作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 夜が来て、手頃な場所でキャンプに。  獲ったウサギ肉のカレーをいただく。 「思っているより大変です」  肩をほぐしながら、コデロはつぶやいた。 「そのうち、馬やバイクがなくても動く車も開発予定だ。より移動が楽になる」 『開発には、オレも協力しよう』  コデロだけに苦労をかけさせまいと、ダニーは少しずつ荷台を改造して、移動しやすくしている。  リュートもベルトから物資を与え、ダニーに渡していた。  そのおかげで、荷台は出発当初の面影はない。ちょっとしたキャンピングカーである。ミレーヌも、荷台の中で調理したほどだ。魔改造とは、こういうことを言うのだろう。 「フフン。最高である俺の科学力に、ついてこられるのか?」  酒を飲みながら、ダニーが軽口を叩く。 『少なくても、オレの国では車が普通に走っていた』 「なるほど。詳しく聞かせてくれ」  リュートは、日本の事情を聞かせた。  発達した科学は、人を便利にしたと。  しかし、犯罪も生み出してしまうと意見を添えて。 「科学は、人を幸せにするか?」 『人を豊かにした。それでも、行き過ぎた科学は、多くの人を殺した』  世界最初の文明である「火」を見つめながら、ダニーはため息をつく。 「我々の仕事は、人類には過ぎた代物なのか? 神への冒涜に過ぎないのか?」  沈んだ顔になるダニーに、リュートは『違う』と返す。 『人が科学を大切に使えば、科学の方だって応えてくれる。要するに、使う人次第なんだ』  だからこそ、科学で人を傷つけるデヴィランを許せない。  同じ科学者だから、デヴィランは悪だと断言できる。  だが、コウガだって同じだ。装着者の感情次第で、殺戮兵器にすらなり得る。 『もっともオレは、コデロを信じているから、そんな事態など想像すらしていないけどな』 「信頼しているんだな、コデロを」 『ああ。だからロデントスを討とうと決心した。コデロのためにも、デヴィランはすべて殲滅する』 「そうだな。サポートは任せろ」 『ああ、頼む』  まあまあ、と、ミレーヌが二人の肩を抱いた。 「科学が人を幸せにするかなんて、分からないわ。でも、歌は確実に人を幸せにするわ」  教えたわけでもないのに、ミレーヌは地球の曲を歌い始める。 『どこでその歌を習った?』 「覚えちゃった!」  たき火にしゃがみ込んで、ミレーヌは歌う。  心地よい歌声に揺られ、コデロは船をこぎ始めた。満腹感も手伝って、耐えられそうにない。 「今は寝ましょう。夢の中だけは、嫌なことは忘れなさいな」 「そうさせていただきます」  最初の見張りはダニーに任せ、コデロは腹を休ませるために眠りにつく。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません