作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 ウルフ上田と猪俣完至、二人の正体は魔物だった。  戦闘は終了、危く命を落とすところだった。  僕は念のため、倒したワーウルフの元へと近付く。 「やるな勇者様よ」  ワーウルフの息はまだあった。  僕はバットに闘気を込める、動いた瞬間に攻撃するためだ。 「どうやってこの世界に来た。それにどうして、僕がメガデインズの入団テストを受けることを知っていた」  僕の質問にワーウルフは笑っている。 「キヒヒッ! どうだかね」 「魔王イブリトスか?」 「ブー! 外れだね」  魔王イブリトスではないとしたら誰なんだ。  ますます分からない。  僕の命を狙うとしたらヤツ以外には考えられない。 「じゃあ誰なんだ!」 「特別大サービスに教えてやる―――それはッ!!」 ――ディストラクボム!! 「アラン、ここから離れるんや!!」  ワーウルフは呪文を唱えた。  ディストラクボム――最小のMP魔力で発動させる自爆呪文。  己の命と引き換えに相手に大ダメージを与える。  流石にこれをまともに受ければ……。 ――テレポレート!  間一髪、マリアムが瞬間移動呪文テレポレートを唱えてくれた。  僕達は遠征先の宿屋『リョカン』に戻っていた。  マリアムの息は乱れていた。もう少しで僕達は死ぬところだったのだ。 「危ないところやったな」 「どういうことだ。それにマリアムも何でこんなところに……」 「うちは今、バイトという形でこの旅館で働かせてもらっとる。オディリス様の命で、仕事の合間にこっそりとキャンプの練習とか見るためにな。そしたらあのウルフとか猪俣ってやつ、アランをジロジロ観察してたり、怪しい動きが盛りだくさんや。おかしいと思って調べたら案の定や、鹿児島オークスやルーガルー学園なんて団体はどこにも存在しとらんかった」  マリアムはフッと息を吐いた。 「それに何より独特の匂いもしとったしな」 「匂い?」 「魔物独特の獣臭やな」 「そうか……」 「アンタが練習が終わったのに球場に戻ったからおかしいと思って、密かについてきて大正解やったな」  全然気づかなかった。  それでマリアムはあの場にいたというワケか。 「今頃、球場じゃあ大騒ぎやろうな。それに何人か魔物の犠牲になったようやし……」  そうだ、この世界の人が魔物に殺された。  大ごとになるだろう、野球どころの話じゃなくなってくるかもしれない。  そんな僕の不安を察したか、マリアムは顔を近付けて言った。 「ええか。 色々な疑問点やツッコミどころがあるかもしれんが、今は野球に集中や」 「でも」 「でもやないで。変わり者のオディリス様の試練を突破して、アランは一刻も早く元の世界へ帰らなアカンねん」  僕はコクリと頷いた。  この短期間で複雑怪奇なことがあり過ぎた。  この世界に一体誰が、何の目的で僕を……。  心に大きなしこりが残るも、僕はマリアムの言う通り野球に集中するしかない。 ☆★☆  翌日、やはり大事になっていた。  メガデインズ所属の5選手が一気に行方不明となったのだ。  練習場所である球場は一時閉鎖となり、この世界の兵士である警察も介入していた。  西木さん達は頭を抱えるも、流石に練習しないわけにはいかない。  その日は急遽、1軍と2軍との合同練習となった。 「今日は人が多いな」 「紅藤田達5人が一気にいなくなったんだぜ。文筆屋が大喜びのネタだろ」 「あいつらも悪い商売に手を出してるって話じゃないか。ヤーさんに消されたんじゃないか」  メガデインズのメンバーはひそひそと噂話をしている。  どうやら紅藤田達は球団内でも札付きのワルだったようだ。  金の貸し借りや悪徳商法などに手を出し評判が悪かった。 「それにしても、ウルフや猪俣はどこ行ったんだろうな」 「さあな……」  僕は黒野とキャッチボールをしている。  二軍は球場に入れず、球場外の空きスペースを使い基本練習をしていた。 「でも結果的によかったぜ。ライバルは少ない方がいい」 「黒野、お前何言ってるんだ」 「何って? 俺の正直な感想さ」  黒野の言葉を聞き流すことが出来なかった。  ポジションを奪い合うライバルとはいえ仲間なのだ。 「心配しないのか! 仲間なんだぞ!?」 「仲間? 俺はライバルが消えて嬉しいね」 「何だと」 「いい子ちゃんぶるなよ」 ――ザワザワ……  回りがざわつく。  皆、異変を感じ取ったようだ。 「言っていいことと悪いことがあるだろ」  黒野は知らないだろうが、人が死んでいなくなった。  その事実に変わりがない、僕はついカッとなってしまった。 「やるか?」  黒野が身構えた。僕もつい熱くなる、グッと拳が固くなるのを感じた。  一触即発の空気感――今にも緊張の糸が切れそうだった。 「何をしている!」  西木さんだ、ギロリと僕達を見ている。  何やら揉め事が起こったことは分かったようだ。 「碧、お前はあがれ。監督がお呼びだ」 「監督?」  おかしなことを言う。  ここの監督は西木さん以外にいないのだ。 「福井監督がお呼びだと言っているんだ」 「は、はい!」  そうだった。  僕は明日一軍へと昇格するから、その前の挨拶だろう。 「ちっ……」  黒野は舌打ちをしていた。  彼は何故そこまで……僕には全く理解出来なかった。 ☆★☆  球場内へと入る。  僕は係の人の案内で監督室へ向かった。  部屋を見つけると、僕はドアをノックした。 「失礼します」 「来たな。まあ入って座れ」 「はい」  僕は椅子に座った。目の前には福井さんがいる。  新人入団発表で出会って以来だ。 「あるで」 「へっ?」  いきなり『あるで』と言われても分からない。  何があるというんだろうか。  そういえば、この人は主語と述語がよく抜けるとマリアムが言ってたな。 「監督……『あるで』っていうのは」 「明日はオープン戦、お前をスタメンで使う」  あるでって、スタメンがあるからって意味か。  ん……スタメン? ということは。 「僕を使ってもらえるんですか」 「当たり前やん。そやないと一軍に呼ばんやろ」  福井さんは笑いながらそう答えた。  確かにそうだ。うっかりしていた。 「活躍次第じゃあ、支配下登録も考えるで」  支配下登録……。  ということは結果を出せば、育成選手から卒業出来るのか。 「頑張ります!」 「ええ返事や。期待してるで」 ☆★☆  監督との面談が終わった。  何だか城の王様と話すような気分で緊張した。  明日は試合か……気持ちを入れ替えて頑張らないと。 「よう」  誰かに呼び止められたので振り返ると黒野だった。 「そう構えるな。さっきは悪かった」  黒野は手を出した、和解の握手だ。 「いや、僕の方こそ」  彼も必死なんだ。  正直、黒野は新人の中で一番体力と技術が乏しい。  心の余裕のなさから、あの発言が出たんだろう。  僕が黒野の手を握る、その時だった。 「沖田くん、調子はどうですか」 「まあまあです」 「彼女はいるんですか?」 「ハハッ……いませんよ」  僕達の側を集団が通った。  あれは確か沖田元気だ。  期待の新人として一軍に帯同していると聞いている。 「同じ新人でも扱いが違うな」  黒野は横目でその光景を見ていた。  その目はどこか寂しそうだった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません