作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「何度も申しましたわ、お父様! わたくしは、結婚なんて考えておりません!」  夕食の席で、イクスは父に噛み付く。  父であるレプレスタ王も負けていない。反論してきた。 「どこまでワガママを言うつもりか、イクス! 我々はそうやって栄えてきたんだ!」 「ですが、権力を得るために、望まぬ縁談を持ちかけるなどと!」  妹のディアナが、ビクッと肩をすくめた。 「ごめんなさい、ディアナ。驚かせましたわ」 「お姉さま」  レプレスタ王も、咳払いをして場を落ち着かせる。 「それでイクスよ。数日かけて、どこにいっていた?」 「親友のお墓参りですわ」 「犬でも撥ね飛ばしたか?」  父は、娘の靴についた僅かな血痕を見逃さなかった。  しっかりと拭いたはずだが。 「転んだだけですわ。たいしたことはありません」 「ならばよいが。近頃、『エスパーダ』などという仮面の英雄気取りが、冒険者の手柄を横取りしているという」  父の言うエスパーダ像は、悪評に塗り固められていた。  夜な夜な近隣の都市や森に現れては、冒険者より先に魔物を退治してしまうとのことである。  冒険者では歯が立たないモンスターを、力のあるエスパーダが退治しているだけのことだ。  報酬も、ちゃんと冒険者側に配分している。  こちらは、自身の強さを証明できればいい。 「お姉さま、わたくしエスパーダのお話、大好きですわ。仮面をつけて闇を疾走し、悪事を働く野盗をなぎ倒すの」  手を胸の前で組みながら、ディアナが楽しそうに語る。 「ディアナ、お前は身体があまり丈夫じゃないのだから、義賊のマネごとなんてやめなさい」 「お父様」  こればかりは、父に賛成だ。あまり、妹がエスパーダに憧れても困る。 「そうですわ、ディアナ。幻想の産物です。だからこそ、美しいのですわ」  あの姿は、ファンタジーだ。人知れず世界を守れれば、それでいい。誰にも気づかれず、闇を葬り去れれば。 「お姉さままで」 「いいから、おやすみなさいませ。愛しいディアナ」  イクスが、ディアナの額にキスをする。 「はい。ごちそうさま」  フォークを置き、ディアナはメイドに連れられて寝床へ。 「ではイクス、もうじきイスリーブのジョー王子様がお見えになる。くれぐれも粗相のなきよう」 「クソくらえと、直談判して差し上げましょうか?」 「下品な言葉はよさんか。私の立場も考えてくれ」 「あなたはいつも、自分の都合しか考えてらっしゃらないではありませんか」 「イクス! ノーマン殿下を亡くしたお前の気持はよく分かる。今日も本当は、ノーマン殿下の墓へ言っていたんだろ?」  確かに、コーデリアの墓の隣にあった。  が、イクスは花も添えていない。 「そろそろ、前を向く時期なんじゃないか?」 「わたくしは別に、ノーマン殿下を好きではありませんでしたわ」  我慢が限界に達したイクスは、椅子を蹴って立ち上がる。 「ごきげんよう。おやすみのキスをする気にもなりませんわ」  早々と、イクスは食卓から立ち去った。  振り返ると、父が頭を抱えている。 『随分な言われ方だね。ボクのことがキライだった?』  おどけた風に、ノーマンが尋ねてきた。 「ああでも言わないと、父はまた縁談を持ちかけてきますわ」  野山を駆け回るのが好きなイクスにとって、家庭に入るのは拷問でしかない。幼き頃から血を見るのが好きの、ケンカ好きだった。男に生まれればよかったと、何度思ったことか。 「それよりあなたのお話を聞かせてくださいな。ノーマンさま。特に、あなたがどうしてこんな姿になったのか」  部屋着を脱ぎ、イクスは黒の下着姿となった。  ドレススーツを吟味する。いや、もう軽装でいいだろう。いざとなれば、あの魔道具マギアがある。あれほど軽くて丈夫な強化装甲パワードスーツを、イクスは見たことがなかった。 『ボクは、【仮面の戦乙女】を作る、実験体にされたんだ』 「たしか、【計画を壊すものラーズグリーズ】という作戦名でしたわね」 『腐っても、ボクだってドランスフォードの出身だ。魔法には姉より長けていたからね』  ドワーフたちは、自分たちの実験を脅かす存在、『仮面の戦乙女』を、自身で飼いならそうとした。そのプロジェクトとして、亡きノーマンの魂が選ばれたのである。 「本来ならば、ボクは【コウガ】の素体として選ばれるはずだったんだ」  しかし、コウガは敵になった。 「そこでドワーフは、第二のコウガともいうべき、新しい戦乙女を作ることとなった。その素体として選ばれたのが、ボクだ」 「【エスパーダ】、ですわね」 『気に入ったんだね、その名前』  第二の戦乙女は見事に完成した。   が、装着者がいないまま、コウガが襲撃に。  命からがら逃げ出したドワーフも、イクスの手によって排除された。 「今は、わたくしの腰に収まって……あら?」  腰に手を当てると、ベルトは腹部にない。服をすべて脱いで確かめると、青い紋章が身体に浮かんでいた。 「普段は、体内に収まっているのですわね」 『あと、これはすごく需要なことなんだけど、本当によかったの? 戦乙女になんて』  ノーマンからいらぬ心配事をされ、イクスは鼻で笑う。 「遅かれ早かれ、手を出していましたわ」  イクスは言いながら、いつもの変装を始めた。今日は身軽な乗馬ズボンで。 『ボクの妹が死んで、ヤケを起こしていない?』 「御冗談を」  最後に仮面をつけて、イクスは窓から飛び出した。  そのまま、夜の闇に紛れる。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません