特撮ヲタ、姫騎士のヒーローベルトに転生! ~二人で一人の復讐者《ヒーロー》~ 
レプレスタ城内(4) 大蛇怪人【ナーガ】 VS ランドグリーズ

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「こしゃくな!」  大蛇怪人の一体と、アテムは戦闘になった。  アテムの斧と、怪人の槍が、激しくぶつかり合う。 「死ねい、偽物おおおお!」  スキを狙い、別の個体がアテムに背後から襲いかかる。 「はあ!」  正面の怪人を、アテムは前蹴りで押しのけた。勢いのまま、後ろにいる大蛇怪人に斧で切りかかる。 「っちいい⁉」  傷こそ浅かったものの、怪人は不意打ちをためらう。  大蛇怪人の背後で、エスパーダは鎖骨へ蹴り込んだ。 「不意打ちとは、こうするのですわ」 「おのれえ、戦乙女の戦い方ではないィ!」  後頭部を殴打された怪人が、絶叫しながら爆発する。  「いける! もうコウガの勇姿を見ているだけの、あたいじゃない!」  パワーもスピードも、申し分ない。互角以上に、アテムは戦えていた。 「とどめだよ!」  斧に刻まれた魔法文字を、アテムは手でなぞった。  魔法文字が、黄色く光りだす。斧を支える部分が分裂し、持ち手が横へ移動した。斧はH状に広がり、脚が収まる形へ。  アテムは斧の切っ先を、地面へと置く。自分の膝下に、分離した斧をジョイントさせた。 「アックス・サマーソルトキック!」  自分自身の脚部を斧と同化させ、怪人にサマーソルトを食らわせる。 「バカな。ただの人類が作りし戦乙女に、魔神の下僕が遅れを取るとは……デヴィランの神よぉ!」  下から上に両断された大蛇怪人が、転倒直後に爆砕した。 「やりましたわ! ランドグリーズは、怪人相手でも十分通用しますわね!」  姉ラキアスが、ジャンプしながらアテムの戦いぶりを絶賛している。  ラキアスの横には、イスリーブ王子とディアナが。 「お姉様!」  泣きながらこちらに走ってくるディアナを、イクスは抱きとめた。 「おお、ディアナ、ご無事でしたか」 「はい。アテム様が守ってくださいました」  王子より先に、ディアナを気にかける。  この時点で、王子に愛情がないのは明白だ。  当然である。  王子は他人で、ディアナは家族なのだから。  しかし、 「王子、ディアナを守ってくださって、ありがとうごさいます」  心から、イクスは王子に感謝した。 「余は、何もしておらぬ。震えていただけだ」 「ディアナのそばにいてくださいましたわ」  それでいい。 「かばってくださっただけでも、妹と一緒に震えてくださっただけでも、あなたはヒーローですわ。ワタクシにとっても、妹にとっても」  イクスは王子に、アイコンタクトをした。 「どういうことだ、イクス?」  事情を知らない国王が、首をかしげる。 「後ほど、お話いたします。ですわよね、王子?」  王子はすぐに、イクスの言葉を察した。 「ああ。ちゃんと余から話す」  それにしても、アテムのヨロイはすごいパワーだ。 「これは、ラキアスお姉様の考案で?」 「はい。名付けて【盾を壊すものランドグリーズ】。レプレスタの技術を集めて開発いたしました」  戦乙女コウガが現れていこう、ずっとラキアスは戦乙女を作ろうと考えていたらしい。  コウガの戦闘データをノアに分析してもらい、ダニーと共同で開発したという。度重なるアテムとコウガの手合わせは、全てこのためだった。 「まだ実験段階ですので、油断はできません。なので、防御面に重点を置きました。が、アテムの身体能力との相性はバッチリのようですわね!」  興奮しながら、ラキアスが説明してくれる。  アテムの戦闘力が、「防御一辺倒のアーマーで押しつぶす」強引なスタイルを確立させたようだ。 「お見事でしたわ。お姉様、アテムさん」  「へへん」  照れながら、アテムが武装を解除した瞬間、 「我々は、まだ死んではおらぬ! レプレスタ王、覚悟!」  まだもう一体の怪人が、レプレスタ王の首を狙う。最初にアテムによって昏倒させられた一体だ。 「お父様!」  むき身の刀を構え、エスパーダが王をかばった。 「ムダなことを。親子揃って、串刺しにしてくれる!」 「いいえ。あなたはもう、終わりですわ」  エスパーダは、刀を鞘に収める。 「のわああああああ!」  刹那、怪人の右半身が左半身と分離した。  エスパーダが王の前に立った時点で、怪人は両断されていたのである。 「なにか言い残すことは?」  ピクピクと体を震わせる怪人に、エスパーダが剣を突き立てた。 「へっ、狙いはコウガだ。我らはただの時間稼ぎ」  虫の息になりつつも、大蛇怪人は不敵に笑う。 「なんですって?」 「今に見てろ。我らが主アロガントの女王、メデューサと、アタシと同じメデューサの娘たちが、必ずコウガの息の根を止める!」  まだ、マムシ怪人の他に、メデューサの手のものがいるようだ。 「デヴィラン、バンザイィィ!」  笑い顔のまま、怪人は爆死した。  コデロが危ない。 「急いでコーデ……コデロの救援に! コデロが大ピンチですわ!」  このままでは危険だ。今すぐ合流せねば。 『その心配はない』  危機的状況だと言うのに、ノーマンは平然としていた。 「どうして⁉ 今にもコウガは彼らに」 『大丈夫。ちゃんと準備はしているさ』  確信めいた発言を、ノーマンは口にする。 『それにしても、気になるのは怪人の発言だ。骸教授とは、一体……?』

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません