作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 もうすぐイスリーブに到着という地点である。  リュートは相変わらず、特撮ソングをベルトから流していた。 「三日三晩聴かされたとあって、飽きてしまいました」 『そうか? 今やっと昭和世代の特撮ソングが終わったところだぞ。まだ平成時代の曲が、三〇年分楽しめる』 「熱血系の歌に溺れ死にそうです」 『まあまあ……む?』  リュートが、異変に気づく。  眼前で、大型の馬車がデヴィランの戦闘員に襲われていた。  子どもたちの叫び声が、荷台から聞こえてくる。 「あれは、幼稚舎の馬車だ! お貴族様の子どもたちが乗っているぞ」  ダニーが、双眼鏡を覗き込んだ。  数名の冒険者が、馬に乗ったデヴィランの戦闘員と戦っている。  逃げる馬車の大型荷台に、人影が乗っていた。怪人だ。 「子どもたちが襲われています!」 『急ぐぞ!』  馬車には、一〇代前半ほどの子どもたちが乗っている。泣き声や悲鳴が痛々しい。 『やはり秘密結社といえば、幼稚園のバス襲撃だな!』 「幼稚舎の馬車ですが?」  コデロのツッコミを無視して、戦闘態勢に。  世間の情勢もあり、幼稚園のバスジャックなんてシチュエーションは、最近では減ってしまった。が、いまだにこの作戦は有効らしい。  子をさらって、貴族を意のままに操る腹づもりだろう。  リュートのいた世界なら即座に潰されるが、ココは異世界だ。 『待て! 貴様ら、許さん!』  リュートが叫び、戦闘員の注意をこちらに引きつける。  ダニーが荷台から顔を出した。 「コデロ、自動運転に切り替えた。バイクに乗ったままでも戦えるぞ!」 「はい。やってみます!」  バイクに乗ったまま、コデロは変身のポーズを取る。息を吐きながら、左手で腹回りを撫でた。変身ベルトが現出したのを確認し、右手を挙げる。 「変身!」  コウガへと変わったコデロが、戦闘員たちをバイクに乗ったまま蹴り上げた。  戦闘員の一人が落馬する。  バイクから降りたコウガは、戦闘員たちを蹴散らしていく。馬車へは誰も近づけさせない。  落馬した戦闘員を、冒険者たちが攻撃した。 「コウガ、その調子だ! 俺も手伝うぜ!」  自身の馬車から、ダニーも戦闘員たちを狙い撃つ。  戦闘員を馬から突き落とす役を、コウガは買って出る。  後始末は、冒険者たちに委ねた。  しかし、一筋のカマイタチによって、戦況は一変する。 「ぐぎゃあああ!」  冒険者の一人が、背中から切られた。大量に出血し、絶命する。  カマイタチは、幼稚舎の屋根の上から放たれた。 「役に立たないヤツらだわねぇ!」  馬車の上から、人影が降りてくる。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません