作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 翌朝、森の中を突き進む。 『街では、食糧も何も手に入れられなかった。また魚でも捕るか。ん?』  少し背の高い木に、果実が実っているのを見つける。  見た目には「桃の色をした洋梨」と形容すればいいか。ヘタからしたが白く、尻に向かうほどピンク色をしている。 「これは運がいいです。ペアーチの樹を見つけられるとは」  果実の正体を、コーデリアは知っているのだろう。  ほんの少しだけジャンプして、ペアーチの実とやらをもぐ。 『うまいのか?』  異世界の食べ物なんて、初めてだ。しかし、コーデリアはなんのためらいもなく、実を手にした。きっとおいしいのだろう。 「召し上がってみてください」  催促されたので、実をかじってみる。 『水っぽいな』  色艶どおり、桃だ。  砕けたスポーツドリンクのゼリーを再度固形に固めたような食感である。  自分のよく知っている桃に比べて、味が薄い。  いい言い方をすると、清涼感はあるが。 『少し元気になった気がする。でも、食べた気がしないな。おやつ程度だ』 「胃ではなく、体力と魔力に成分が行き渡っているからです。食べておいてください」  空腹を満たすためではなく、体力と魔力を直接回復させるのだという。これでは点滴だ。  とはいえ、不思議と活力がみなぎってきた。  戦いで負った傷が癒え、不足していた魔力も復活しつつある。フルパワーとまではいかないが。 「この果実があるということは、冒険者ギルドのある街が近いです。実がなっているルートを進みましょう」  冒険者たちは、ペアーチの実を体力回復剤代わりに持っていくことが多いという。  なぜか、コーデリアは種を地面へ吐き捨てていく。 『行儀が悪いな』 「種は地面に直接捨てていくんです。次も実ってもらわないと、冒険者たちが困るので」  なるほど、よくできている世界だ。  結構な量を食べたが、腹は満たされなかった。 「お願いです。ベルト様。私に復讐できるだけの力を貸してください。これからも、私は復讐に生きます。ドランスフォードを血に染めた報いを、あの者たちに」  コーデリアの怨念は深い。    それ故に、譲れなかった。  リュートはしばらく考えた後、こう答える。 『断る、と言いたいかな』 「なぜです!」 『ヒーローの力は、私怨のために使うべきではないからだ』  確かに、個人的な憎しみを背負ってた戦うヒーローはいる。  しかし、そうやってマイナスの感情に溺れた者は等しく自滅していった。  あるいは、自分が憎むべき悪と同じ存在になる定めである。  このまま放っておけば、コーデリアもいつかは彼らと同じ運命を辿るに違いなかった。 『オレはキミに、復讐だけのために生きていって欲しくはない』 「あなたは、『復讐からは何も生まれない』という、古いお考えをお持ちなのですか?」 『いや。復讐だって、立派な生きる動機だ』  そんな考えは、今や現代日本でも駆逐されつつある。 「それなら協力して下さっても!」 『復讐だけが人生であって欲しくない、と言っているんだ!』  コーデリアの言い分は理解できた。が、肯定はできない。  リュートは、自分の身に起きた過去を語る。 『転生する前のオレは、幼少時から病気だった。三〇歳で死ぬまで、ずっとベッドの上だけがオレの世界だった』

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません