作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 エスパーダの剣と、コブラ大怪人の杖がぶつかり合う。 「深手を負ったアタシは、支配を配下に任せたのさ」 「その中に、あなたもいたのですね、レンゲ?」  レンゲは、悲しげな顔になる。 「ワタシはレネゲイドとして、レプレスタの城に潜入し、現王国の弱みを握ることにしました。ディアナ様が、要塞を起動させるほどの力を持つと知ったのです」  レンゲは、ディアナにピアノを教えることにした。  母を失って消沈していたディアナに、母親が得意としていたピアノを教えるという口実で。 「メトロノームに擬態させた像を置き、ディアナ様の魔力を奪っていたのです。長年の間」  だから、ディアナは病弱になったのか。  「あとはクイラスの内部にある武装を開放するのみ。さあ、ディアナよ、そのピアノを弾きな!」 「ピアノが要塞となんの関係が?」 「ディアナの演奏によって、要塞に設置されている砲門のスイッチが開放されるのさ!」  エネルギーは、炭鉱で集めた魔法石で潤沢に集まっている。  あとは、起動させるだけらしい。 「レプレスタの血が濃いディアナの力さえあれば、要塞は無敵の破壊兵器と化すだろうね!」 「そこまで、ディアナの力は強いといいますの?」 「ディアナがというより、こいつの母親が強いのさ」  イクスたちの母は、エルフ王国オンディールの王女だった。  強いのは間違いない。末妹のディアナに目をつけていた。 「あんたも兵隊として取り込もうとしたけど、魔力は大したことなかった。レプレスタの武術センスだけ受け継いだようだね。そこで、ディアナに目をつけたのさ。いやあ、すばらしい! オンディール王女の生き写しかと思ったよ!」  アロガントが、ディアナに好奇の目を向ける。  青ざめて、ディアナが身震いした。  ディアナは、姉妹の中でも魔力が特別強い。  アロガントはレンゲに指示を出して、ディアナから魔力を奪い続けた。  あとはディアナ本人を要塞へいざなうのみ。 「さっさと演奏しな! あんたの絶望感を食らって、要塞の魔力はより濃くなっていく!」 「いやです! どうして、わたしが故郷を破壊しなければならないのですか!」 「うるさい小娘だね! 黙って演奏するマシンになりゃいいんだよ! レンゲ!」  レンゲが、ディアナを諭すかのように隣に立つ。 「乱暴をしないでくださいまし!」 『待って、イクス。様子がおかしい……』  レンゲには、ディアナを虐待する徴候が見られない。  どこか、見守っている気配さえ感じる。 「何をしている? 折檻でも罵倒でもいいからピアノを弾かせるんだよ!」  アロガントが急かす。 「あんたがやらないなら、ワタシが無理矢理にでも」 「やらせません。あなたを、ディアナの元ヘは行かせませんわ!」  エスパーダの剣を、コブラ大怪人の杖が弾く。 「どこまでも邪魔な女だね!」  大怪人が、エスパーダの腹に膝蹴りを入れた。  圧倒的な戦力差に、エスパーダは壁に叩きつけられる。 「考え直してくださいレンゲ! あなたは、本当に裏切ったんですか⁉」  よろけながらも、エスパーダは立ち上がる。 「ワタクシとあなたは、仲間じゃなかったんですか?」  エスパーダのアゴに、無情にも大怪人の杖がヒットした。  顔を打ち抜かれ、エスパーダが大きく宙返りをする。  レンゲはエスパーダの言葉を無視して、ディアナに演奏を促す。 「ワタシを信じてください」  優しく、レンゲはディアナの手の甲に、自分の手を載せた。 「よしなさい、ディアナ!」  うつ伏せになりながら、エスパーダがディアナを呼ぶ。 『待つんだイクス。なにか変だよ』  ノーマンの言葉にも、イクスは素直に従えない。  無理にでも、立ち上がろうとしてしまった。 「あんたは地べたを這いずって、よく見ておくんだね! 自分の故郷が焼かれるさまを! アハハハ!」  大怪人が、エスパーダの背中を踏み潰す。  ディアナが、演奏を始めてしまう。手の震えが止まっていて、自由に指を走らせる。  何が起きたというのか。  聴いているエスパーダにさえ、ディアナの雄大さを感じ取った。  透き通った声で、レンゲが歌い始める。レプレスタの民衆に聴かせるはずだった歌を。 「これだよ! アタシが失った歌声を、レンゲは見事に再現してくれた!」  何度もエスパーダをヒールで踏みつけながら、大怪人が興奮する。 「レンゲは無改造なのですね?」 「歌声に支障が出てしまうからね!」  レンゲの歌は、彼女の均等の取れた肉体だからこそ成り立っているらしい。  ヘタに改造を施せば、美しい声は失われ魔力にも影響が出てしまう。 「歌えなくなった自分の代わりに、身内に呪いを歌わせるとは。どこまでも度し難いですわね!」 「なんとでも言うがいいさ! 勝てばいいのだから!」  コブラ大怪人が、勝ち誇る。  だが、その顔がみるみる曇っていった。  暴れるはずのゴーレム部隊が、デヴィランの陣営を攻撃し始めたのである。 「ど、どういうことだいこれは⁉ レネゲイド、あんた⁉」 「言ったはずです。ワタシの悲願だったと!」  歌をやめたレンゲが、コブラ大怪人に向き合う。  その顔は、いつもの正義に染まっていた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません