作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 日が昇っている。  ドランスフォードの街は、まだ戦火の名残がある、ゴーストタウンと化していた。  さっきまで、人の息吹があったと感じられる街並みだ。  今は、暮らしていた人々の死体で埋め尽くされている。 「あんなに美しかった街が、ドランスフォード王国が、こうも無残に」  人の焼け焦げた匂いが鼻をつき、コーデリアは顔をしかめた。 「パレードの時を思い出しますわ。大勢の人で賑わって」  大通りの脇を歩きながら、コーデリアは惨状を確認する。  子どもの死体まであり、コーデリアは顔を背けた。 「ここのパン屋は、王家でも人気で。見てください。私が声をかけると、毎日お花をくれる少女がいまして」  あまりに精神がズタズタになっているのだろう。コーデリアは、過去の思い出に縋っている。 「ココに咲いているお花を」  コーデリアが花を摘み取ろうとすると、花は一瞬で灰になってしまった。  歯を食いしばり、コーデリアは涙を堪えている。 「絶対に許さない。必ず復讐します。覚悟をなさい!」  無念からくる静かな怒りが、コーデリアの中にこみ上げていた。  大勢の悲鳴が、コーデリアの耳に入ってくる。  怪物たちに追われ、人々が逃げ惑っていた。冒険者や城の兵隊が怪物相手に応戦しているが、まるで歯が立たない。 「もっとだぁ。もっと人を捕らえろブヒィ!」  イノシシの怪人が、人々を捕らえていは護送に使われる大型馬車に乗せている。 「やろう、ぶっ殺してやる」「市民を返せ!」  冒険者と兵隊が、連携でイノシシ怪人を挟撃した。  しかし、軽々と武器を掴まれ、壁に叩き付けられる。 「バカめ! このイノシシ怪人【オーク】様に、傷一つ付けられるか!」  オークを名乗る怪人が、ブヒヒと下品な笑い声を上げた。 「この豚野郎!」  両のこめかみに二本角を生やした女戦士が、斧を振り回す。  だが、怪人は棍棒で鬼族の腹を打ち、アゴを打ち抜いた。 「力自慢のオーガすら寄せ付けぬ、驚異の科学力! 解像技術とはかくも素晴らしいモノか!」  オーガの女剣士が、壁に激突する。「がはっ!」と息を吐く。 「この豚を止める術はないのか!」  地べたに這いつくばりながら、満身創痍の女オーガ剣士が地面に拳を叩き付ける。  荷台の牢獄から、幼い子どもが手を伸ばしていた。  コーデリアは、足を止める。彼女の思いは分からない。今は、目立つ行動は避けるべきと思っているのだろう。 『迷っているな。それは正しい』  リュートは、勝手にコーデリアから身体の所有権を奪った。 『変身、トゥア!』  強引に『コウガ』へと変身する。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません