作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 ドラフトという会議を終わった翌日、僕は不思議な乗り物に乗っていた。  四角い鉄の箱で『車』というものらしい。  マリアムの話では、この世界の馬車のようだ。  この世界にも馬車はあるのだが、既に古いアイテムとして扱われているとのことだ。 「よっしゃ、ここで降りるか」  この車という乗り物を運転しているのはマリアムだ。  僕はマリアムと同じように、ベージュのハンチング帽とダークブラウンのエプロンを装備している。 「さて、ボチボチ始めるか」  マリアムはそう述べると、車から降りた。  僕はどうしていいか分からず眺めている。 「眺めとらんと、あんたも店の商売を手伝うんや」  僕はマリアムに注意される、そうは言っても車の扉の開かない。  盗賊のカギか魔法のカギが必要に違いない。 「えーっと、どこかにカギは……」 「あーっ! もう!!」  マリアムはプリプリとしながら車の扉まで行き開けてくれた。  どうやら取っ手状のものを動かせば開く仕組みらしい。 「いつになったら、この世界の常識になれんねん」  文句を言われても困るのが正直なところだ。  僕はこの世界に来て間もないのだ。 「ホレ、さっさと車の後ろから商品出しなはれ」 「はい」  僕はテンプレ的な返事をすると商品を取り出しにいく。  クエスト通商の商品を売る行商だ。  旅の商人には世話になることが多かったが、まさか自分がなるとは……。  僕は黙々とミソという茶色い壺や、スムージーなるポーションのようなアイテムを道に並べる。 「今日は売りまくるで!」  背伸びしながらマリアムは気合を入れていた。  その姿はまるで道具屋のようだ。そんな彼女を見てふと疑問に感じた。 「そういえば、アルセイスのマリアムが何で神に仕えているんだ」  アルセイスは森のダンジョンで出てくるザコキャラだ。  そんな魔物が何故、神に仕えているのか気になったのだ。  マリアムはフゥと息を吐き、人差し指を立てて説明し始めた。 「ある日、経験値稼ぎでザコ狩りしとった女冒険者と出くわしてな。そいつに運悪く出会って半殺しや。アカン、と思った時に命を救ってくれたのがオディリス様やねん。それ以降、あの方に仕えるようになった」  ちょっと素朴な疑問を感じる。  わざわざ神様がザコキャラのアルセイスを助けるのだろうか。 「あの人は気まぐれな神様やで」  マリアムはそう答え、僕達は淡々と商品を並べ終える。  ひと段落済んだので、僕はもう一つ質問することにした。 「もう一つ質問をいいかい」 「ええで」 「何でこの世界にオディリスはいるのか、マリアムは知ってる?」  僕にはもう一つ疑問がある、この世界に何故オディリス達がいるのだろうか。  神として僕がいた世界の監視もせず、どうして異世界にいるんだろうか。 「一言でいうと趣味やな」 「しゅ、趣味?」 「オディリス様は異世界巡りがマイブームでな。色々な異世界を巡ってるうちにここに来た。この世界で行われる野球というゲームを大層気に入ってもうたという話や」  なるほど異世界巡りが趣味か……。  それにしても何でまた野球なのか。そこが分からない。 「さぁ商売開始や。あんたもしっかり働いてもらうからな!」 「は、はい!」 ☆★☆ 「あ、あの――このコカトリスエッグのクッキー下さい」 「ありがとうございます。350ゴールドになります」 (ゴ、ゴールド?)  売り上げは好調だ。  何故か若い女性ばかりに売れるのが謎であるが。  傍で会計をするマリアムがじっとこちらを見ている。 「イケメン効果バツグンやな」 「えっ?」 ――ねえあの人、かっこよくない? ――外国の人かしら……。 ――超カッコイイ♡  いつの間にか女性の集団が列をなして並んでいる。  何にせよ、お客さんがこんなに来ているのはいいことだ。 「ずっとこっちの世界におってもええかもな」  マリアムはニヤニヤ笑っている。  どことなく目がゴールドマークに見えなくもない。 ――ザッ…… 「おう……あんたが碧アランか?」  突然だった。  お客さんの列に、フードを被った男が割り込んだ。  ビスタ色の服に白いズボン。靴は黒い革靴だ。 「見た目は優男だな」  男の眼光は鋭い……肩幅も広く筋肉質だ。背中には何か黒い剣袋を背負っている。  どこかの戦士だろうか。 「誰よアンタ!」 「急に割り込まないでよ!」  何人かの女性客は男にブーイングだ。  そりゃそうだろう、列の割り込みはご法度。  だが、男は悪びれず女性客に逆ギレだ。 「やかましい! 俺はコイツに話しとるんじゃい!!」 「ひっ……」  男の剣幕に押され女性客が怯んだ。  僕は勇者として、男の蛮行を見過ごすことは出来なかった。 「やめろ、この人達に危害を加えるな!」 「フン……ちょいと顔が良いからって、活躍しないうちにチヤホヤされやがって」 「僕に何の用だ」 ――バッ!  すると男は剣袋から棍棒を取り出した。  野球で使用するバットだ――ということはこいつの職業クラスは……。 「野球戦士?!」 「いや……ソレ違うやろ」  マリアムの突っ込みが入りつつも男は続けた。 「キサマに男と男の決闘を申し込む!」 ――ザワザワ……  回りがざわめき始めた。  イベントの発生だ。 「決闘?」 「そう決闘――方法は1打席のみの野球勝負」  すると男はバットで何かを指した……公園らしき広場がある。  よく見るとそこには小さなコロシアム――つまり野球場があった。  そこで戦闘バトルをするのだろうか?  どちらにせよ、周りの人達に迷惑をかけないか心配だ。 「おもろそうやん。 その話のったで!!」 「お、おい勝手に……」  マリアムが勝手に話を承諾してしまった。  男はそれを聞くと上機嫌だ。 「ハハッ! そこのマネージャーは話が早くて助かる」  イベントはそのまま進んでしまった。  イベントバトルのスタートだ。男の目的は何なんだろうか。  僕は流されるまま、男の後について公園へと向かった。 「見せてもらうぞ――碧アラン、君が投手ピッチャーとしての可能性があるか」 「誰やおっさん?」 「あっ……私はスカウトの――」  後ろでマリアムが誰かと話す声がしたがどうでもよかった。  僕は男の背中から発せられる気迫を肌で感じていた。  針で刺すような闘気、こいつは只者ではない。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません