作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 2月も終わりが近づく。徐々に実戦練習が増えてきた。  今日は紅白戦だ。僕は白組で守備についている。 「そっちにボール飛んだぞ!」  セカンドの河合さんから大きな声をかけられる。  平凡なフライだ。これなら――― ――バシッ! 「うわっ?!」  センターが瞬足を飛ばして横取りした。もう少しで交錯しているところだ。 「危ないじゃないか!」 「おっと……スマンな」  謝る男はウルフ上田、同期入団のチームメイトだ。  僕と同じ育成選手だが、監督の評価はウルフの方が高いらしい。 「イノ、ボールが高いぞ」 「打たれても抑えりゃいいだろ」  あそこのピッチャーマウンドにいるのは猪俣完至。  彼もまた同期入団の育成選手だ。 「ダーッ!」  顎が長く、投げるたびに吼えるのでうるさい。重い威力のある直球が武器の投手だが制球が悪い。  この間、打撃投手を務めてくれたが、僕の時だけ頭に何球もボールが飛んできた。  あまりにも制球が悪すぎたので、交代させられてしまうほどだ。 「一軍へ上げろというのか」 「実はオーナーがうるさくてな」  守りも終え、ベンチへ戻ると西木さん達首脳陣が話し合っている。 「まだ技術的に……」 「上からの命令は逆らえんさ」 「ううむ」  僕は西木さんと目が合った。  こちらへツカツカと歩み寄る。 「碧、3日後に一軍だ」 「はい?!」 ☆★☆ 「狐坂こさか五味ごみ……聞いたか?」 「聞きましたぜ紅藤田さん」 「アランが一軍昇格らしいっスね」 ――ニヤ…… 「お前らどう思う」 「育成の分際で生意気っス」 「パイセンの教育が必要だ」 「そう教育が必要だよね♡」 ――コッコッ…… 「どうやって教育を?」 「だからロッカールームに来たんじゃないの」 ――キィ…… 「いいか。アランのロッカーにお前らの財布を入れて――」 ――ガタガタ…… 「何顔を青くして震えてンだ。これまで俺達はルーキーを――」 ☆★☆ 「忘れ物?」 「ああ……大切なものを忘れているぞ」  練習が終わり休憩していると、ウルフからロッカーに忘れ物があると言われた。  大切なものって何だろう? 僕は急いで球場に戻るも殆ど人はいない。  寂しい廊下を歩き、僕は一人ロッカールームまで向かうと――― ――ギャアアア!  断末魔の叫びが確かに聞こえた何かある……。  僕は急いでロッカールームに入るが誰もいない。だが不思議な事に、僕のロッカーが少し空いていた。  僕はとりあえず中を確認するが何も入っていない。 「忘れ物なんてないじゃないか――ん?」  焼き焦げた匂いがする。それも何かを焼却した嫌な匂い。  匂いの方角はグラウンド、僕は意を決して向かった。 (何であいつらが……)  そこにはウルフと猪俣が腕を組んで立っている。不思議に思い僕は話しかけた。 「こんなところで何をやっているんだ」 「生ゴミの処理さ」  ウルフが静かに言った。 「どういうこと?」 「あそこを見な」  猪俣が何かを指差した。  なんとそこには、倒れた紅藤田の姿があった。僕は急いで駆け寄った。 「大丈夫ですか?!」  体中に打撲、あるいは爪のようなもので引き裂かれたあとがある。  紅藤田は既に事切れていた。 「そんなまさか……」 「アラン、後ろや!」 ――バーストボム!  火属性と雷属性の合成魔法バーストボム。爆炎呪文で強力な威力がある。 「ッ?!」  僕は間一髪逃れるも、紅藤田の亡骸は消し飛んだ。  それにしても誰だろう、声が無ければ危ないところだった。 「ボケっとしたらアカン!」  振り返るとマリアムがいた。  何故かキモノという服装になっている。 「お前、何でこんなところに」 「それよりもあっちや!」  マリアムがウルフと猪俣を指差した。  二人の様子がおかしい。 「もう少しで殺れるところだったのによ」 「運のいいヤツだ」  一体こいつら……。 「ネットでいくら調べても、ルーガルー学園やら鹿児島オークスの公式ホームページが見つからん!こいつら経歴詐称しとるで!!」 「それは――」 「勇者様も一緒だろ!」  二人の身体が変化した。  ウルフは銀色の毛並みを持つワーウルフ。猪俣は黒い巨体のオークとなった。  二匹とも亜種の突然変異型……何か特別な魔法やスキルを使用するに違いない。 「何故この世界に魔物が!?」 「消えてもらおう!」 「脳天カチ割ってやるぜ」  人間に擬態して紛れ込んでいたのか。どうやってこいつらは来たんだ。  僕がこの世界に転移し、入団テストを受けた時には既にいたのか?  では、誰がそのことを知っているのか……。  いやそんなことはどうでもいい――何か武器を。 「ダーッ!」  オークが襲って来た巨体に似合わない素早い動きだ。  拳を振りかぶり僕の頭を狙って来た。  僕はバックしてひらりと身をかわす。オークの鉄拳が地面を打つと小さなクレーターが出来ていた。 「俺は武闘家の特技とスキルを身に付けたオークだ!」  自慢げに拳法のポーズを取っている。 「殺したのはお前達か」 「正確には三人だぜ。コノヤロー!」 「な、何だと?!」 「お前をおびき寄せようと思い、嘘をついて待機してたが、愚かな人間どもに姿を見られてな。口封じに殺した」  三人……。  紅藤田だけではないのか。 「薄汚ねェ人間に化けるのも楽じゃねぇぜ! くらえィ! ブロウアロー!!」  オークが武闘家の特技【ブロウアロー】を繰り出す――。 「ダッシャアアア!」 「許さん!」 ――セイントフレア!! 「ごふァ!?」  聖属性の最上級魔法セイントフレア。聖なる炎が邪悪なるものを焼き焦がす。  零距離から魔法攻撃を受けオークは塵になった。 「覚悟しろ」 「ぬ、ぬゥ……だがこの魔導の力を授かった――」 ――スキル【投擲】発動! 「ぐぎ?!」 「さっきボールを拾っててな」  僕はボールをワーウルフの鼻めがけて投げ命中。ヤツの鼻からは血が流れ眼は血走っていた。 「ゆ、許さん! 絶対に許さんぞ!!」 ――ファイアーショット!  アランはひらりと身をかわした。 ――フリーズジャベリン!  アランはひらりと身をかわした。 「こ、これならどうだーっ!!」 ――バーストボム!  アランはひらりと身をかわした。 「バ、バカな」 「誰に教えてもらったか知らないが、つまらん呪文だな」 「ク、クソ! こうなったら!」  追い詰められたワーウルフはマリアムの方を見た。  まさかマリアムを! ――エアカンダス!  ワーウルフは風属性の補助魔法であるエアカンダスを唱えた。  狙いはもちろんマリアム、素早い動きで彼女を捕獲した。 「う、うわ! 離さんかい!」 「魔物の面汚しめ。人間如きに協力しやがって」 「やめろ!」 「動くな! 動くとこのアルセイスの首を引き裂くぜ!!」  ワーウルフは鋭い爪をマリアムの首元に当てる。  僕が少しでも動くと喉元を引き裂くつもりだろう。 「いいか、じっとしろ……じっとしろよ」  マリアムを人質にジリジリと僕に近付く。 「お前は動くな。やっとテメェを殺せるぜ」  そういえば守備でのあわや交錯、打撃練習での頭部への投球。  今思えばワザとやっていたのか、僕に危害を加えるために。 「誰の差し金だ」 「知ってどうする」  マリアムは恐怖で顔が引きずっている。  口を震わせながらも言った。 「うちに構わんと、このワン公を……!」 「黙れ! 後でお前は――」 ――ゴッ! 「グギャ?!」  誰かは分からない。木製のバットがワーウルフの背中へと投げ込まれた。  投げた方向を見るが誰もいない。 「今だ!」  ワーウルフがひるんだ隙にマリアムを救出する。  そして、僕は落ちているバットを拾った。棒状のものがあれば何でもよい。  これさえあれば――― 「そんな攻撃力の低そうな武器で――」 ――闘気斬!  僕はバットに闘気を込め袈裟懸けに振り下ろした。  闘気は自由に変えられ刀のように鋭くすることも出来る。 「グルァ!?」  ワーウルフの体から鮮血がほとばしる。  僕は戦闘バトルに勝利した。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません