作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「これは。こんな乗り物が、異世界にあったとは」  外装は、薄い鉄板を使用している。ギルド長であるオーガ族に頼んだらしい。エルフ特製の魔法石を動力として走るという。 「各部制御系やミラー、計器類は俺が作った。細かい調整が必要だからな」  驚いたのは、車輪につける「ゴム」があったことだ。 「全然、試作段階だ。旅はコイツのテストも兼ねる。実用化されれば、戦闘はグッと楽になるだろう。しかし、まだまだ道楽のレベルでな。それでもいいと思うが」  本当なら、バイクは快適な旅のために作られるべきである。とはいえ、平和ではない世界だと実用的な技術が要求される。 「運転してもらいたい。使い方は分かるか?」  コデロにまたがってもらう。  ハンドルを握った瞬間、どう動かせばいいのか分析できた。 『これも、ベルトの力で操縦できそうだ』  ベルトとほぼ同じ工程で作られたのだろう。  感覚で把握できる。  最後に、ダニーとミレーヌが荷台に乗り込んだ。 「発進します」  コデロが、アクセルをふかす。 『待て、コデロ。ダニー、ちょっといいか?』  リュートは、コデロにストップをかけた。 「どうした?」と、ダニーが荷台から顔を出す。 『どれだけ飛ばせばいい? 荷台の屋根が吹っ飛ばないか』  よく見たら、荷台の壁が布である。  バイクのスピードに耐えられるのか? 「気にするな。そんなにスピードは出ない。馬よりちょっと早いくらいだ。風は受け流せるように設計してあるさ」 『なるほど、馬力重視というわけか』  たしかに構造上は、風を受けても流れていく設計にはなっていると思う。 「俺の科学力は完璧だからな」 『そこまで言うなら』  改めて、コデロがアクセルを作動した。  バイクがゆっくりと発進し、荷台を引く。 『スゴイ馬力だ』  これだけ荷台が大きいと、馬が二、三頭は必要なはず。しかし、バイクは難なく動いた。バランスもいい。 「では、向かいます。イスリーブへはどちらへ?」 「その前に、向かうところがある」  ダニーから指示をもらい、フーゴから少し離れた場所に向かう。  しばらく走っていると、霊園が見えてきた。 「ここで止めて、コデロ」  ミレーヌの要求に応じ、コデロはバイクを止める。 「ここは?」 「女房の墓だ」  霊園の片隅に、小さな墓標があった。  ダニーとミレーヌは、その墓の前で手を重ねる。 「行ってきます、お母さん」 「おっかあ、ちょっくら留守にするが、帰ってくるから。この形だけど、お前さんも連れて行く」  ダニーは、胸からロザリオを出す。 「よし。用事も済んだ。行くか」  わずかに涙声をこらえ、ダニーは出発を促した。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません