作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 スペンシーさんは確かに言った「カオスボルグを投げろ」と。  あのブラッドサンダーを応用した魔球は驚異だ。  例え当てたとしても、バットがへし折れるほどの威力があるのだ。  それにあの速度と変化量だ、攻略するのはかなり難しい。  いや……そもそもミットに目掛けて投げるハズがない。 「カオスボルグを投げろだと?」  鐘刃は顔は険しい、殺気がだだ洩れだ。  そもそもスペンシーさんとどんな因縁が……。  あいつは第一打席でも、当てる気満々でカットボールを投げた。 「どうしたのかね? 君の得意としているボールを投げたまえ」 「先程の光景を見ていなかったのか、大僧正アークビショップよ」 「見ていたさ、見たからこそ打てる自信がある」 「傲慢なる自信だな」 「私は君を一度倒しているからね」  その言葉を聞いた、鐘刃の目の色が変わった。 「死にたいようだな」  鐘刃は何やら小さく呟いている。 ――暗黒の渦と黒き雷鳴よ、互いに喰い尽くし、混じり合い、哀れなる愚者を葬らん! 「ブラッドサンダー最大出力だ! お望み通りに暗黒の魔球カオスボルグを投げてやろう!!」  黒い雷光が鐘刃を照らす……。  球場にいる僕達も魔物達も皆が緊張が走る。 『鐘刃コミッショナーが黒い発光体で輝いています! 先程のカオスボルグを投げようというのか!』 『デンジャラスだぜ……あの真っスラを内角に投げられてみろ。死ぬかもしれん』 『ど、どういう意味ですか、ブロンディさん』 『あのクラウチングスタイルだよ――位置が低い分、頭部に当たる確率が高くなる』 『な、なんと!』  転生魔王の魔力が最大限に放出されている。  やはり危険だスペンシーさん。 「逃げて下さい!!」 「ラスボスの前に『にげる』というコマンド選択肢はない」  どんな因縁があるかは知らない。  だが、このままではスペンシーさんはカオスボルグの直撃を受ける。  鐘刃は野球というルールの中で殺そうとしているのだ。  あいつは必ず当てる。 「西木監督!」  僕は西木さんを見るも腕を組んで黙っている。  西木さんはチラリと僕を見て、 「ここはプロフェッサーを信じるしかない」  と言った。  僕も信じたいが相手が悪すぎる。 「で、ですが……」 「君は仲間の力を疑うのか!」  その声はスペンシーさんだ。 「勇者アランは仲間の力を信じていたよ」 「仲間の力を――」 「私は別の時間軸の君と冒険を共にした。このような絶体絶命のピンチの時でも仲間を信じていたよ」 「スペンシーさん、あなたは一体……」 「我が職業ジョブ大僧正アークビショップ! 聖なる力により! 勇者アランと共に魔王イブリトスを滅した者だッ!!」  そうか……鐘刃は別次元の世界にいた魔王イブリトスの転生者。  僕が無事にクリアした倒した世界線があるならば、スペンシーさんはその時の仲間だったのか。  どういう経緯でこの世界にやってきたかは分からないが、そんなことはどうでもいい。  僕が僕の仲間の力を信じていたのならば―― 「スペンシーさん、あなたに任せます!」 「いいぞボーイ、その言葉を待っていた」 「絶対に打って下さいよ!」 「もちろんだ。ここでダメ押しさせてもらう!」  スペンシーさんは自信満々の顔となる。  何か策があるのだろう。 「私も最大出力で聖闘気セイクリッドドライヴを繰り出させてもらおう!」  握り締めるバットが光り輝き始めた。  あれは闘気と聖属性を上手く配合した聖闘気セイクリッドドライヴ。  ある国の神殿騎士テンプルナイト達が、邪悪なるものに倒すために開発した技と聞いたことがある。 「闇属性に対抗できるのは、私の聖闘気セイクリッドドライヴのみ!」  そうか!  闇属性に相反するのは聖属性だ。  あれならばカオスボルグを攻略できるかもしれない。 「属性で攻略? 私のカオスボルグを嘗めているのか――アルストファー!」 「ハッ……如何されましたでしょうか」 「いざとなったら逃げても構わんぞ、消しカスになるかもしれん!」 「……ッ!?」 「骨も何も残さん! 確実にディードの転生者デリル・スペンシーをコ・ロ・ス!」 ――ゴ"オ"オ"オ"オ"オ"ォ"ォ"ォ"!  黒いオーラが天井まで伸びている。  怒りの効果で魔力が増幅したのだろうか。 「ぐっ……」  その瘴気しょうきの影響かセカンドのデホがうずくまっていた。  ファーストのブルクレスがすかさず声をかけた。 「大丈夫かデホ!」 「人間には辛いぜ――こんな禍々しい魔力のオーラを浴びせられたらよ」 「俺も一緒だ」 「へへっ……お前もかよ。よく倒れないな」 「戦士はHPが高い頑丈なのでな」  二人のやりとりを見るショートのゼルマや、サードのレスナーは互いに顔を合わせている。 「人間とは何とも脆いものだな」 「――とはいえ鐘刃様はお怒りだ。守備を深めにした方がいい、我らまで巻き添えをくらうかもしれん」 「そうだな」  ゼルマは内野や外野陣にサインを送っている。  ヒロ、フレスコム、ベリきち達はドームの壁まで密着するまで移動している。 「外野の守備位置が深すぎないか……?」 「クワカァー! 黙って指示に従え新入りィ!」 「全力で投じられるカオスボルグは威力抜群だからなァー!」  守備位置は深め――これで準備は完了か。  ドス黒いオーラを放ちながら鐘刃は投球モーションに入っている。  いよいよ――カオスボルグが投じられるか! 「うわあああっ!」  主審の万字さんは悲鳴を上げるも動けないでいる。  プロフェッショナル意地か!? (こ、怖エエエェェェ!)  いや――恐怖で足が動けないだけのようだ。  バッテリー組むアルストファーは立ち上がっている。  すぐさま脱出出来るように動きやすい体勢を作っているのだろう。 「私はいざとなったらテレポレートで脱出します。あなたも逃げ出す準備をしていかがかな?」 「ヴァンパイアよ。『にげる』というコマンド選択肢はないと聞いていなかったのかな」 「我々のような魔物モンスターは『にげる』という行動があるのですよ」 「羨ましいことだ」  仲間と敵が会話する中―― 「消え去るがいい! NPBコミッショナーに逆らうプロ野球選手よ!」  いよいよ魔王転生者の球が……。 ――ブゥン!  投げられた! ――ゴオ"オ"オ"オ"オ"ッ!  轟音と! ――バヂヂヂヂヂッ!  黒い稲光を伴いながら!  攻撃対象はスペンシーさんだ! 「ボーイ達も参考にするといい!」  そう述べ僕達の頼れる大僧正アークビショップは逃げずに立ち向かう! 「内角インコース打ちの極意はッ!」 ――聖闘気セイクリッドドライヴ全出力解放ッ! 「回転力! 上半身を上手くリラックスさせ肘を抜くこと! そういった技術テクニックが必要だが――」 ――特技【聖十字撃】! 「恐怖に真正面から立ち向かうことだァ!」  スペンシーさんの一閃が振り抜かれる。  白い光と黒い光の勝負の行方は――

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません