作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 ラキアスの馬車で、イスリーブの城へ。 「ノアのこと、起こさなくてよかったので?」 「ほっとけ。起きたとしても、どうせ王に無礼を働くさ。寝させておいたほうがいい」  コデロの問いかけに、ダニーは呆れ顔で答える。 『まあ、いいさ。彼女がいて、オレもベルトの正体をようやく掴めてきた。魔道具というのがどういうものかも』   リュートが転生先として選んだ変身ベルトは、魔道具の中でも最高級品だという。有事の時にのみ発動し、武器にも防具にもなるからだ。 『くれと言われても、渡せないが』  リュートのとコーデリアの魂は、ベルトを通じて共有している。どちらかが死ねば、パートナーも死ぬ。 「それはないとは思いますが、なにか頼み事はあるかも知れません」  ラキアスが言った直後、馬車が止まった。  城の内部を、ラキアスの案内で進む。  王は、ふくよかな男性ながら、清潔感のある男だった。王の間にて、国王は人払いをする。何事だろう。 「あなたが、コウガの正体とは。勇敢な女性と聞いていたが、美しい方だ」  国王が、コデロの容姿を褒め称えた。 「此度の働き、まことに大儀であった。イスリーブすべての民を代表して、礼を言わせてもらう。感謝する」 「ありがたきお言葉」 「して、コデロとやら。あなたの強さを見込んで、頼みがある」  彼から、コデロはまさかの依頼を受ける。 「護衛任務、ですか?」  コデロは、頭を上げた。 「左様だ。余をドランスフォードの墓地まで案内してもらいたい。ご家族の埋葬は済んだのであろう?」 「……は?」  コデロは、何を尋ねられたのか一瞬忘れてしまう。 「そなたのことは、ラキアスから聞き及んでおる。コーデリア・ドランスフォード王女」 「はっ。もったいなきお言葉」 「顔を上げてくだされ。此度の騒乱、お力になれず」  王自ら、玉座から立ち上がり、コデロの前にひざまずいた。 「国王陛下。恐れ多きことで」 「いいんだ。本当にすまなかった」  砕けた口調で、王は頭を下げる。 「我が軍も、ドランスフォードの危機に駆けつけるべきだと主張したんだが、ロデントス伯爵に止められてね」 【デヴィラン】という未知なる戦力を相手に、こちらの兵力をイタズラに削ぐべきではない。ロデントスは言葉巧みに、イスリーブの進軍をやめさせた。  リュートにも、この地に何が起きたのか容易に想像できる。 「あのとき、ロデントスの言葉を聞かずに攻め込んでいれば、被害は最小限に食い止められたかもしれないのに」 「いいえ。魔物の驚異は未知数でした。もし戦闘になれば、そちらの被害は計り知れないものに」  イスリーブの方も、内部からデヴィランに侵食されていた。  放置していれば、恐ろしことになっていたはず。  王はイスリーブ内側で目を光らせておいて正解だったのだ。  結果論でしかないが。 「ですが、私はあなたの兄上を手にかけました。魔物と化していたとはいえ」 「いいんだ。遅かれ早かれ、余が兄を殺していたから」  国王の口から、信じられない言葉が。 「余はずっと、兄の邪悪さを父に訴えていた。しかし、見て見ぬ振りをした。世継ぎが悪と繋がっているという、スキャンダルの発覚を恐れてね」  結果、兄ヴァージルは英雄として死に、それを隠れ蓑として悪の限りを尽くした。 「余にもっと、勇気があれば」 「陛下、臆病も勇気でございます。陛下の兄上は、もはや人ではありませんでした。人にあらざる存在の抹殺は、このコウガにおまかせを」 「ありがとう。けれど、キミの国を守れなかったのは事実だ。自体が落ちつている間に、ドランスフォードの現状を視察しておきたい。手を貸してほしいなら、言ってくれ」 「恐悦至極にございます。陛下」 「詳しい話は現地で」と、王は出発を急がせた。 『いい人そうじゃないか』  城を出て早々に、リュートはコデロに語りかける。 「はい。魔力にも、淀みがありませんでした」  リュートも、王から悪の気配を感じなかった。彼は、良識人である。 「……おや?」  コデロと入れ替わりで、一台の馬車が入ってきた。 「あの馬車は」  馬車には、初老の男性が乗っている。耳が尖っていた。あれは、エルフのようだが。  コデロは、馬車の方へ駆け寄ろうとして、足を止める。 『どうかしたのか?』 「いえ。知り合いの使っていた馬車に、よく似ていたもので」 『親しいのか?』 「特別親しくは、ないですね。声をかけようとしましたが、そういえば身分を隠していたんだと思い直して」  コーデリアは、死んだことになっているのだ。知り合いに声をかけることさえ、できない。 『すまない、コデロ』 「あなたが謝ることではないでしょ。私が決めたのです。復讐の鬼として生きると」 『早く、衣装を脱ぎたそうだな』 「ええ、やはり、私には戦闘服が似合います」  女としての喜びも、人の親となって落ち着くことも、今のコデロには興味がないだろう。  これでいいのかなんて、分からない。  しかし、これはコデロが自分で決めた道だ。リュートが心配することではない。 「ミレーヌの店に戻りましょう。無性にカレーが食べたいです」 『朝あんなに食ったのに』 「今の私なら、何杯でも入りそうです」  相当緊張していたらしい。ドレスでお腹を縛っていたのもあるだろう。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません