作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 ――京鉄一筋20年。  ワシの名前は鈴草魂魄。300勝投手じゃ。   最多勝3回! 最多奪三振8回! オールスター出場15回!  プロの世界で酸いも甘いも経験してきた。  この鈴草魂魄の名前を知らんものは球界にいないほど。  じゃが、このアランとかいう新人はワシを知らんらしい。    許せんことじゃ……この鈴草魂魄を侮辱しとる。  プロの洗練と言わんまでも、ちょいと手首付近へ投げてやった。  当たってケガをしたらどうするって? そんなもんは知らん。  若いうちに天狗の鼻は折っとかんとな。優しくしたら舐められる。 「投げたらアカン!」  そう投げたらアカン。  若者に失敗は付き物、これに懲りて……。 ――ゴン!  ワシは渾身のストレートを打たれた。  あの内角の球を打つのは至難の業……。  チュン、チュン。 「小鳥ちゃんの鳴き声が聞こえる」 「鈴草さん、やっと目が覚めたんですね!」  ワシが目を覚めると元山だ。正直言って美女の方がよかった。  そんなことはどうでもええとして……。 「ここはどこや」 「医務室です。ホームランを打たれた後に気を失っていたんですよ」  ワシはどうもマウンドで失神していたらしい。  二十歳もいかん若造に、内角の球を打たれたショックのせいだろう。 ――キィ……  そうすると医務室の扉が開いた。  入って来たのは、ユニフォーム姿の女じゃ。 「失礼します。オニキア・ワイスです」 「何しに来た!」 「元山さん、あなたは座って下さい。用があるのは、そちらの300勝投手さんです」 ――ツカツカ……  オニキア・ワイス。  京鉄――いや日本プロ野球では例がない女性選手じゃ。  最初は球団の軽チャー路線か? と思っていたがそうじゃない。  ブルペンで一緒に投げたから分かる、この女は本物じゃ。  それにしても、このワシに何の用事か。 「引退なさい」  衝撃の一言じゃ。  自他共にこの鈴草魂魄はワガママと言われておる。  小娘がそんなワシに引退勧告を……。 「キ、キサマ、鈴草さんに向かって――」 「鈴草さんも気付いているんでしょう」  オニキアは元山の言葉を遮って伝えた。  ワシの本当の姿を……。 「自分の力が落ちていることを」 ――!  図星じゃった。  ワシは年々力が落ちていることを実感している。  ここ数年は駆け引きや投球術で誤魔化し続けてきた。  だが、それも限界じゃ。あのアランって若造に打たれた。  これが全盛期だったら、空振りか打ち取っている自信がある。 「元山、その女の言う通りじゃ」  オニキア・ワイス、恐ろしい女じゃ。 ☆★☆  オープン戦は終わった。  結果は4-3でメガデインズの勝利。  僕は結果的にサインを見落としてしまい、次の回で交代させられてしまった。 「ライトはアランに変わって当金や」  懲罰交代というやつらしい。結果は良くても野球はチームプレイなのだ。  僕はそそくさと一軍の宿に帰っていった。  ロビーで待つマリアムに事の顛末を伝えると……。 「アホ! これでもう支配下登録はなくなってしまったやないか!」 「ゴ、ゴメン」 「ゴメンもメンコもあるかい!」  当然の如くカンカンに怒られた。  泣きっ面に蜂、その前は福井さんにも怒られている。  ガミガミとマリアムに怒られる中、後ろから誰かが来た。 「おいおい、何でお前がここにいるんだ」  河合さんだ。  おかしい、一軍と二軍は宿が違うはずだ。 「な、何であんたが」 「細かいことはいいの。何で二人してコソコソしてるの?」 「うるさいな、ほっとけや」 「ロミオとジュリエットごっこも大概にしとけよ」  河合さんは僕達を見てニヤニヤしている。 「河合さん、僕に用事ですか?」 ――クイクイ……  河合さんが親指で後ろの方角を指差している。  そこには入団テストの時に投げてくれたおじさんがいた。河合さんの父親だろう。 「オヤジがあんたに用事があるとよ」 「用事?」 「行けば分かる」  僕は指示通り、河合さんの父親の元へ行く。  ヨレヨレのスーツで、何だか頼りなさそうだけど目は鋭い。 「河合兎角とかくってもんだ。顔覚えてる?」 「え、ええ」 「モブ扱いでなくてホッとしたね。まっ……今日はあんたと話したい人がいるんでな」  話したい人って誰だろう、僕は不思議に思うも外には黒い車が用意されていた。 「乗んなよ」 「は、はい」  僕は兎角さんに促され車に乗り込んだ。 「ちょ、ちょっとアラン! どこに行くんや!」 「アランちゃんは大事な用事があるの。ところでアランとはどんな関係だ?」 「た、ただの知り合いや」 「ふーん……知り合いねえ」 ☆★☆  僕はトカクさんに、宮崎の高級レストランに連れてこられた。  テーブルには、これまでかという具合の豪勢な食事が並んでいる。 「よく来たね! ささっ冷えないうちに食べなよ」  会いたがっている人というのは、メガデインズのオーナーである天堂雄一さんのことだった。 「この間のオープン戦、初球を見事に打ったね!」  おかっぱ頭で白スーツ、胸にはバラのブローチをつけている。  かなりテンションが高い。 「君のホームランは鈴草に引導を渡したみたいだよ」 「引導?」 「ネットニュース見てないの? 速報で鈴草が引退を発表したよ、そこで君の名前が出ていた」  何ということだ。  僕のせいで鈴草という人は引退を決めたらしい。  プロの世界は生存競争だが、たった一回の失敗でもダメなのか。  ある意味、僕がいた世界とは違う厳しさがある。 「選手が5人も行方不明になっちゃうし、紅藤田達のせいで週刊誌に色々書かれてイメージダウンしてたし、困ってたんだよ」 「は、はあ」 「そこで! 君を沖田元気くんと一緒にプロデュースすることにしたよん! 顔のいい二人を売り込めば、きっと我が球団のイメージも向上出来る! うんうん!」 ――パチン!  勢いよく天堂オーナーが指を鳴らすと、メイドが何やら運んできた。  それはメガデインズのユニフォームだ。 「君を支配下登録する」 「し、支配下登録?!」 「君の背番号は『6』開幕は4番にするように言ってるからね」  え、えええ?!  支配下登録に加えて、開幕も4番を打つことになった。  しかし、現場の話も通さずにいいのか……。 「楽しみだな! FAの選手やメジャーリーガーも億単位の金を支払って獲得したし、ドラフトでは沖田くんもゲット! これなら優勝間違いないでしょ! ホッホッホッ!!」  能力の高い選手を集め、天堂オーナーは鼻高々だ。  でも何だろう、どこかで見たような流れだ……。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません