作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「いちいち、名前の読みを変えたんですね」 『違いがあったほうが、わかりやすいだろ』  怪人が襲ってこなかった間、リュートはずっと、漢字とにらめっこしていたのである。 「私にとっては、どれもコウガなので」 『確かにそうだが!』 「もっと有意義な時間の使い方はなかったのですか? 装備を新調するとか」  コデロは、相変わらずの塩対応だ。 「ほら、来ました」  取り囲む戦闘員を前に、コデロは銃を構える。 『フィーンドバスターッ!』   銃の威力が上がっていた。戦闘員程度なら、一発で弾が貫通して倒せる。  襲ってくるのは、戦闘員ばかりだ。武装はしているが、コウガの敵ではない。消耗すらしていなかった。徒手空拳を繰り出すだけで、数を減らせる。 『ダブルスラッシュ!』  両手の短剣と銃を変換し、戦闘員たちを斬りつけた。 『装備を新調しろと言っていたな。見せてやる!』  コウガは短剣に、銃口を追加する。  『バースト・ダブルスラッシュ!』  ノワール映画さながらに、コウガが二丁拳銃をぶっ放す。フィーンドバスターの半分に下がる。だが、戦闘員程度ならこれで十分だ。 『さて、再生怪人の実力は?』  懐かしいイノシシ怪人が数体、投擲用の槍を構えた。  体格は一回り大きい。が、武装は鉄製の投げ槍と貧弱だ。言葉も話さない。野盗を改造したのだろう。品格どころか人間性も失ってしまったらしい。 「ぎいい!」  怪人が、槍を投げてきた。槍の先には、火薬弾が仕込まれている。  投擲槍を、コデロは蹴りだけで弾き飛ばす。  イノシシ怪人のバックにいた戦闘員たちに、爆発する槍を突き刺した。 『トゥア!』  怪人たちには、魔力を込めた拳を見舞う。  城塞の踊り場にて、こちらを狙う影が。    物陰に隠れていても、コウガのマルチアイで探し当てて撃ち抜ける。上にいた三体倒した。 「数はどのくらいですか?」 『見えているだけで、二〇〇だ。その先はわからない!』  戦闘員ばかりなら楽だ。  しかし、そんな軍勢で戦争など起こすはずがない。  おそらく強力な隠し玉があるはずだ。 「ザコは、一気に潰しましょう」 『OKだ』  今度は、短剣同士を並列にくっつける。ソードオフ・ショットガンのような形状にした。 「銃と融合させたんですね」 『おうさ。名付けて、メガ・フィーンドバスターッ!』  コウガは破壊光線を発射し、コマ状態に旋回する。  拳銃モードでは魔力の弾丸を撃つ。このモードだと光線を放つのである。  周囲にいた戦闘員や再生怪人が、破壊光線を食らって溶けた。 『やはり、再生怪人は弱体化していると、相場が決まっているな!』 「感心している場合ですか! 来ますよ!」 【ミノタウロス】らしき怪人が、斧を振り下ろす。  間一髪のところで、コウガは攻撃をかわした。  かつて倒した牛型怪人が水牛バッファロー型だった。対して、今回の相手はバイソン型である。 『こっちも! メガ・フィーンドバスターッ!』  バイソン怪人に、破壊光線を浴びせた。  しかし、斧によって弾かれてしまう。  反射した光線が、他の再生怪人に命中して爆発を起こす。 『強いヤツもいるな』  再生怪人ではない。  基礎から新しく作ったような印象を受けた。 『牛怪人の改変型だな』 「この怪人は、動物がベースのようですね」  人間の肉体に、体温を感じない。死体をベースに作ったようだ。 『ならば!』  ボモオオ! という雄叫びを上げながら、バイソン怪人が暴れ狂う。味方すら蹴散らし、執拗にコウガを追い立てた。 『こっちだそ、子牛ちゃん!』  コウガの挑発に、バイソン怪人はまんまと乗せられているようである。さらに怒り出して、角を前方に突進してきた。 『やばいな』 「あなたのせいでしょうが!」  バイソンの角が伸び、コウガの心臓を狙う。 『トゥア!』  跳び箱の容量で、コウガは跳躍した。  バイソン怪人は、真後ろから迫っていた牛型戦車と正面衝突をする。大量の戦闘員が、衝撃で吹っ飛んだ。バイソン怪人も、角が戦車を貫いて身動きが取れない。 『トドメだ』  ようやく戦車を振りほどいたバイソン怪人が、仕切り直しとばかりに再び迫る。 「コウガ・レイジングキック」  ローからの回し蹴りを、コウガはバイソン怪人に放った。  背の高い相手なら、足を狙うと考えていたのだろう。虚をつかれたバイソン怪人は、首を折られた。うつ伏せ状態で絶命し、そのまま爆発する。 「敵の印象は?」 『頭数を揃えたような印象を受けるな』  まだリュートには、敵戦力を分析する程度の余裕はあった。 「相手は、本気ではないと?」 『出し惜しみされている気分だ。こちらの戦力を測られているような』 「これだけのザコが、コウガの分析だけに登用されていると?」  コウガの力は、扱っているリュートでも未知数なのだ。ダニーですら、どこまでやれるのかわかっていない様子である。 「魔力残量は?」 『力はみなぎっている! 今日のオレは、劇場版仕様だからな!』  大技を繰り出しては、細かい技を挟む。 「調子に乗って、魔力切れを起こさないように」 『心得ている! 作戦もあるしな!』 「それを見せる前にやられたら。目も当てられませんよ」  やはり、塩対応だ。 

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません