野獣先生に、教科書なんていらない
「コレ、なんの授業ですか?」

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 中学3年生の二学期、副担任として、非常勤の先生が赴任してきた。 「やぁ! みんな、僕の名前は、野獣 十兵衛やじゅう じゅうべえ。非常勤だから、三年生の君たちと一緒に卒業まで頑張ろう!」  そのキラキラした目で、僕たち生徒を一人ひとり見つめる。  反抗期だった僕は、正直、暑苦しい教師が来たなとため息を漏らす。 (めんどくせーな。この熱意、どれだけ持つんだろう?)  野獣先生が担当する授業は、確か『公民』だったと思う。  いつも元気いっぱいだった先生だけど、その日は様子が違った。  瞳の輝きは消えかけていて、白目が充血している。  顔も真っ青。  教壇に立つと、緊張からか、手がめっちゃ震えていた。 「あ、あの……今日、僕は教師になって、初めての授業なんだ。君たちが人生で初めてなんだ。至らない点とかあったら、授業終わったあと、ちゃんと、僕を叱ってね」  後ろの席で、その姿を見つめていた僕は、笑いを堪えるのが大変だった。  気張りすぎだろうと。 「じゃあ、授業を始めます。先生、徹夜で一生懸命考えました。君たちが、いかにわかりやすく、僕の授業を聞いてもらえるかを……なのでっ!」  持参してきた大きなバッグから、白い紙を何枚も取り出す。  そして、それらを黒板に貼り付けだした。黒板が真っ白になってしまう。  先生曰く、徹夜でマジックで書いてきたらしい。 「チョークで書く時間が省けるから、毎回、これでやろうと思うんだ!」 (えぇ……)  僕は正直、効率悪くないか? と思った。  それに毎回、野獣先生が徹夜して書いてくると考えると、「この人潰れるな」と不安になる。 「さて、授業を始めたいんだけども……教科書を取り出してくれるかな?」  言われて、みんな一斉に公民の教科書を開く。 「うんうん、偉いね。じゃあ、悪いけど、最後の方のページ、196ページを開いて」 (ん? なんで急に最後のページなんだ?)  首を傾げながら、開いて見せる。  先生に指定されたページをみんな開き終えると、次の指示を待つ。 「よぉし、用意できたね? ちょっと、待ってね……」  9月とはいえ、まだ暑い。  先生は、スーツのジャケットを脱ぎ、ワイシャツの袖をまくる。  太い両腕からは、もじゃもじゃの毛が。ジャングルってレベル。  僕がその男らしい腕に、動揺していると、先生は、教科書を高らかに掲げる。 「じゃあ、今から先生と同じことしてねぇ♪」  ざわつく教室。  野獣先生はニッコリと微笑むと、次の瞬間……。 「フンッ!」  なんと、教科書を数十ページも破ってしまった。  静まり返る教室。 「さあ、君たちも一緒に! 僕と一緒に教科書を破ろう!」 (ファッ!?)  僕は連日の暑さと徹夜の作業で、先生の頭が壊れたかと思った。  辺りを見回すと、みんな一ページずつだが、ビリビリ破りだす。 (えぇ……マジで破るの? これ、あとで担任教師に叱られないか)  どうしていいか、わからず、僕が固まっていると、野獣先生がのしのしと、こっちに近寄ってくる。 「君は確か、味噌村くんだったよね?」  ニカッと白い歯を見せる。 「そ、そうですけど……」 「さあ、君も破ろう!」  親指を立てて笑っている。  正直、狂気さえ感じた。 「野獣先生、お言葉ですが……なんで、教科書を破るんですか?」 「いい質問だね、味噌村くん。僕が破ったページは、日本国憲法なんだ!」 「は?」 「だから、こうして、破って、ホッチキスでまとめよう!」  そう言って、破ったページを一つの冊子にしてしまった。 「なんで、そんなことするんですか?」 「それは日本国憲法だからさ! 日本人として、常に携帯していた方がいいよね? だから、教科書を毎回開くより、こうして破った方がいいと思うんだ! さあ、君も破って、日頃からこれを読みまくるんだ!」 「……すみません。先生、ちょっと言っている意味、わかんないです」  すごく型破りな授業で、僕は強い衝撃を受けました。  でも、その後、みんなが憲法をちゃんと読んでいるところを見たことないです。僕も含めて。  ただ、野獣先生は生徒思いのすごく良い教師です。  今でも連絡を取り合う仲なので。    了

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません