作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

次の日 先生が朝の挨拶を始めた。 「皆さんおはようございます。今日は、まだ慣れてることが少ないと思いますが、少しずつ仲良くなれるように先生も頑張ります」 そして生徒が 「はーい」「ファイ」 「イエェイ」 「このクラスは変わり者かな」 そんな感じで学校生活が始まりました。 「横の人と自己紹介して下さい」 たまたま横になった「アリア」がモジモジしてたのでアシストしたら話し始めた。 「何処に住んでたの?」 「え〜と...中学まではイギリス に住んでたんですけど」 「あ、あタメ口でいいよ」 やばい〜緊張して変な声が」 「分かったよ」 「なんでそんなに日本語ペラペラな の?」 「お母さんが日本人で、家で は、日本語、向こうの学校で は英語だったからなの」 「はい」 楽になるしもう言うか 「僕は、アニメ好きなんだけどイギリスとかでも見れました?」 「日本のアニメ大好きだよ!というか僕君がタメ口使ってないじゃん」 ちゃんとしなければ 「そうだよね」 「僕くん話しやすくて良かったよ」 「マジで、ありがとう」 「はいそこまで、次は休み時間で す」 先生の合図で僕は、あまり自己紹介出来なかったけどこれからするかと思った。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません