作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 広々とした安全な道を使い、特に魔物の気配もない。  馬車を使わず、ダニーの車両を利用している。ダニーが運転をして、王の向かいに、コデロは座っていた。  ノーマン王子の墓前にて、イスリーブ王はヒザをつく。  手が震えている。よく見ると涙を流していた。 「キミのお兄さんとボクは、親友同士でね。お互いの子どもたちを結婚させようよと、話し合っていたんだ」  しかし、兄は命を落としてしまう。 「さぞ無念だったろうね」 「しかし、ノーマンには王という同士がおります。きっと安心して逝けるでしょう」  コデロは、優しく王の肩に手を添えた。 「ありがとう。コーデリア王女」 「ここでは、コデロとお呼びください」 「そうだったね、コデロ」  城下町や、周辺も見て回ることに。 「ひどい有様だ。デヴィランとは、ここまでやるのか」  ラキアスが連れてきた人手が、ガレキを撤去している。  王に気づいた一人が挨拶をしようとした。  しかし、王は手で制し、作業に戻らせる。 「私も手伝ったのですが、まだ何も手を付けられない状態でして」  広大な土地でミレーヌのスパイスを栽培し、各都市に売り込んでいる。それでかろうじて、村として機能している程度だ。 「あのー、こんにちは。ここの責任者ってのは?」  二人組の冒険者が、コデロに頭を下げた。  一人は女剣士だ。細身の剣を携え、長い黒髪が印象的だ。  もうひとりは、チャラいレンジャーである。羽のついたベレー帽をかぶり、背中には弓をかけていた。微量の魔力が漂っていて、握る部分に魔法石が付与されている。  特徴的だったのは、どちらもエルフだったことだ。 「陛下、しばしお待ちを」と、コデロは王のもとから離れた。 「私ですが。コデロといいます」 「どうも。オレはクリス。こいつはレンゲだ」 「レンゲです。どうも」  クリスは見た目通りあいさつもチャラいが、レンゲは丁寧な口調である。 「見たトコロ、シティエルフの方々みたいですが」 「そーなんだよ。俺たちは、レプレスタから派遣されたんだ」  イスリーブとドランスフォード、二つの国との間には、レプレスタという小国がある。森に囲まれた城で、エルフが統治していた。 「エルフ王国ですか。どうしてまた」 「エスパーダだよ、エスパーダ」  めんどくさそうに、クリスが語る。 「そいつから、ここのガードを依頼されたんだよ」 「亡き友のためだ、とおっしゃっていました。報酬は、エスパーダが支払うと」  クリスに続き、レンゲが語った。  コデロが、難しい顔をする。   『エスパーダとは、何者だ?』  リュートが聞くと、コデロはため息をついた。 「古い友人です。何かと喧嘩をふっかけてきたので、覚えています」  コデロが考え事をしていると、手を上げてクリスが尋ねてくる。 「オレたち、何をしていればいい? 何にもねえんだが?」  確かに、戦闘要員に「畑を耕してくれ」とは頼みづらい。 「周囲を巡回してください。怪しい影などがあれば、スパートタグで連絡を」 「承知しました」  クリスに代わり、レンゲが答えた。 「おまたせしました。ご帰還の準備を」 「うむ。キミのいない間、だいたいのことは、把握した」  イスリーブ国王が、コデロに今後の方針を話す。 「手が空いた冒険者たちを手配する。報酬はこちらで支払おう。腕の立つ大工なども配備して、少なくとも街としての機能を取り戻させる」 「そこまでなさらなくても」 「一人では、限界があろう?」  図星をつかれ、コデロは黙り込んだ。  実際、コデロはドラスフォードに残っていた財産をすべて、国の復興に当てている。それでも、人件費すらまかなえていなかった。 「旧ドランスフォードは、この大陸でも有数の中心的な都市だった。一時期は、イスリーブを凌ぐほどだったとも聞く」  ドランスフォードは水の豊富な土地で、農作物の生成には困らない。  きれいな水は、ポーションの材料としても最適だ。毒などで水が死んでいたら、この復興さえままならなかっただろう。 「街に活気が戻れば、我が国も潤うというもの。恩は、そのときに返してくれればよい」 「ありがとうございます。陛下」  請求書や事務手続きなどは、ラキアスに回すという。 「礼には及ばない。キミにはもう一仕事、頼みたいからね」 「なんなりとお申し付けください」  ここまでお膳立てをしてくれたのだ。 「では、ボクの息子を護衛してくれないか。縁談があるので向かいたい」 「仰せのままに」 「本当は、キミのような女性こそ、息子の后にしたいのだけれど。先方がどうしてもというので。あまりにうるさくて、つい」 「もったいなきお言葉です。陛下」  実際、こんな身体でなくても、コデロは縁談は断っていただろう。  デヴィラン殲滅しか考えられないから。 「しかして、どちらの国まで?」 「レプレスタ王国だ」 「えっ」  コデロを通して、悪寒が走った。 『どうかしたか?』 「国王が話していたレプレスタは、エルフが収めているのです」  リュートは、コデロと脳内で会話する。  レプレスタ王国はコーデリアに、因縁が深いらしい。 「特に三女とは、因縁がありまして」 『帰ったら、詳しく聞く』  リュートは引っ込んだ。 「では、縁談の相手というのは」 「イクス第三王女だ」 「そうですか……」  後に聞かれないよう、コデロは小声でつぶやいた。 「あの『エスパーダ』に、縁談ですか」  これは一波乱ありそうだ、と。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません