作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

『ボクが死んだ後、こんな目にあわされていたなんて』 『ノーマンも、大変だったんだな』  スマートイレブンに拉致され、魂だけをベルトの宝玉に移されたらしい。 『オレが地上で戦ったのは、あんたの肉体だったんだな』  実は、リュートがコデロと会う前に倒したオオカミ怪人は、ノーマンの肉体だった。  身体だけとなったノーマンを改造し、地球への転送に耐えられるかのチェックをしていたらしい。脳まで改造され、操り人形にされて。 『改造されていたとは言え、あんたの身体を破壊してしまうとは』 『気にしないでよ、リュート。どうせ元には戻らなかったさ。それに、ボクはこんな姿になってさえ、イクスと一つになれた。公開はしていないさ』  イクスが、自分の体を抱きしめる。 「まるで常時、夜の営みをしているようですわ。四六時中、身体を見られていますもの」 『意識しすぎぃ!』  自意識過剰なイクスに、ノーマンが抗議した。 『しかし、間接的にとはいえ、オレはキミの兄さんを』  話を聞いた限り、リュートはノーマンを殺したことになる。 「気になさらないでください、ベルト様。兄上は、スマートイレブンに殺されていたのです。あなたが兄上を介錯したと思えば、よろしいかと」 「そう行ってもらえると、肩の荷が下りる」  こういうときの、コデロは強い。悲しみを引きずらないのだ。 「ドランスフォードを奪還なさったのですね。お一人なのに」 「一人では、なにも成し遂げられませんでした。仲間がいなければ、ここまでたどり着けませんでした」  コデロは謙遜するが、イクスはなおも称賛する。 「ワタクシが同じ目に合わされたら、敵の殲滅だけを優先するでしょう」 「あなたは、家を出たがっていましたからね」  事情を知っているらしい、コデロが言った。 「ワタクシはワタクシ。家は関係ありませんわ。一刻も早く、自立したかった」  彼女には、優秀な姉がいる。  なのに、家に縛られているのが何より気に食わなかった。 「妹のディアナさえ無事なら、特に家なんて放棄しても構いませんの」 「まだ一二歳でしたね」 「ええ。カワイイ盛りで。ついこの間も、どなたかと文通なさっていましたわ。ですが、頑なに文面を見せませんの! あまりに初々しくて、イジワルしたくなってしまいますわ!」  相当な姉バカぶりを、イクスは披露する。だが、すぐに彼女は我に返った。 「とにかく、妹が無事に結婚するまでは、エスパーダを止められませんの」 「素敵な殿方が、見つかるといいですね」 「それはそれで寂しいですわ! あの子カワイイから! 引く手あまたですわ!」  もし、妹君が嫁に行けば、イクスはこのまま湯に沈んでしまいそうだ。 「お気を確かに。出ましょう。王子がお待ちです」 「そうでしたわ」  湯から上がり、二人は髪を乾かす。 「わたくしは、王子と会います。あなたも、一応顔をお出ししたほうが良さそうですわね」  コデロはイクスから、手頃な衣装を受け取った。 『妹がお世話になっています。リュート』 『オレのほうが助けられてばかりだ』  リュートはタダの特撮オタクで、実際に活躍できているとは思っていない。 「ベルト様には、お世話になっています。兄上」 『よかった。リュートとうまくやれているのだね』  ノーマンの声のトーンが落ちる。 『ボクはあなたを、危険にさらしてしまった。リュート。本当は、ボクのほうが妹と手を取り合わなければならないのに』 『オレが望んでやったことだ。気にするな』  リュートは、ノーマンを励ます。 『あなたのデータだが、非常に興味深いね。リュート』  特撮番組の殺陣・格闘技術や武装など、惜しげもなくノーマンへと送り込んだ。 『オレも、マフラーは欲しいと思っていたのだ』  エスパーダの衣装から、リュートはマフラーの製法を思いつく。余っている赤い布地を拝借して、ベルトに収めた。  コウガの新装備を、リュートはベルト内の仮想空間で作り上げる。 『うむ。しっくりくるな。魔法の技術で裁縫しているから、魔法攻撃も防げるぞ』 『この刺繍は、ボクが開発したんだ。自身の魔力を増幅させる機能と、敵からのダメージを軽減する効果がある』  マフラーにエスパーダと同じ刺繍を施し、魔法への耐性を持たせた。 『こんなにも情報を共有できるとは、思っても見なかった。特撮というのかい? 非常に関心を持ったよ。あなたの世界にも、英雄がいるのだね?』 『そうなのだ。フィクションとは言え、強い英雄がたくさんいるんだぞ!』 『ボクも情報を共有したことで、がぜん興味が湧いてきたよ!』  だが、盛り上がってばかりもいられない。  すでに、イクスは着替え終えている。  王子を待たせるわけには。 「コーデ……今のあなたは、コデロでしたわね?」  イクスは、ブルーのドレスに着替えている。エスパーダとして活動するようには思えないほど、エレガントな出で立ちだ。ただし、後ろから見た場合だが。 「似合いますかしら、コデロさん」  前から見ると大胆なミニスカートとニーソックスなのが、活動的な彼女らしい。 「とても良くお似合いですよ。イクス……様と、お呼びしたほうがよろしくて?」  わざと仰々しく、コデロはイクスに挨拶をする。 「身分的には大差ないでしょう。イクスで結構ですわ。冒険者なら、多少礼儀を知らなかろうが大目に見てもらえますから」 「ご面倒をおかけしますね」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません