作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 どうやら【ミノタウロス】というバッファロー怪人は、コウガを探しているらしい。 「そんなヤツ、こんな村にいるかよ!」  冒険者が複数名、罵声を浴びせて怪人に飛びかかった。 「死ね、化物が!」  屈強な冒険者が、バッファロー怪人のノドに剣を振るう。  バギン、という金属音を立て、剣はあっさりと折れてしまった。 「この程度の攻撃で、我が筋肉を貫けると思ったか!」  バッファロー怪人が、冒険者の服を掴む。そのまま民家へ投げ飛ばした。  かつて同じ目に遭った警備員の光景が、リュートの頭をよぎる。 「このお!」  魔法使いの少女が、杖からファイアーボールを放った。怪人の胸板に次々と叩き込む。  だが、バッファロー怪人にはまるでダメージが通らない。 「抵抗しても無駄だ! 死にたくなければコウガを連れてくるのだ!」  怪人が棍棒で、魔法使いをアッパーで殴り飛ばす。  バリアを張ってかろうじて致命傷は避けたようだが、女冒険者は空高く飛ばされてしまう。 「ひ、ひぎい!」  再度バリアを張ろうとしているようだが、限界を迎えたらしい。  このままでは、地面へ激突してしまう。 『トゥア!』  コデロの意識を乗っ取ったリュートが、落ちてきた冒険者を抱きかかえる。 「す、すまん!」 『村人を連れて逃げるんだ!』   冒険者を降ろし、コデロは怪人の前に立つ。 『オレは、逃げも隠れもせん! 相手になってやる!』  体調は万全だ。全力で立ちむかう。  右拳を上段に構え、コデロは変身の姿勢を取った。開いた右の手の平を腰の左辺りに当て、右方向へと撫でていく。 『変身!』  かけ声と共に、コデロは右手を高々と上げた。ベルトの宝玉から順に、コウガの赤い装甲が全身に広がっていく。  最後に赤いフルフェイスの仮面が、コデロの顔全体を覆う。  両目は碧眼だ。  コウガに変身した直後、戦闘員が剣で斬りかかった。  対するコウガは、拳で殴り飛ばす。  パンチ一発で、戦闘員は地面へ転がり、爆発する。 「素手で化物を退治したってウワサは、本当だったんだな!」  銃で戦闘員を撃ち抜きながら、ダニーが感心していた。 「現れたなコウガ! 我が棍棒の餌食になるがいい!」  怪人が、棍棒を振り回す。 『すまんコデロ、少しばかり耐えてくれ。ぬん!』  かわそうと思えば、かわせる。  だが、コウガはあえて避けない。  両腕をクロスさせ、真正面から受け止めた。  目的は、自分の力量を試すこと。もし、この程度の相手に手こずるようなら、イノシシ怪人との再戦でも勝てない。 『思った通りだ。コウガの装甲は、痛みを肩代わりする』  コデロにダメージが通るのか、確認も必要だった。  リュートがダメージを肩代わりできるなら、もうコデロに遠慮しなくてもいいと。  が、まさかダメージゼロとは。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません