勇球必打!
0
3
その他転生•転移(絵•物語•ゲーム等) 全31話 連載中 第一回マンガ原作大賞応募作
どこにでもあるようなファンタジー世界。 勇者アランは頼もしい仲間を揃え、強力な装備品や呪文や特技、スキルを身に付け最終決戦の地へと立った。 倒すべきは魔王イブリトス、ラスボスさえ倒せばエンディングを迎えられる。 いよいよラストバトルが開始するも、魔王イブリトスの強大すぎる力の前に敗れ去った。 優秀な仲間、最強に近い武具を装備し、強力な呪文や特技、スキルを身に付けたのに何故……? 魔王イブリトスは言った。 「最高のチームでありながら、各々に人を信じる心が欠けている」 負けに不思議の負けなし。 皆それぞれに人を信じる心が欠けていた、チーム力がなかったのだ。 そのことに気付くも時既に遅し。 魔王の一撃を受け、勇者アランは深い闇へと落ちていく。 死を確信したアラン。 勇者パーティは全滅したのだ。 だが……目を醒ますと不思議な場所にいた。 ――浪速ブレイブスタジアム。 目の前に映る大きなコロシアムは、浪速ブレイブスタジアムという建物だった。 ここは万年最下位の不人気チーム『メガデインズ』の本拠地である。 今日はメガデインズの入団テストが開催される。 勇者アランは流されるまま、メガデインズの入団テストを受けることに……。 今、白いボールのファンタジーが始まる――。 【PR】 ファンタジー野球小説の一作。 異世界の住人であるアランが、架空のプロ野球界で活躍する奇想奇天烈な内容。 野球――それは筋書きのないドラマである。 野球は一人でも出来る――やはり必要なのは圧倒的な個の力か? 野球は一人でするんじゃない――やはり必要なのは団結力なのか?

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません