作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 コウガは歩き回って、周囲を探索する。 『写真の技術もあるんだな』  壁に、カメラで撮った写真が貼られていた。  大半は焼けていて、見ることはできないが。 「懐かしいですね」  もう見る影もない家族の写真を眺めながら、コデロは苦い顔をする。  『コデロ、いやコーデリア。辛いなら目を逸らしたっていいんだ』  かつての故郷の荒れ果てた姿の調査など、コデロにとっては辛いだけだろう。 「平気です。続けて」 『キミの精神が持たんぞ』  それでも、コデロは構わないから、と譲らない。 [おい、コデロ! 残骸の下に、なにかがあるぞ!]  ガレキの奥から、一枚の紙を見つけた。家族写真のようだが。 「これは、ドランスフォード家の写真ですね」  コデロ……いや、もうコーデリアか。彼女は写真を眺めながら、しみじみとため息をつく。  焼け跡に、唯一残っていた写真である。 『む、この人は!』  写真には、よく見知った人物が。 『この女性は?』 「私です。この姿になる前の」  写っている女性は、コデロの姿になる以前のコーデリアだという。  あの時は炎に包まれていたから、見えなかった。が、こんな顔だったのか。 「ベルト様、私の写真が何か?」 『いや』  リュートははぐらかす。  言えるわけがない。「自分は、コーデリアそっくりの女性に召還されたのだ」なんて。 『実は、キミによく似た女性に心当たりがあるんだ。誰かに似ていると言われたことはないか?』  真意を知られないように、慎重に言葉を選ぶ。 「さあ。姉によく似ていると、家族からはよく言われました」 『ナタリア、だったか』  「はい。こちらです」  別の写真には、ポニーテールの少女が写っている。  音楽家を目指していたのか、少女は指揮棒を振って笑っていた。  リュートは、その姿に強烈な既視感を覚える。 「姉が生きていれば、おそらく私と同じ容姿だったでしょう」  なんとなく、分かった気がした。どうして自分が、この世界に召還されたのか。  『そうか。キミだったのか……』  自然と、リュートは涙声になる。  リュートをこの世界に送り込んだのは、他ならぬコーデリアの姉・ナタリアだったのだ。  まんまと、リュートは乗せられたのである。  ベルトに召還させられたのも、コデロの顔を修復したのも、すべて辻褄が合う。  全部、仕組まれていたのだ。  でも、それはリュートにとってうれしいことだった。結果的に、一人の少女を救えたのだから。 「なぜ、あなたが泣いているのです?」 『泣いてなんかいない』 「いえ、どう見ても泣いていらっしゃる。私に同情しているのですか?」  リュートは答えない。なんと声をかけていいのか分からなかった。 [コウガ、聞こえるか。ノアだ] 『何か分かったのか?』 [どうも、荒らされた形跡はないんだ。そこから先は何もないだろう。城を占領して、支配することじゃなかったんじゃないかな]  だとしたら、次元装置とやらだけが目的だった可能性が高い。 [これは吾輩の勝手な妄想なのだが、嫌な言い方をするね。ドランスフォードの方々は、殺され損だったらしい] 「ならば、後悔させるまで」  ノアの発言にも、コデロはブレない。 「あの男には、死ぬより辛い罰を与えます。そのために来たのですから」  コデロの怒りが、リュートにも伝わってくる。早く城を取り戻したいという感情を、抑えているのだろう。 「次元転送装置は地下です。参りましょう」  コデロは最小限の敵を沈め、地下へと続く通路を探す。  怒りを戦う力に変えて、コデロは進んだ。  地上になにもないと判断し、早々と地下へ。  通路には、フーゴの洞窟や砦などで見られた、スチームパンク然としたパイプや配線が通っている。  地下通路を通っていると、ノアから通信が入った。 [この不自然なまでに歪な構造、趣味の悪い建築技術。どうやら、我々の本当の敵が分かってきたよ] 「何者です?」 [スマート・イレブンさ] 「まさか! 彼らは何年も、我々ドランスフォードに仕えていたんですよ?」  かつての協力者が裏切ったなど、コデロには信じがたいようだ。 [ちっとも、おかしくはないよ。キミの装備に対する不備、あまりにも手際のいい襲撃度合い、その上、地下研究所以外に関心を示さない徹底ぶり。どう考えても、今回の襲撃には計画性があるよね] 「そんな。では始めから、この騒動は仕組まれていたとでも?」 [おそらくは。主導は彼らだろう]  次元転送装置に、目がくらんでの犯行だろうとのことだ。 [奴らは技術屋だからね。これくらい平気でやるのさ。知的好奇心に勝てなかったんだ]  しかし、頑ななドランスフォードが邪魔になった。  それで、利害が一致するデヴィランと手を組んだ。  それが、ノアの想像したシナリオである。 [彼らの理屈からすれば、技術を独占するドランスフォードこそ目障りだったんだよ]  コデロは、怒りに震えていた。 「ベルト様、私は、この憎しみを抑えることは、できそうにありません」 『コデロ。もう容赦するな。今のオレに、キミを止める気はない。キミはキミらしく振る舞ってもらいたい』 「感謝します。私は、彼らの鬼となりましょう」  コード類が、怪しく光りだす。 [次元転送装置が、起動を始めた。急いた方がいいね] 「分かりました。直ちに彼らを……地獄へ転送させてやります」  コデロは猛スピードで地下を降り始めた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません