作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「それは、未完成品のハズです」  コデロは心配そうな意見を述べるが、リュートには確信がある。 『いや、試す! 【憤激・改リ・ボルケーノ】!』  ベルトから呼び出した大剣は、現在あるアイテムを集結させて作ってある。  コーデリアが、形を変えてもいいと言ったので、ヒーロー然とした形にした。  光を纏う剣、「光子剣」と聞いていたので、文字通り光る剣として作成してある。  実戦は初めてだ。  コウガは、飛び跳ねるようにジャンプする。怪人の眉間に、大型の剣【憤激・改リ・ボルケーノ】を突き刺す。だが、浅い。粘液が絡みつき、攻撃を遮った。 「ムダだお! このネバネバ攻撃で、物理攻撃なんぞ防いでくれるおっ!」 『それはどうかな? トゥア!』  拳を握って、コウガは柄頭を殴る。その勢いで、剣は眉間に深く突き刺さった。 「ぬおお!」 『トゥア!』  ジャンプしたコウガは、大きく身体をひねる。  全身のエネルギーを全て右足に込めて、渾身の蹴りを放つ。 『【リ・ボルケーノ・キック】!』  魔力を炎のエネルギーに変換し、柄頭に蹴りを撃ち込んだ。  一瞬で、炎の力を剣に流し込む。  より深く、剣が怪人に突き刺さった。 「ごおおお!? デヴィランバンザイ!」  粘液まみれの身体を焼かれ、さらに剣で弱点にダメージを与えられた怪人は、爆発する。 「コウガ、無事か?」  ダニーが駆けつける。 『強いな。コウガの腕力すら通さない相手か』  人間を喰らうことで、よりパワーが増していたようだ。 「あっちいいいい!」  大ヤケドを負っているとはいえ、完全勝利とはいかなかった。   この剣は、まだ未完成のようである。 『まだ生きているのか!』 「いえ、情報を聞き出しましょう」  コデロは冷静だ。弱っている敵相手に何をすべきか、自身の考えを持っている。 「こここ、殺さないでくれお」  ドロドロの状態で、ナメクジ怪人が命乞いをする。   「それは、あなた次第です。知っていることを話しなさい。たとえば、ロデントス伯爵の悪行、その裏付けなど」 「話す、話すお! ロデントスは、大陸を走り回って、魔力の高い女たちをあつめているお! 散々イタズラしたあと、食っちまうって噂だお」 「奴のアジトは?」 「屋敷に秘密の地下室がある、おっ⁉」  何者かが、怪人に向けて火球をぶつけた。  業火に焼かれ、ナメクジ怪人は今度こそ絶命する。  向かいの屋根に人影がある。コウガに似ているようだが? 影が逃げていく。 『新手か。おやっさんとアテムは、ミレーヌと店に隠れていろ! オレはヤツを追う!』  ミレーヌを託して、コウガは影の逃げた方角へ。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません