作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 イスリーブの街が見えてきた。  門番に見えない場所で、バイクをベルトに収納する。 『こんな大きい品物まで、ベルトに収まるのか』 「コウガの持ち物なら、な。俺のバギーなど、他人の私物は持ち出せん。気をつけろ」 『分かった』  馬車の停留所で、アテムや子どもたちと別れた。 「じゃ、ギルド前で待っていてくれ。この子たちを送り返したら、すぐに戻るから」  子どもたちから、手を振られる。  コデロも振り返した。 「少しは落ち着いた感じがするわね、コデロ」  ミレーヌが、コデロの様子を伺う。 「子ども相手ですから。私だって愛想くらいは振りまきますよ」  これ以上茶化せば、また頑ななコデロに戻りそうだ。 『それにしても、大きい都市だな』  気を紛らわせるために、話題を変える。 「これだけ活気があったら、きっと純喫茶も受け入れてくれるわ。行ってくるわね」   さっそく、ミレーヌは商業ギルドへ。空き店舗がないか、調査へ向かってしまう。 「商売っ気の強い女だぜ」  呆れながら、ダニーが頭をかく。 「いいじゃないですか。アグレッシブな子で」  すぐに、ミレーヌが帰ってきた。  ドランスフォートと同等か、それ以上に発展した街だ。産業革命というか、スチームパンクっぽい世界観だ。国境を越えるだけで、ここまで風景が変わるとは。バイクを隠さなくても違和感がなかったかも。 「珍しいだろ? でもな、もはやドランスフォードのような街の方が珍しいんだ。ほとんどの街が、魔術と科学とが入れ替わりつつある」 「ドランスフォードがよその国に負けたのは、必然だと?」 「怒らないでくれ。お前の祖国をバカにしているわけじゃない。こんな激動の時代で、よくあれだけの魔法技術を残せたと思っているよ」  追い出された身とはいえ、ダニーは決してドランスフォードの悲劇を面白がっているわけではないと主張する。 「いえ。そう聞こえたなら謝ります。ですが、ここまでとは」    コデロは、時代の移り変わりを痛感しているようだった。 「だが、発展が急激すぎる。国王も懸念しているのだが、ロデントス伯爵は開発を強引に推し進めているらしい」  そうやって私腹を肥やしているとも聞こえる。 「お待たせ」とアテムが戻ってきた。 「じゃあ、ギルドに依頼の報告へ向かおう。こっちだよ」  アテムに連れられて、イスリーブの冒険者ギルドへ。  依頼達成の報酬を受け取る。  貴族の子どもたちを守ったということで、相当な額だ。  成り行きで助けたコデロにさえ、結構な量の金貨を受け取る。  これなら、ミレーヌが欲しい店舗も借りられるだろう。 「これは、あんたらが全額もらってくれ」  あろうことか、アテムは大量の金貨をすべて、コデロに差し出した。 「こんなにいただけません」 「あの化物を追っ払ったのはアンタだ。受け取ってくれ」 「あなたが生活できないじゃありませんか!」 「いいんだ。その代わりに、これでアタシを強くして欲しいんだ」  コデロが拒んでも、アテムの意志は固い。 「ワケを話してください、アテム」  事情を聞こうとすると、そこへミレーヌがやって来た。 「お店の営業許可をもらえたんだけど、お取り込み中かしら?」 「いいえ。ちょうどよかったです。ではアテム、お店の開店を手伝ってください」  頭にハテナマークが浮かんでいる状態のアテムを、コデロは無理矢理引っ張っていく。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません