作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「深追いするな! ボスはコウガに任せるんだ!」  ダニーの声も、冒険者には届かない。手柄に、目がくらんでいる。 「そうは言っても、絶好のチャンスだぜ!」  魔道具を武装した冒険者一行が、コブラ大怪人に攻め込む。 「おのれ、コウガの出来損ないめ! 化身ケシンッ!」  コブラ大怪人が、仮面を取り付けた。  身体もスマートになり、蛇腹の装甲が目立つ。 『あれは、コウガ⁉』  シルエットは爬虫類だが、その異形は類似のコウガと言えた。 「敵も、コウガもどきを開発していたとはね!」  理屈はわかる。あのオオカミ大怪人だって、ドランスフォードを襲ったのは「コウガの力を奪うため」だ。  人工的にコウガの力を得ようとする結論には、容易に至るだろう。おそらく、進化の鍵は背後にいる女性にある。 「これぞ怪人の究極進化、名付けて怪神カイシン!」 「へっ! 最強がどっちか教えてやらあ!」  柄に魔力石をはめた大剣を、冒険者が振り下ろす。 「そうやって、エーススリーの連中は死んだんだぜ」  ダニーが加勢に入った。  コブラ怪神は、身体をくねらせる。  冒険者の大ぶりな攻撃などなかったかのように、ヘビのごとくすり抜ける。指揮棒を振るかのように、コブラを模した杖をユラユラと動かす。 「あんたは、ワタシを楽しませてくれないようだねぇ」  杖が、渦巻状のサーベルへと変化した。 「やべえ、避けろ!」  ダニーの絶叫も虚しく、怪神はサーベルで冒険者の腹部を貫く。大剣の魔力石が、光を失い出した。 「生体エナジーを食っているんだ」  ダニーが怪神に弾を撃ち込む。  だが、まったく怪人は意に介さない。 「あんまりおいしくないねえ。鍛錬が足りないじゃないかえ?」  コブラ怪神は、冒険者の生体エナジーを喰らい尽くす。干からびた冒険者を、ポイを放り投げた。  怪神の毒牙は、ダニーに照準が向いている。 『貴様、許さん! コウガ・煌牙シャイニングフォーム!』  コウガは、煌牙へと姿を変えた。赤い装甲のつなぎ目を、銀色の細い装甲がなぞる。 『よし。短時間で決着をつけるぞ!』 「はい。油断なきよう」 『トゥア!』  コウガは跳躍し、ダニーと怪神の間に入った。 「その姿。フェンリルことヴァージル王子を殺したのはアンタだね? 死に際の映像を共有したのさ! それで再改造を施し、【怪神】という新たな力を得た! 今のアタシはフェンリルとも互角!」 『今のオレは煌牙! 貴様のような悪党に、オレは絶対に敗けん!』 「ガキが粋がってるんじゃないよ!」  螺旋状のサーベルが、ヘビのように伸びる。  ダブル短剣で、コウガは攻撃を弾く。 「この【怪神・メデューサ】を相手にしたのが、お前の運の尽きさ!」  相手も素早い。ケンカキックでコウガの胸部を蹴り込んだ。 「ぐふううう!」  紙一重で威力を殺したものの、凄まじいパワーだ。  煌牙でなければ、どうなっていたか。 「終わりだよ、コウガ!」  勝利を確信したらしきコブラ大怪人が、サーベルを胸の前で構え、魔力を充填させる。  サーベルに電光が走った。怪神は、突きの体勢へ。 『なんの! 憤激・改リ・ボルケーノ!』  不完全ながらも、コウガは憤激・改を発動させた。 『シャイニングキック!』  カウンターの前蹴りを、コウガは怪神に浴びせる。  サーベルを持っている手を、コウガのキックが吹き飛ばす。 「げぼおおおお⁉」  大怪人は肩の傷を押さえた。腕を失い、のたうち回る。  「くそお、やはりオリジナルのほうが一枚上手か!」  怪神の変身が解除された。若い女性ではなく、老婆の姿に。 『とどめだ……ぬお⁉』  静観していたローブの女性が、老女王の正面に立つ。コウガに後ろ回し蹴りを浴びせてきた。  とっさに、コウガはのけぞる。  軽く触れただけなのに、コウガは大きく後ろへふっ飛ばされてしまった。  コウガはガレキに、頭から突っ込む。  ダメージはない。    キックに、強力な風魔法が上乗せしてあったらしい。  ローブが風に舞って、わずかに女性の顔が見えた。  顔半分が透明になっている。  白い顔の骨が、コウガの目に飛び込んできた。  表情に乏しく、この世すべてが気に食わないように見える。 「スケルトン教授! 腕がぁ!」  暴れまわりながら、コブラ怪神がわめく。 「黙れ。今日は試運転だ。引き上げるぞ」  女性は、地べたを這う女王のアゴをボールのように蹴った。  まるで物を扱うかのように、髪の毛をひっつかみ。 『待て!』  追撃しようとしたが、敵が腕を振って地面を爆発させた。  土ボコリが行く手を遮り、コウガの視界を奪う。  コウガは完全に、標的を見失った。 『逃げられたか』  誰もいなくなったアロガント城跡に、コウガは立ち尽くす。  武装を解除し、コデロは息を整える。 「やったな、コウガ。新しい魔道具の出来も、上々だ」 「言ったろ? オレの科学力は完璧だってな」 「犠牲者は出てしまったが、今度は負けぬ」  戦没者を弔い、後始末は冒険者に任せた。自分たちは、襲撃されたレプレスタに戻らねば。 「あの女は……」  アゴに手を抑えながら、コデロは考え事をする。 『知っているのか、コデロ?』 「コートニー・スケルディング教授。私の兄ノーマンの先生だった、魔法学の権威です!」  さっきの女性が、ノーマンの。 『ではそのスケルディングが、怪人になったと⁉』 「経緯は分かりません。ですが、事実です」  バカな。ノーマンに、どう説明すればいいのだ?

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません