作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「とどめですわ!」  王笏による突きが、コウガの腹部を直撃した。 「ぐはああっ!」  大ダメージを受けて、コウガは地面に激突する。  だが、ダメージはコウガの装甲だけではない。それを覆うコデロにまで行き渡っていた。 『なに、コウガの装甲を突き抜けただと!?』 「これが、魔族の力というのですか」  致命傷を負い、コデロは起き上がれない。アバラも腕も、骨折している。 「哀れですわね殿下、もう一度死ぬなんて! でもご安心を。ワタクシがおいしく食べて差し上げますわ!」  イノシシが、化物じみた高笑いを上げた。 「忌々しいドランスフォードの王女さま。あなたにはさぞ、輝かしい将来が待っていたのでしょう。地べたに這いつくばるあなたを見るのは実に愉快、愉快ですわ!」 『お前とコーデリアとの間に、何があったのだ!』  上位怪人の言葉は、コーデリアを侮辱している。 「ワタクシだって、それなりの貴族でしたわ。魔法の成績もトップだった。でも、コーデリア様はワタクシ以上の実力を持っていました!」  コーデリアは魔法学校においても、上位の成績をキープしていたらしい。  それだけでなく、コーデリアは人格者だった。  伯爵夫人は、ライバルに嫌がらせをして蹴落としていたのだ。  が、コーデリアが彼女たちを励まし、鼓舞していたという。 「そのせいで、ワタクシは彼女たちにまで追い抜かれ、結局最終成績は中の下! ろくな嫁ぎ先がなくなりましたのよ!」 『嫉妬か。コーデリアに対する妬みが、お前をそんなに醜くしたんだな?』 「醜いですって? 昆虫を模した甲冑に言われ得る筋合いはございませんコトよ!」  イノシシ上位怪人は、そのでっぷりした脂肪まみれの足で、コウガを踏み潰そうとする。 「あなた方の方こそ、この高貴なる魔物の姿を美しいと思えないなんて、目がどうかなさいましてよ! 今度はハエにでも生まれ変わらせて差し上げますわ!」 『まだだ!』  最後の力を振り絞って、コデロは立ち上がる。だが、すぐによろめいた。足が折れている。 「そんな身体で、何ができると言いますの?」 『オレはまだ戦える! この命尽きるまで、オレは人々を守るんだ!』 「こざかしいセリフを!」  上位怪人が、王笏を振り回した。雷雲を呼びだし、電撃を放つ。 『ぐおおおおお!』  リュートも、コデロ同様ダメージを受ける。ここまで凄まじい攻撃は、初めてだ。 「黒焦げになっておしまい!」 『死んでたまるかぁ!』  両手で雷をガードし、上位怪人へと弾き飛ばす。  反射した雷撃が、上位イノシシ怪人の顔面に直撃した。  肉が焦げる悪臭が充満する。 「やりましたか?」 『まだだ』  リュートは、手応えを感じなかった。 「ぐおっ! 生意気なぁ!」  片目を潰され、顔を押さえながら怪人は悶絶する。  それが、最後の抵抗だった。コウガの変身が、解けてしまう。変身に使うエネルギーは、尽きてしまった。  だが、諦めない。最後まで戦うと決めた。魔王という存在も判明した今、ここで死ねば誰がこの世界を救うのか。  自分が死ねば、コデロも死ぬのだ。  弱き者の盾となれるのは、自分しか、コウガしかいない。 『オレは、負けん!』  死力を振り絞り、リュートは自身の全力を、コウガの宝玉へ注ぎ込む。  月明かりが差し込んできた。光が当たるように、リュートはベルトを月へ向ける。 『コウガの宝玉よ、オレの命をやる! この世界を守る力を与えてくれ!』  月光を浴びながら、リュートは願う。ベルトは応えてくれないかも知れない。それでも。 「最後の仕上げと参りましょう。こんがり焼いて差し上げますわ!」  これまでとは比較にならない程の雷撃が、コウガの頭上に迫った。  だが、不思議と受け止める自信が湧いてくる。  負ける気がしなかった。ベルトが、反応しているのである。  だが、賭けだった。再度、変身の構えを。  自分は死んでもいい。せめてコデロだけでも無事で。  次の瞬間、コウガを守るかのように、三対の斧が電撃を食い止めた。斧のブーメランが、持ち主のところへ帰って行く。 「待たせたな、コデロ!」  戻ってきた斧を、アテムが掴む。 「随分と苦戦しているようだが、無事かコウガ!」  ダニーも、けん制で女王怪人に銃を撃ち込んだ。 『アテム! 感謝する!』 「手こずってるな、あたしも混ぜろよ!」  それは助かるが、コウガは首を振る。 『いや、コイツはオレがやる! あんたは助けた人々を守ってくれ』 「よしきた!」  リュートは、コウガの宝玉に集めた魔力を、コデロに注ぎ込む。コデロの治療のためだ。折れたアバラや腕、足を、瞬時につなぎ合わせる。 「どうして!?」 『キミが死んだら、どうにもならん。常に万全でいるんだ。この場は、オレが引き受ける!』 「そんなことをすれば、あなたが消滅する可能性だって」 『構わん! キミが生きていてくれたら、オレの存在など消えてしまってもいい。キミは、世界の希望なんだ! 生きてくれ!』  改めて、リュートはコデロと同化し、変身ポーズを取った。  今こそ……今ならば可能かも知れない。  そのとき、月の石に変化が現れた。  リュートは、耐え難い疲労感に襲われる。本当に、自分を失ってしまうような。  しかし、コウガが強化されていく気配は感じる。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません