバンから取り出す。 「荷物は没収されたわけじゃないんですね」 「ギルドに道具を預けておいて、よかったよ」  しかし、とノアはため息をつく。 「道具はある。だが、ラボはここから遠くてね。受け渡しに時間がかかる」 「だったら、ウチの地下室を使えば?」  ミレーヌは、何の迷いもなく告げた。 「いいのか? 吾輩は得体のしれぬドワーフだぞ?」 「盗まれるのが、心配なのよね? だったら、あたしが見張りをすれば安心でしょ。ずっと缶詰にしておいてあげるわ。ちょっと手狭だけど」  ノアは「助かる」と告げて、ダニーに地下へ案内してもらう。 「確かに、研究所としては小さいね。だが、贅沢も言っていられないか。怪しまれているよりずっといい。その頼み受けよう」 「そいつはいい。足りないものがあれば、俺がサポートする」 「助かるよ」  そこで、リュートも提案をする。 『余っているパーツなどは、ノアに任せてもいいか?』 「いいよ」  コデロだけに問いかけたつもりだったのに、なぜかノアが応じた。 「ところでさ」  ノアは、コデロの腹部に目をやる。 「吾輩がベルトに霊が宿っていると、気づかないとでも?」  ニッ、とノアが不敵に微笑む。 『知っていたのか』 「見くびるなよ、精霊。吾輩も一応、冒険者だ。鍛冶職メインだが、戦闘職はバトルメイジなんだよ?」  そう言って、ノアは金属製ハンマーを、ふわりと中に浮かべてみせた。 「当時の戦闘には、参加していたんだからね」 『恐れ入る。オレは織部オリベ 琉斗リュート』  名乗るのは、久々な気がする。 「オリベ・リュートか。でも、キミは仲間からは『ベルト様』って言われているね?」 『不本意だが、コデロがそう呼んでいるから仕方ない』 「ではベルト殿、キミの強さの秘密も知りたい。キミを知れば、この剣の扱いも把握できるだろう」  コデロが、剣をノアに渡そうとすると、扉がまた開く。  「お話は聞かせていただきました!」  また来客だった。今度はラキアスとアテムである。 「おお、ラキアスか。何の用だ?」 「とぼけてもムダです。おおかた、コデロさんと手を組んで、コウガという仮面勇者の秘密を探ろうというのでしょう?」  腰に手を当てながら、ラキアスは断言した。 「そのとおりだ。仮面の勇者をサポートするのだよ」 「では、わたくしも支援致します」 「なんだって?」 「夫は特定の冒険者をひいきできない、難しい立場の身。ですが、わたくしには何一つしがらみはございません。コウガ殿をせめて陰ながらご支援いたしたく」  うれしい提案だが、受けていいのだろうか。 「嫌とおっしゃっても、すでに隣の空き家を購入いたしました。どうぞ、研究所としてご利用なさいまし」  隣の家に向かうと、使用人たちが一心不乱に部屋を片付けていた。あっという間に、掃除まで完了する。 「いかがです、ノア?」 「申し分ないよ。さすが行動力の鬼と呼ばれるラキアスだね。ありがたく使わせてもらうよ」  ノアは、研究所となる隣家の間取りを見て、ため息をついた。 「これだけ広ければ、どれだけの研究ができるか」 「必要なものがあれば、なんでもおっしゃいな。エルフの秘宝さえ、ご用意いたしますわ」  ラキアスが両手を広げる。 「ノームのダニー様、ドワーフのノア、そしてエルフのこのわたくし。まるでかつての魔導御三家ですわ」  かつてコウガを開発した一団だという。 「では、わたくしたちは装備の開発を行うとしましょう。ダニー様、地下施設の美品は運ばせますが、よろしくて」 「助かるね。じゃあ頼むよ」 「お安い御用ですわ」  ラキアスが使用人に指示を出し、ダニーの保存していた資料などを隣家に運ぶ。 「では、吉報をお待ち下さいな、コデロ様」  ごきげんよう、とラキアスがカーテシーでコデロを見送る。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません