作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「デ、デホ……何で君が」 「復活したんだよ、鐘刃様のお力でな」 「そんな彼はただの人間ではないのか」 「それはだな――」 ――特技【超激震グランドスラム】!  デホが答えようとした時、球場が揺れた。 「キャー!!」 「わ、わわっ! なんや!?」 「じ、地震か!?」  球場は混乱から大混乱へと陥った。観客達は我先にと逃げ出していく。 『じ、地震が発生しております! 震源地はここ浪速ブレイブスタジアムか!?』 「に、逃げろ!」 「どけッ!俺が先だ!!」 「何言ってまんねん! 順番を守らんかいな!!」 「あたい、まだ死にたくないよ!」  球場に響くのはもう人々の歓声ではない。  悲鳴と怒声、僕が魔送球が当たったときよりも強い生の感情だ。 ――野球地獄。  オニキアが僕にそう言ったが、これが本当の地獄だろう。  球場の壁にはヒビが入り、土が盛り上がり荒れ果てる。  まるで魔物が襲って来たかのような空気に包まれている。 「デホ、いい加減にしておけ」 「おっと……口が軽かったかな。スマンなブルクレス」  ブルクレス!?  デホに呼ばれたのは、一塁側ベンチに座っていたギルノルドだ。  見るとバットを地面に突き刺していた。  まさか先程の地震は、戦士が使う特技【超激震グランドスラム】では……!? 「久しぶりだな、アラン」 「ブ、ブルクレス……」  フェイスガード付きのヘルメットを脱ぐとそこには見覚えのある顔があった。  彼もデホ同様にイブリトスに殺された戦士ブルクレスだ。 「二人とも確かに――」  デホは軽い準備運動をしながら答えた。 「ああ、死んだ。俺達は老いぼれ魔王に敗れてな」  ブルクレスはオニキアを見ながら述べた。 「詳しいことは、そこのオニキアに聞いたら分かるんじゃないか」 「くっ……!」  オニキアは歯軋りして二人を見ている。  この事態を招いた黒幕のことを知っているのはオニキアも同じだ。 「あんた達が同じチームにいるなんて聞いてなかったわよ」  デホとブルクレスは腕を組んで、醜悪な笑みを浮かべて聞いている。  そこには、かつてのパーティメンバーだった彼らはいない。  オニキアと同じように悪魔的な何かと契約をしたのか? 「我らは監視役だ」 「アランをブッ殺せるかどうかキチンと見るためのな」  二人が金剛とギルノルドという偽名で、チームに参加していたのは監視役としてか。  それはオニキアを信用していなかった証でもある。  それにしても何故そこまで……。 「お前、アランのことが実は好きなんだろ?」  突然のデホの言葉、僕もオニキアも動揺する。二人はそんなことを意識したことは一度もない。  少なくとも僕はそう思っている。 「えっ……」 「デホ、あんた急に何を――」 「顔もいいし、勇者というステータスは最高だよなァ!!」 ――ドン! 「勇者はいつも、どこに行ってもチヤホヤされやがってよォッ!!」  デホは特技【震脚】を繰り出した。  ブルクレスの特技【超激震グランドスラム】よりも揺れは少ないが、少なくとも弁天の特技【震脚】以上の揺れが球場を襲った。  僕を始めとするメガデインズの仲間達は揺れに耐えるしかない。 「興奮しすぎだぞ、デホ」 「す、すまねェ……」  荒ぶるデホをブルクレスがなだめた。  しかし、驚いた……僕はちっともデホの気持ちなんて知らなかった。  彼は僕に嫉妬していたのか、そんなこと微塵も思わなかった。 ――ツカツカ……  混沌とする球場。  僕達は急展開に驚き戸惑うなか、思わぬ人物が間に入ってきた。 ――キュキュッ……  マスコットのホッグスくんだ。 『いい加減に野球しね?』 「けっ……言われなくても分かってるぜ。お前らに本当の野球地獄を見せてやる」  デホは汗を拭いながら答える。  そう、これから死闘が始まろうとしていた。 「か、監督、一体全体どうなっとるんですか?」 「赤田さん、俺に聞かないでくれ、長い野球人生で初めての事ばかりで頭が痛い」 ☆★☆  その頃、各球場でも混沌カオスが巻き起こっていた。  試合中、オーロラビジョンに鐘刃コミッショナーが登場。  11球団のオーナーと共に、1リーグ制への意向やルール改正を一方的に宣言。  更には『鐘刃サタンスカルズ』という私設チームが乱入し野球勝負を仕掛けていた。 〝埼玉県・ペルーナドーム 大宮レオンズVS房総ぼうそうブッフオライオンズ〟 『こちらペルーナドーム! 因縁の埼玉VS千葉のライバルシリーズが始まったばかりなのですが……』 ――カツーン! 「オ、オレの高速スライダーが……」 「米沢忠輔! 甲子園優勝投手もこの程度か!」 ――ブン! 「ブッフの熱い応援を受けてるのに……」 「ツーシーム打ちの名人と呼ばれた海老原も大したことないわね」 『突然現れた鐘刃サタンスカルズに投球、打撃、守備、走塁あらゆる野球勝負で敗北致しました!!』 〝北海道・網走ドーム 北海道カムイVS長崎ファルコンズ〟 『網走ドームから中継でないか~い! ビッグアニキと佐世保監督はなまら意気消沈!!』 ――カツーン! ――ブン! 「タイトルホルダーの投手陣、野手陣が全滅だと!? ものの3分も経たずに……? バ、バケモノか……!?」 ――カツーン! ――ブン! 「さわやかガッツなスター達が三振したり、炎上してる……あははは……打たれたホームランも大きい! 彗星かな? いや違う、違うな。彗星はもっと、バァーって動くもんな!」  緊急事態の発生、それはワ・リーグだけではない、エ・リーグも同様のことが起こっていた。 〝愛知県・シャチホコドーム 名古屋ドラグナーズVS神奈川アンモナイツ戦〟 『名古屋でどえりゃーことが起きとるがね! 期待のルーキー牛丸君も、神奈川のカミソリカッター穐山も滅多打ち! 打線も両チーム共に三振の山! 遠投も走塁も大人と子供の差を見せつけられとるでよ!!』 〝山口県・下関舟島スタジアム 陰陽ガンリュウVS大江戸エリクトマンドラゴラ戦〟 『大変なことが起きとるけん! 陰陽のエースであるキタケンが、鐘刃の選手に死体蹴りかの如くホームランをポンポン打たれちょる! 更には〝鉄人〟の異名を持つ、絹越闘風きぬごしどうふう選手もデッドボール耐久合戦で敗北! エリクト自慢の司令塔、古谷はリード論で論破されるという異常事態が起きとるけん!!」 ――FA宣言します。 『エリクトのマスコットであるマドン! この光景を見て、FA宣言を趣旨するボードを取り出したけん!!』 〝兵庫県・甲子園球場 東京サイクロプスVS大阪ライガース戦〟 『こちらは甲子園球場! 本来であれば伝統の一戦が行われますが、鐘刃サタンスカルズが聖地に乱入!! 呉越同舟、お互い即席の合同チームで試合に挑みましたが――』 「334……」 「あ、悪夢の数字だ」 『スコアボードは33-4! 夢の東西チームは既に大敗北を喫しました!!』  混沌!  球哀!  黒いボールのファンタジー!  鐘刃サタンスカルズによる野球テロの同時発生!  日本プロ野球史上、最悪の事態が起こっていた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません