作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「さて、怖い話はそこまでにして、お茶にしましょう」  ミレーヌの淹れてくれたコーヒーを囲んで、アテムの話を聞く。 「貴族様の子どもたちが遠足するってんで、護衛について行ったらこのザマだ。また勝てなかった。アタシにもっと力があればな」  自身のふがいなさに、アテムが悔しがっている。 「怪人相手なら、仕方ありません。彼らは恐ろしい肉体改造の手術を受けています」 「改造? 手術を受けたら、アタシも強くなれるのかい?」  アテムの問いかけに、コデロは首を振った。 「そうやって手に入れた力は、何もかも壊すだけ。自分の心すら破壊します」 「アンタも、その力を手に入れたのか?」 「私は違います。その強大な魔を払うために、力を得ました」  自分に起きた事情を、コデロはかいつまんで説明した。  コデロが王女ということは伏せて。  リュートが見知らぬ土地から来たことは話した。 「重大なことを、背負っているんだな。だから強かったのか」  アテムも納得してくれたようだ。 「だが、武器に関しては協力できるかも知れないぜ」 「本当か、ダニーッ!」  思わぬダニーの言葉に、アテムは目を輝かせた。 「おやっさん、アテはあるんですか?」 「ああ。お前だ」  ダニーが、コデロを指さす。 「武器を開発したとき、余剰パーツがたくさん出ただろ?」  言われてみれば、使わない武器がたくさん出てきた。  コウガ自体の力が強いため、腕力を必要とする武器は軒並みリストラしたのである。    とはいえ売ることもできず、倉庫を温めている状態だ。  パワー系武器の玩具が売れ残る原因が、今になってなんとなく分かる。 「そいつをネコソギ、アテムに引き取ってもらったらどうだ?」 「できるのか?」 「もちろんだ。その代わり、もうコウガの武装としては扱われない。スマートタグのアイテムボックスには入るから、問題ないけどな」  アテムの武装として、今後は活躍してもらうことにした。  試しに、両手持ちのバトルアックスを出す。  刃が半月状になっていて、柄の上下が繋がっていた。  コデロですら、両手で持って精一杯の重量がある。 「これがアンタの武器かい?」  重すぎる斧を、アテムは片手で持ち上げた。 「すごいな、さすが鬼族だ」  唖然としながらも、ダニーは感心している。 「なんの、すごいのはこの武器さ。なんだこりゃ。手裏剣にもなるぜ」  狭い店内で、アテムは斧を振り回し始めた。 「おいおい、うちで剥き出しの武器を素振りしないでおくれよ!」 「おっといけね!」  アテムは、斧を床に置いた。床のシミになっている部分だ。 「ぐえ」という声がした気がするが。 「おやっさん」  ダニーに意見を聞こうとしたが、「しーっ」とダニーは口に指を当てた。 「他人に武装を譲渡しても、構わないのですか?」 「OKだ。自分で使いこなせないなら、人手に渡したっていいだろう」  今後、このような事態は続く気がする。 「じゃあ、さっそく素振りしてくるぜ」  喜び勇んで、アテムが外へ飛び出す。 「それがいい。我々も行こうじゃないか。ミレーヌ、ついてこい」 「えー」と言いかけたミレーヌの口を、ダニーは塞ぐ。 「軽めの弁当を持って、外へ出かけようか。みんな支度しなさい」  ダニーがアイコンタクトを取ると、ミレーヌもうんうんとうなずいた。 「私もトレーニングが楽しみです」  ミレーヌと並んで、コデロも特訓へ向かった。 『また友だちが増えたな、コデロ』 「そう、ですね」  少し照れくさそうに、コデロはつぶやく。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません