三位一体
その瞬間、3兄弟の心が一つに

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 今から15年ほど前の話です。  僕がまだ20代前半ぐらい。今、結婚している妻がまだカノジョだったころ。  後に結婚して家を出るまで、僕はずっと実家暮らしでした。  ということは、自ずと、『そういう仲良しなこと』に気を使わないといけなかったのです……。  当時、実家には、まだ家族全員、暮らしておりました。  親父とお袋、それに6つ年上の兄貴、林太郎りんたろう。3つ上の兄、三太郎さんたろう。  僕以外の二人は、ある程度の収入があり、特に一番年上の林太郎に関しては、就職して数年経っていたので、安定した立場にありました。  三太郎に関しては、フリーターぽい感じで、不安定でした。  まあ、当の僕は、病んでいて、無職でしたが。(今も)  幼い頃から男ばっかしの三兄弟で、ケンカもよくしましたが、仲は良かった気がします。  ですが、全員大人になり、モテない奴らでしたが、やっとのことで、各々がパートナーと付き合えることになり、少しずつですが、話す機会も少なくなりました。  特に6つも年上だった林太郎については、幼い頃から、お兄ちゃんというより、『第二のお父さん』みたいな存在だったので、余計に話しづらい感覚がありました。  仕事も忙しそうでしたし。社会人になって、本人も色々と悩んでいるところもあったのでしょう。  三兄弟、性格は全然違います。  女性の好みも。  一番目の林太郎は、知的な女性が。  二番目の三太郎は、ちょっとギャル系が。  三番目の僕は、童顔系が。  ある日、僕はカノジョと『仲良くしたい』と思い、近所のオンボロで格安のホテルを利用しました。  終わってから、裏口から出ようと試みます。  別にやましい気持ちはないのですが、以前、別のホテルで、カノジョのお義母さんの知り合いに見られてしまい、密告された苦い思い出があったからです。  裏口を二人で抜けると、すぐに駐車場があります。  そこに見慣れた車が一台。 「あれ、味噌くんのお兄ちゃんの車じゃない?」 「ファッ!?」  カノジョが指をさした車は、確かにめっちゃダサいオンボロの軽自動車でした。 「ね、三太郎兄さんの車だよね?」 「あいつ、わざわざ同じところ使うなよ」  そう言いながらも、僕はゲラゲラ笑っていました。  年が近い三太郎とは、友達感覚の関係でしたので。  だから、悪ふざけが始まって、僕は持っていたガラケーで、一枚証拠写真をパシャリ!  ~その後~  夜になって、三太郎が帰って来たので、僕はさっそく証拠写真を見せつけてやります。 「なぁなぁ、今日さ。あのホテル行ってただろ?」  動揺を隠せない三太郎。 「なっ!? 幸太郎こうたろう……お前もあの時、いたのか!?」  ここで、僕はなにか違和感を感じました。  兄の「お前も」という言葉に。 「なんで、僕があそこにいたの、知ってんの?」  言葉につまる三太郎。 「いや、そうじゃない……。お前、俺が言ったっていうなよ。実はな…林太郎の兄貴もあのホテルにいたんだよ」 「ファッ!?」  あり得ないと思いました。  収入が不安定な三太郎が、あのオンボロホテルを利用するのは仕方ないとして、プライドが高い林太郎がカノジョさんを連れて行くなんて。 「ウソだろ?」 「ホントだっ! 間違いなく、あのジープは林太郎兄貴のだった。あんなオンボロジープ持ってるのは兄貴以外いない。それにナンバーも確認したぞ」 「えぇ……」  僕は脳内で大パニックを起こしていました。 「ちょ、ちょっと待てよ……じゃあ、僕たち三兄弟、あの時、同じ場所で、同じ時間に、全員が繋がっちゃったてこと!?」 「まあそうだろな……」 「しんどっ!」  後日、林太郎の兄貴が晩酌している時に、話を振ったら、苦笑いでこう答えてくれました。 「ああ、あの日な。給料前だったからな」 「えぇ……」  同年、二人の兄は、当時付き合っていたカノジョさん達と、めでたく結婚されました。  僕もその二年後に結婚しました。  この日の出来事は、僕たちの遺伝子情報によって仕組まれたことなのかもしれません。    了

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません