作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「麗音さん、言うこと聞かないと秘密をバラすぞーとか一度も言ってないよ?」 アキにけろりと言われて、そうだろうかとミモザが今までの会話を思い返す。 「我にそんなつもりはない。が、誤解させたならば謝罪する。すまなかった」 真摯に頭を下げられて、ミモザの胸が痛む。 「これも返却しよう。強引な手段を取った事、重ねて謝罪する」 アキが麗音から歌詞の紙を受け取る。 アキはミモザを肩越しに振り返ると小声で話した。 「多分だけど、屋上から場所を変えたのは、私達が身バレしないように気を遣ってくれたんだと思うよ。それに私達麗音さんから逃げ回ってたでしょ? こうでもしないと話ができなかったんじゃないかなぁ?」 その向こうで麗音がしかめ面のまま目を伏せて頷いた。 「ええっ!? わ、わかりにくいよぅ……」 ミモザが頭を抱える。ミモザは、同じ失敗を繰り返す自分が嫌になる。 アキはそんなミモザの肩をポンと叩いた。 温かい手のひらから、アキの気持ちが伝わる。 「麗音さん、私、麗音さんの音楽聞いてみたいですっ」 アキにそう言われた麗音は一瞬驚いた顔をして、それからずっと顰めていた眉を少しだけ緩めて頷いた。 「うむ」 麗音が手慣れた仕草で音源を繋いでミキサーを操作する。 放送室に溢れ出す音の洪水に、アキとミモザは圧倒された。 ジリジリと底から迫り上がってくる音に、バラバラと降り注ぐ音。 ほんの少しずつズレてゆくタイミングが、またピッタリ揃った瞬間、全ての音がひとつになった。 見上げきれないほどの音の波。壁のようなそれが真上から降ってくる。 圧倒的な重みを持って、頭から音の波に食われる。 背筋が震えて息を吸うこともできない。 そんな感覚に、二人は飲み込まれた。 「……っ、すご……い……」 アキの言葉に、ようやくミモザも我に返る。 「うん……。私、息するの、忘れちゃってた……」 「こんな音楽、私聞いたことないよ……。音がいっぱいいっぱい重なって……」 「そうだね、和音が多いのかな。重い音……。低くて、濁って、ちょっと怖い……」 「あ、歌入ってるね。でも言葉じゃないんだ?」 「合成音声のスキャットがコーラスになって……声も沢山重なってくる……」 「ぅぅー、ゾクゾクする感じ、すっごい……。鳥肌立ちそう」 「うん、中学生が作ったとは思えないくらい、なんかこう、色気があるよね……」 「ね、ミモザ。私達の声って……この曲に合うと思う?」 「うーん……、あんまり……」 「やっぱり? 私も……」 麗音はそんな二人の会話を複雑そうな顔で聞いている。 ミモザはそんな麗音の表情をチラとうかがった。やはり彼もそれには気付いていたのだろう。 「こう、私達よりもっと低い声で、色気があって……」 終わり始めた曲を噛み締めながら、アキはこの音楽に合う声を想像する。 「うんうん、聞くだけでぞくぞくしちゃうような、大人の声が似合いそうよね」 ミモザもそれに同意する。 「あ、分かった! この曲に合う声!!」 ハッとした表情で、ぽんと両手を叩くアキ。 アキのキラキラした瞳を見て、ミモザもピンときた。 突如、部屋の扉をドンドンと叩かれる。 「放送部さんいらっしゃいますか?」 被せるように問いかける声は、低く痺れるようなイケボだった。 「「この声っ!」」 アキとミモザが声を揃える。 「麗音さんっ、この声、麗音さんの音楽にぴったりじゃないですか!?」 アキが興奮気味に訴えれば、麗音も顰めた眉で頷く。 「確かに、似合いだが……。何故彼は此処へ?」 ミモザはハッとする。 ここへ麗音の予定外の訪問者が来るとすれば、それは空しかいない。 もしものために、ミモザはアキから空へRINEを送らせていた。 『放送部長さんに呼び出されたので、放課後放送室に行くことになりました』と。 「麗音さん、生徒会長にお願いしてみましょうよっ」 「しかし、急にかような提案を……」 「私この曲好きですよっ。ここに会長の声が入ったら、きっとこの曲もっと素敵になりますよっ!」  アキは興奮気味にぐいぐいと麗音に詰め寄る。 麗音はアキが一歩近づく毎に、一歩後退っていた。 「……どなたか、いらっしゃいますよね?」 扉の向こうからは、いつもよりさらに低くドスの利いた声がする。 「と、とりあえず扉を開けよう? ね?」 ミモザは気まずい気分で、自分の責任を取るべく扉に向かった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません