作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 コデロとミレーヌは、二人揃ってシャワーで身体を洗った。  狭い浴槽に、二人して浸かる。女子二人だから、多少はマシか。 「ねえベルトちゃん、美少女二人がハダカなんだから、もうちょっとリアクションすれば?」  肩に湯を掛けながら、ミレーヌが、からかい半分でリュートに声をかける。 『そんな感情はない』  リュートは、きっぱりと言い切った。 『オレは、ヒロインの水着回でも倍速で見るからな。オレが関心あるのは、バトルシーンとストーリーだけだ』 「ちょっと何言っているのか分からないわ」  ミレーヌが呆れている。 「そりゃあ、あたしはコデロよりオッパイ小さいから、見てもうれしくないでしょうけど」 『そこまで言っていないぞ!?』  リュートは抗議した。  確かに、ミレーヌは平坦と言えるが。 『悪い。思わずムキになって、本気で持論を展開してしまった。性欲なんて、最初からないんだ。こんな身体だからな』 「別に、照れ隠しってワケではないのね?」 『そうなんだ』  これまで三〇年間、リュートは男女交際なんて一切したことがない。  コデロとこうして話していること自体が、奇跡と言えた。  ベルトという第二の命を手に入れて、リュートはようやく人とまともに接することができるようになったのだ。 「すいません、こういう人なんです。ベルト様って」  苦笑いしながら、コデロがリュートにフォローを入れる。 「でも、笑えるうちは大丈夫よ」 「私、笑っていましたか?」 「うん。あなた、笑うとかわいいわね」  ミレーヌに指摘され、コデロは赤面した。  「あんな風に、お父さんは脅かしているけどさ、コデロはベルトなんかに負けやしないわ」 「分かっています」 「それにさ、お父さんはコデロのこと、信頼しているから」  浴槽に頬杖を突きながら、ミレーヌは微笑む。 「そうなのですか?」 「お父さんさ、気に入った人にしか、コーヒーを淹れないの。だから認めてくれているのよ」  二人は風呂から上がった。  仕込みを始めるというミレーヌを残し、コデロは寝室へ。  ベッドで横になったコデロに、リュートは語りかける。 『キミは、何のタメに戦う?』 「私は、復讐のため」  まだ、憎しみの心は消えていないようだ。 『オレでは、キミを癒やせない。キミの心を和らげてくれるのは、キミだけだ』  このままだと、コデロは自分が戦闘マシンになることだって厭わないだろう。  人間の心まで捨ててしまっては、ヒーローではない。  ヒーローの力は誰かのためにあるべきだ。  だが、どうすればコデロに伝わるのか。  答えは、まだ見つけられない。  ならば。 『イスリーブへ向かうぞ』 「ベルト様? 今なんて」 『君の気持ちが晴れるまで付き合おう。ロデントス伯爵が仇なら、好き放題暴れてやればいい』  どのみち、デヴィランの悪行は止めなければ。本拠地へ赴いて、打倒することの悪くない。 「準備不足だと言ったのは、あなたです」 『装備面に問題があると思ったからだ。ダニーがサポートしてくれるのなら、めったに苦戦を知られることもないだろう』  自分一人で戦っているわけではない。今は仲間がいる。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません