作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

――カン! 「ホンマにバットを上から叩きつけたらアカンやろ!」 「あ、ああ……」  入団記者会見も終了し『キャンプ』というものが控えているらしい。  それまでの間、僕はマリアムに連れられバッティングセンターという場所で経験値稼ぎを行う。  ここで基本的なスキル【バッティング】を習得中させるとのことだ。 「バットを水平に出さんかいな!」 ――コッ!  アドバイス通りにバットを水平に出すが、ボールを真上に打ち上げてしまう。  どうも上手くいかない。 「体を開くのが早い! ヘッドが下がっとる! もっと後ろ軸足に体重をかけて!」  色々とアドバイスを受けるがチンプンカンプンだ。  マリアムに『パソコン』という不思議なアイテムでプロの打撃映像を見せられた。  ……が形しかマネ出来ない。 「だからバットを上から叩け…… それさっきの大根斬りやろ!」  だんだんと混乱してきて型が崩れていく。  そういえばこいつ、状態異常魔法が得意だったな。  まさか僕に混乱や幻惑呪文をかけていないだろうな。 「アカーン! もう隣の小学生の方がメッチャ打っとるやん!」  ふと左を見ると、年端もいかない男の子が見事なまでに打っている。 「勇者が子供に負けてどないすんねん!」 「うっ……」  ザコモンスターのアルセイスにボロカスに言われる勇者。  僕はだんだんと勇者の自尊心が削られていく気分だ。 「ガキんちょに打撃指導か」  後ろからどこかで聞いた声がすると思い振り返った。  河合さんだ。赤い革のジャケットに、黒のズボンという出で立ちだった。 「お前さんのツレ高校生っぽいな。あんまり連れますとポリに職務質問されるぜ」  河合さんの雰囲気は、以前出会った盗賊シーフに似ている。  軽い感じながらも、そこはかとなく油断がならない。 「だ、誰や!」 「河合さんだよ。僕と同じギルドメンバーの」 「ギルド? ゲームのやり過ぎか、変な表現するな。それを言うならチームメイトだろ」  河合さんはヘラヘラと笑っている。その態度にマリアムもムッとした様子だ。 「何しに来たんや」 「別に俺の勝手だろ」  そう述べると僕の右隣のボックスへと入った。  そこは左打席専門、河合さんは左バッターのようだ。  赤い皮手袋を付けた手でバットを握り、鉄の箱へとコインを入れた。 「お前さん力み過ぎなんだよ。バットは最短最速を意識し、ボールを真芯で捉えりゃいいんだ」 ――スッ……  河合さんは膝を深く曲げ折りたたむように構えた。  バットは体にひきつけ立てている。そこには力感が全くない。 「ボールを引き付け……バットを振る時はコマみたいに回れば――」 ――カン! 「いいだけだぜ」 ――カン!  河合さんはボールを次々と打ち返す。  右、真ん中、左……見事なまでに打ち分けていた。 「凄いルーキーが入ったもんやな……」  僕もマリアムも河合の動きに見とれていた。  優雅な舞を踊るようにバットを振りボールを打っていった。  その動きはまさに職業クラス踊り子ダンサーだ。 「参考になったかい?」 「……はい」  河合さんはバットを直すと僕を見て言った。 「オヤジがお前のこと気になってるらしくてな」 「オヤジ?」 「お前が入団テストの時に投げてただろ」 「あっ!」  そう言えば思い出した。  僕が打撃の試験をする時に投げていたおじさんだ。  あの人は河合さんの父親だったのか。 「相も変わらずデタラメなフォームで見てられん。少し指導レクチャーしてやったぜ」  それにしても、河合さんはどうして僕がここにいると知っているんだろう。 「どうしてここが?」 「色んなつてがあるのさ」  意味深なことを呟き、河合さんはニヤリとするとボックスから出た。  そして、マリアムの頭を軽くトントンと手を置いた。 「じゃあな、名コーチ殿」 「ムッ!」  それだけ述べると河合さんは口笛を吹きながら後にした。  突然現れてのアドバイスだったけども参考になった。 「なるほどな」 ――チャリン……  コインを再び入れてスキル習得の再開だ。  河合さんの言ったように力を抜いて構える。  バットを棍棒と意識し過ぎて肩に力が入り過ぎていたのだ。 ――ゴッ……!  ギリギリまでボールをひきつける。  狙いはボールの真ん中……。 ――ブン!  バットを振る時はコマを意識して回転……!  「何やねんあいつ! 失礼なやっちゃな!」 ――カン!  アドバイスが効いたのか?  僕は持っているバットをずっと見つめていた。 「力み過ぎか」 ☆★☆  僕達はクエスト通商に戻った。  店の二階ではマリアムが一人で怒っている。 「あの河合ってヤツなんやねん! 調べたらコネ入団疑惑出とるやないか!」  ずっとパソコンというアイテムを使っている。  河合さんにからかわれたことを根に持っているようだ。 ――ブン! 「ムカツクから誹謗中傷の書き込みしたろ。『期待値低すぎ。頑張っても守備要因くらいにしかならないでしょうね』……っと」 ――ブン! 「ちょい……さっきから部屋の中で素振りすんなや」  僕は黙々と素振りをしていた。  河合さんのアドバイス通りにしたらスムーズに振れた。  この感覚を忘れないようにしたい。 「 外でしなはれ」 「でも外は雪が降っているし……」 「うるさい! うるさい! さっさと出んと毒魔法かけるぞ!」  ハァ……うるさいやつだ。  僕は仕方がないので下へ降りることにした。  一階では店じまいをしたオディリスが黒い飲み物を飲んでいる。 「マリアムは何をプリプリ怒っているんだい?」 「いや、まあ色々あって」 「ふーん……それよりも大変なことが起きちゃったよ」  オディリスは神妙な顔つきになった。  一枚の紙を取り出した。新聞というアイテムだ。 「これがどうかしたんですか?」 「面白い記事があったんだ」  オディリスがパラリとめくると……。 ――京鉄バイソンズに女性選手が誕生! オニキア・ワイス選手と正式合意!! 「こ、これは?!」  見覚えのある顔だった。  彼女は仲間だった賢者オニキアだ。 「どういうことなんですか?! 彼女は――」 「君と同じく死んだハズだ。それに蘇生も出来なかった」 「それがどうして……」 「分からないから困っているんだ」  僕はバットを握り込む。死んだ彼女が何故?  手にはこの寒さなのに、熱さと汗が出ているのを感じた。 「すみません。少し外へ出ます」 「どこに行くんだい?」 「練習ですよ」  僕はそのまま店を後にした。 「むう……僕の趣味で与えたクエストだけど、S級難易度になりそうだな」 ――ズズッ…… 「この人面樹の根で作ったコーヒーは……」 ――ズズッ…… 「苦い」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません