作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 コデロはバイクで、レプレスタへの道を進む。  ミレーヌ含め、他のメンバーは、自動運転の装甲車両で移動していた。ダニーか魔力を供給している。 『キミのお兄さんのことを、聞いていなかった。どんな人なんだ?』 「ベルト様のお言葉を借りるとするならば、いわゆるオタクです」 コーデリアの兄ノーマンは、魔術師になりたがっていた。二〇を超えても結婚せず、魔法学ばかり学んでいたという。 「何が、彼をそうさせたんだ?」 「彼には、師事している教授がいました。コートニー・スケルディングという女性魔道士に弟子入りして、魔法学にのめり込んでいきました」  しかし、様子を見た限りでは、それだけではなかったらしい。 『なるほど。初恋の人だったんだな?』 「そうなんでしょうね。けれど、コートニー教授は相手にしていないようでした」  魔法の先生としては優秀だったようだ。しかし、プライベートは全てにおいて謎に包まれていた。 「ですが、あるとき師匠は行方不明になって」  それから、さらにノーマンは魔法の道を進む。 「潜在魔力の総量においては、おそらくベルト様に匹敵するでしょう」 『オレと、ほぼ互角だというのか?』 「はい。戦闘経験の差から、まだベルト様の方に分があると思いますが。魔法の知識も、あなたより兄のほうが上でしょう」  アドバンテージがあるとすれば、実戦経験の有無しかない。 「付け入るスキがあるとすれば、イクスの方でしょう」 『どうしてだ』  聞いた限り、かなりの危険人物と思われるが。 「好戦的すぎる性格が災いして、私相手には勝てていませんでした」 『なるほど』 「とはいえ、手強いことには代わりありません。まして、彼女はデヴィランを倒す力を手に入れました。その力が、正しく使われればいいのですが、彼女は自分の都合を優先するきらいがあるので」  城壁の前に、コデロはバイクを止める。 「あれが、エルフの民が住まう、オンディール半島です」  レプレスタのあるオンディール半島は、森に囲まれた大陸だ。ドランスフォードの北東、イスリーブの南東に位置する。  だが、向かいに浮かぶ島に、魔物が棲み着いた。街へ降りては、度々悪さをしてくるとか。  かつては、冒険者たちも魔物退治に息巻いていた。しかし、あまりの強さに尻込みしているという。 『おそらく怪人の仕業だろう』 「少しずつ国を疲弊させ、一気に叩く作戦でしょう」  急激に攻め込まないのは、エスパーダの存在があるからに違いない。しかも、彼女はコウガに匹敵する戦乙女の力を手に入れた。厄介さは増している。 「言ってる側から、おでましたぜ!」  ダニーが銃を抜く。 「あれは?」 「ゲアアアア!」  手のない龍が、大空を飛び回っていた。怪人が追いかけ回しているのは、白いペガサスである。 「イスリーブの王子を迎えに来たのが、運の尽き! おとなしくこの【ワイバーン】のエサとなるがよい!」  ワイバーンと名乗った翼竜怪人が、口から火炎の球を吐き出す。 『あのペガサスは、怪人ではないな』 「森の住民のようですね」  ペガサスは回避するが、翼に炎がかすり、燃え移ってしまう。  車両の窓から、ラキアスが身を乗り出す。 「おそらくペガサスは、イスリーブ王子の案内を勤めていたのですわ。しかし、魔物に襲われているようですわ!」 「ならば、急ぎませんと」  ペガサスを援護しようと、コデロは変身ポーズを取った。 「変、身!」  右手を天へとかざし、コウガへと変身する。 「フィーンドバスター」  コウガはベルトに手をかざし、銃を取った。  しかし、敵の位置が高すぎる。 「これでは、狙えません!」 「銃弾も届かねえ!」  そうこうしている間にも、ペガサスはワイバーンの吐く火球を浴びて、今にも死にそうだ。 「見ていられませんわ、コウガ!」  崖の上から、凛とした声がした。黒い馬に乗ったエスパーダが、崖からこちらを見下ろしている。 「見てらっしゃい、とう!」  なんと、高い崖からエスパーダが急降下した。ワイバーンの背中を狙って。 「無茶です!」 「そんなのは承知の上!」  エスパーダは無謀にも、ワイバーンの背後に取り付こうというのだ。 「何を、小癪な戦乙女!」  エスパーダの攻撃に気づいた翼竜怪人が、首をエスパーダに向ける。必殺の火炎を吐き出さんとした。  そこへ、ペガサスがタックルする。 「ごへえ!」  火炎を吐く直前で、ペガサスは怪人の首に重い一発を食らわせた。骨が折れる音がする。 「おのれ、こざかしい!」  翼竜怪人が、ペガサスの脊髄に噛み付く。 「その汚いお口を開けなさい! お覚悟を!」  直後、エスパーダの一撃が、怪人の背後に突き刺さった。 「えがああ!」  怪人が、ペガサスの首から口を放す。 「ダメージが浅いですわ! ならば」  エスパーダは剣を引き抜き、翼をもぐ。 「今ですわコウガ、トドメを!」 「分かっています。レイジングキック!」  真上から落ちてくる翼竜怪人に、コウガは前蹴りを食らわせる。 「ごおおお! おのれコウガぁ!」  翼竜怪人がきりもみの体勢で墜落、爆発した。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません