作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「ちょっ、お前のー。押すなって……」 「だって先輩。もうちょっとで見えるさかい……」  熊野英俊くまのえいしゅん高等学校の男子学寮、一階。食堂入ってすぐ。  年頃の男子が二人。確か、三年と一年だったか。  二人は身体を寄せ合い、年季の入った柱に隠れてコソコソ。眺めているのは、脚。  彼らと同じ学校に通う、女子生徒のものだ。皆、趣味趣向は違えど、季節柄Tシャツに短パン姿が基本のようだ。  彼女はどうやら、瓶の飲み物が入った、ガラス張りの冷蔵庫と壁の隙間に、何かを落としたらしい。奥に入ってしまったようで、床に膝を着いて「んーんー」と声を唸らせながら、一生懸命右腕を伸ばしていた。  彼女の意識に偏りが生じ、無防備になって開く、みずみずしい太もも。そこから足首へ向かう、スラリとした脚線美に、二人は頭をクラクラとさせているのだ。  そしてお目当てのものはアングルから察して、ショートパンツの奥か。スカート風に広がった裾の中を、必死の形相で……いや、必死の体勢で覗こうとしている。健全さの欠片もない。 「ワンワンワン! バウッ!」  寮内で飼われている、白銀の毛並みを持つ小型犬に牙をむかれ、「うわっ!」と驚く二人。今にも噛み付かれそうな勢いに、怯んだのだろう。仲良く尻もちを着いた。 「とっ、取れましたー」  煩雑な状況にも全く気付かない鈍感娘は、そう言って拾った小さな何かを天井に掲げる。馬鹿みたいに人の良さそうな顔で破顔すると、「おばあちゃんに知らせなきゃ」と言って立ち上がった。 「あっ、コロン」  弾んだ声。立ち上がったと思ったら、すぐにコロンの前で、ぺたんっと床に尻を着く。風通しの良い裾がヒラリと捲り上がった後、あらわになる白を撫でた。  フレンチスリーブから伸びる、ほっそりとした腕。その両手を広げると、コロンは尻尾を振り、肉球を柔らかな膝に乗せて、U字に空く胸元へ飛び込む。前足を膨らみに沈め、頬を舐め始めた。 「睡蓮すいれんちゃん、まじ天使……」  いつの間にか見物人の数が増えている。 「ふふっ。くすぐったいです」と睡蓮は喜々していたが、コロンの舌が耳や首筋へ移動すると、段々甘い息遣いに変わっていく。桃色をした小さな唇を舐めると、何人かが、ごくりと喉を鳴らした。その音で、コロンは食い入るように見ている寮生たちに気付き、睡蓮から離れる。そしてまた―― 「ワンワンワン! バウッ!」と、目くじらを立てて吠えた。  綺麗に声を揃えて驚く、寮生の面々。尖がった三角の耳が、つのに見えた者も居たかもしれない。  そんな皆の背後から、床を引き摺った音が聞こえてきた。 「おや。こんなところに居たのかい、睡蓮」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません