作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「また、お姉さまのヴァイオリンが聴きたいです」  ディアナが、姉であるイクスにねだる。 「随分と、懐かしいお話をなさるのですね。ディアナ」 「昔、コーデリア様に演奏会で負けちゃったけど、わたしはイクス姉さまの方が上手だと思っていました」  ディアナの意見に、コデロも同感する。 「ごめんなさい、コデロ様。ご親戚のコーデリア様を悪く言うつもりは」 「いいえ。当時は私も同席していましたが、あなたのおっしゃるとおりでした」  頭を下げるディアナを、コデロは特に責めたりはしない。 「わた……義姉コーデリアより、イクス様の演奏は清々しさを感じました」  自分の名を言いかけて、コデロは慌てて言い直していた。 『楽器ができたのか。キミに、そんな一面があるなんてな』  コデロがヴァイオリンを引けるなんて初耳だったリュートは、パートナーの意外な一面に驚く。 「かじった程度です。練習熱心だったイクスに比べれば、私の演奏など児戯に等しいものでした」  コデロも、当時のイクスを振り返る。  イクスは当時から、女性らしい趣味なんぞカケラも持ち合わせていなかったとか。 「編み物や歌などより、馬とともに走るのが好きな子でしたね」  そんな彼女が唯一持っていたインドア的な特技が、ヴァイオリンだった。学生時代に行った演奏会の時、「イクスのワンサイドゲーム」と陰口を叩かれていたほど。主催がレプレスタだったからである。  コデロは悪口の輪なんかに混ざらなかった。大した腕もないくせに、悪口を言う人間の気が知れない。  ところが、イクスはわざとマニアックな曲に挑戦した。おかげで、票が割れてしまったのだ。 「結果、無難で聴き馴染みのあるものを選曲した私が、優秀賞に選ばれたのです」  コーデリアからすれば、「短時間で練習できる曲」を選んだに過ぎない。  そんな適当な理由で入賞しても、うれしいはずもなく。 「わたし、お姉さまの演奏が大好きです」 「そうなんですの、ディアナ。うれしいですわ」  妹を溺愛しているのか、イクスはおとなしくなった。  ラキアスも、笑いが止まらない。 「はい。練習しておきますわ」  ディアナがパチパチと手を叩く。 「さすがのエスパーダも、かたなしですね」 「おだまりなさいっ」  小声で、コデロとイクスが口論する。 「お姉さま、お祭りの当日、わたしと合奏なさいませんか?」 「あなたも、ヴァイオリンを?」 「ピアノです。お姉さまに負けないくらい、たくさん練習いたしましたの。お姉さまに聞いてもらいたくて」  遠い西南のアファガイン楽団より、家庭教師を招いてレッスンをしているという。  「まあ。アファガイン出身の方にご指導をいただいているとは、すごい」  コデロが、ため息をつく。 『そんなにスゴイ楽団なのか?』 「アファガインは、『楽団大国』とのあだ名を持つ名門です」  国が総力を上げて、優秀な音楽家を育成しているそうだ。これまでも、多くの音楽家を輩出してきた。  落ちぶれたとしても、名前の知れた吟遊詩人となったエルフは数しれない。 「レンゲの故郷でもありますわ」 「そうなんですね」 「彼女も歌のセンスがあったのですが、剣を握ったほうが性に合うと、わたくしの家庭教師兼ボディガードになりましたの」  音を使った攻撃は、幼少期に培われたものらしい。  だから、音波攻撃が得意だったのか。  リュートは納得する。   「ディアナは後々、アファガイン楽団に正式入団させようと思っておる」 「お父様、このお話、本当ですの?」 「うむ。ディアナの腕は、当時のお前も凌ぐほどだぞ。先方も、ぜひにとおっしゃっている」  しかし、当のディアナはあまりうれしくなさそうだ。身内ではないコデロ、人間ではないリュートですらわかるほどに。 「すばらしいことです。おめでとうございます。姫様」  コデロが、ディアナを称賛した。 「あ、ありがとうございます。コデロ様」  照れくさそうに、ディアナも頭を下げる。 「時期尚早ではございませんこと?」 「何を言うか。我が国に一流音楽家が生まれるんだぞ。喜ばしいことだ。ディアナは身体が弱い。子どもを産めるかどうか」  この場にいたくないという表情を、ディアナが見せた。 「お父様、少々お口が過ぎるのではありませんこと⁉」  我慢の限界か。イクスがテーブルに手を叩きつけて、席を立つ。 「悪かった。ディアナ、許しておくれ」  国王が詫びると、ディアナは小さくうなずいた。 「それにしても、今日は家庭教師の方がお見えになっていなかったな?」 「言われてみれば、そうですわね?」  イクスと国王が、不審がる。 「大変です!」  兵士が青ざめた顔で、飛び出した。ドアの向こうをしきりに指差している。 「何事だ! 王子の御前であるぞ」 「これは失礼を! ですが、西方付近に魔物が多数出現の報告が! アファガイン楽団も足止めを食らっているとのこと!」  調査に手間取り、報告が遅れたとのことだ。 「イクス、西と言えば」 「アロガント跡地、ですわね」  なぜだろう。無関係とは思えない。ヒーローの勘が言っている。アロガントには何かがあると。 「急いで兵を集結させよ。それと、冒険者も」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません