作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「早速、始まってやがるな」  伯爵の屋敷周辺では、残党狩りが始まっている。伯爵子飼いの怪人たちが、屋敷から脱走を試みていたらしい。 「ゴハアア!」  牛怪人、たしか【ミノタウロス】といったか、その劣化版が街で暴れている。見るからに不完全体で、皮膚がただれていた。筋肉の量も少なく、痩せ細っている。 『まだ怪人がいたか!』  コウガは駆け出そうとした。が、ヒザを落として動けない。想像以上にエネルギーを消耗しているようだ。 「安心しなよ、街の平和を守るのは、あんただけじゃない」  アテムが指差した方向には、両手持ちの長剣を携えた剣士が、牛怪人を両断した姿だった。  戦闘員と、冒険者たちが戦っている。  ミニスカのエルフ魔女が、手のひらに火炎を呼び出し、「フッ」と息を吹きかける。それだけで、戦闘員たちが火だるまになった。  屈強なドワーフモンクが、戦闘員に囲まれている。だが、そのモンクは不利な状況でもニヤリと笑う。巨大な鉄球を振り回して、戦闘員の集団を粉砕していた。 「新手だ!」  今度は、コウモリ怪人の劣化版だ。翼は穴だらけで、滑空能力がないらしい。口からの超音波でモンクと魔女を苦しめている。  魔女が氷の壁を張り、音波攻撃を跳ね返す。こちらが本命である。  モンクが上空へと飛んだ。鉄球を振り回し、怪人へと投げつける。だが、これはオトリだ。怪人を後ろへ跳躍させるための。  ジャンプして後退した怪人の背後から、先程牛怪人を倒した剣士が、コウモリ怪人を刺し貫く。  生身の人間とはいえ、相当な実力を持つ冒険者チームのようだ。 「現時点では、イスリーブでもっとも強いとされる冒険者チーム『エース・スリー』だ」  アテムによると、世界中の冒険者からも一目置かれているらしい。  冒険者チームによる先導のもと、あっという間にデヴィランの戦闘員たちは殲滅する。  一匹狼のコウガでは、集団戦・物量戦で成果を出せない。仲間同士で助け合うのは、コウガには望めないことだった。都市の自衛程度なら、彼らに任せてもいいだろう。 「これで、この街も少しはマシになるだろうさ」 『人々に笑顔が戻ってくれるといいな』  しみじみと語るアテムに、リュートも答える。 「ドレイク様のところに行くんだろ? 連れて行ってやる」  アテムの先導で、安全なルートで屋敷へと向かった。  ドレイクの屋敷に戻る。 「魔王……ヴァージルだと!?」  敵の名を知って、ドレイク侯爵が驚きの声を上げた。 「ご存じなのですか、侯爵?」 「ヴァージル・イスリーブ。彼は、イスリーブの王子だ!」  二〇歳の若き王子で、国民からの信頼も厚い。 「もし王子が魔王だというのが本当なら、この国を裏で操っている可能性も」 「それはありえん。断じて!」  ドレイクは、テーブルを平手で叩く。 「なぜ、そう言い切れるのです?」 「王子は、一六年も前に死んでいるからだ!」  話によると、ヴァージル王子は一六年前、魔物との戦いで命を落としたという。  当時は、コーデリアの姉・ナタリア第一王女との婚約も決まっていたらしい。ナタリアは一五歳という若さだったが。 「当時の国王は大病を患って死に、第二王子が王位を引き継いだ。庶民思いのいい奴なんだが、いわゆるバカ殿でな。政治はサッパリなんだ」  そのせいで、ロデントスのようなクズをのさばらせてしまったという。 「民衆の間でも、『ヴァージル王子待望論』がささやかれているくらいの良識人だった。それがなぜ魔王なんかに!」  ドレイクは、頭を抱える。 「王子が生きているかも」 「だから、あり得ないんだって。なんせ、彼の死に目を見たのはオレなんだからな!」  騎士団の長だったヴァージル王子は、魔物の手で胸を貫かれ、ドレイクの胸に抱かれて死んだという。 「最期まで、民衆を気に掛けていたよ」 「申し訳ありません。知らなかったとは言え」 「いいんだ。耳障りな話だったよな」  とにかく、敵のボスは分かった。 「もし、ヴァージル王子が黒幕なら、まず外堀を埋めていたのかもな。ロデントスを隠れ蓑にして」 「外部から、徐々に食い潰す作戦だったと」  ドレイク卿も、コデロの推測にうなずく。 「頃合いを見計らって国民の前に立ち、自身が国民を扇動する算段だったんだろう。強かな現国王が立ちはだかっているから、そうはいかんだろうが」  相当に、国王は曲者らしい。 「どうなさるので? イスリーブ王に呼びかけますか?」 「それは、オレからやっておく。ヴァージル王子打倒、頼めるか?」  国の一大事だ。しかも、王子が魔王だと判明すれば、王は手心を食われてしまうかも知れない。  何の因縁もない冒険者に任せるのが、得策か。 「いざとなったら、私を斬り捨ててくださっても構いません」 「物騒なこと言うなって。オレに任せてくれ」  亡き王子の居場所は、例の冒険者チームに探させるという。 「ところで、月の石に関してなのですが」  話をラキアスに振ってみる。 「コウガがパワーアップしたようなのです。なにか、お心当たりはございますか?」  コデロが問いかけるが、ラキアスは首をかしげるばかり。 「さて。ドワーフの一人なら、なにか分かるかも知れませんが」 「その方の名は?」 「ハイデンという、男勝りの女ドワーフです。風の向くまま気の向くままを地で行く風来坊で、どこにいるのやら」  ラキアスでさえ、ハイデンの居所はつかめないという。 「なら、こちらはハイデンさんを探すことに致します。情報ありがとうございました」 「お役に立てず」  コデロは、ラキアスが気を落とすと、首を振った。 「いえ。あなたの技術と勇気に、私は助けられています」 「ありがとう。必ず世界に平和を」 「お約束致します。ラキアス様」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません