作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 好きに暴れられる場所があるというので、外へ向かった。  森とは反対方向にある、魔力石の採石場跡だ。 『やはりヒーローのロケ地といえば、採石場だな!』 「あなたは、ときどきワケの分からないことを言いますね」  ベルト状態のリュートがハッスルしているのとは対照的に、コデロの態度はドライだ。 『いいから変身しよう』 「はい。変身」  イヤイヤながらも、コデロの変身ポーズは慣れたモノである。 「じゃ、トレーニングしよう」  コウガの限界を知るテストは必要だ。  ダニーが高い崖の上を指す。 「俺はあの崖にゴーレムを形成して、岩を落としていく。お前さんはそれを砕いていくんだ」  ダニーが、ゴーレムを崖の上に形成した。 「そうれ!」  号令と当時に、ゴーレムが岩を投げ落とす。 『トゥア!』  コウガは、キックで岩を破壊する。 「よし、次は膝蹴りで壊してみろ」 『いくぞ、トゥア!』  指示通り、飛び膝蹴りで岩を粉砕した。 『おやっさん、あなたのゴーレムと戦うというのは?』 「無理だ。俺は戦闘のプロではないからな。ゴーレムも、防壁に使うのがやっとなんだ。戦闘慣れしたヤツが相手じゃ敵わんさ」  ダニーはあまり、戦闘に自信がないらしい。 『ヒーローモノの特訓って感じで気持ちいいな!』  リュートはノリノリだが、コデロは冷めている様子だった。 「こうしている間にも、怪人が街を襲っているのでは?」 『それはない』 「どうしてそう言い切れますか?」  イラつきながら、コウガ状態のコデロが岩をパンチで砕く。 『怪人の開発には、月日を要するからだ。それに、そうそう強い怪人は作れないと確信している』  あの様子だと、まだテスト段階である。  それほど強い怪人は作れないと、リュートは見た。 『大昔はガワの構造が簡単だったから、一週間くらいで作れた。いまはギミックが複雑になっている上に、財政難もある。二週間くらいは、猶予があるんじゃないか?』 「……まるで見てきたような言い方ですね」  リュートの力説にも、コデロは呆れている。  「いや。ベルトの言い分も、もっともだ。強い怪人を作るなんてのは、強い素体だって必要だろう。高い改造技術も。盗賊なんて粗末な素体を使っていたんだ。あまり余裕はないと思って いい」  ゴーレムで岩を転がしながら、ダニーも意見を飛ばす。 「それでは、あのクモ怪人が特別に強かったと?」 「そう見ていいだろう」  昼食にミレーヌの弁当をはさみ、次の特訓へ。 「よし。次は武器を使ってみろ」  ベルトに触れ、剣を喚びだしてみた。  二刀流の片手剣を振り回してから、両手剣に持ち替える。   そのまま夕方まで、武器を変えてはゴーレムと打ち合った。 『やっぱりだ。武器が最適化されている』  ベルトに武装を収めると、コウガにふさわしい形状へと変形するらしい。  数種類の武装を持ってきたはずなのに、呼び出せるのは少数だ。  ベルト内部で分解されて、コウガの武器として相応しい形状に変質するのだろう。  やはり形状は、リュートの知っている特撮番組に出てくる種類と近い。  ここまで、イメージが実体化するとは。  夕飯ができたと、ミレーヌが呼びに来た。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません